単品リピート通販

単品リピート通販の広告の種類とメリット・デメリット

3種類のネット広告のそれぞれのメリットとデメリット

今ある企業の中で、多くの企業が商品やサービス、企業の宣伝のために「ネット広告」を利用しています。

インターネットで集客をすることができ、利便性が非常に高く、ネット広告を用いることで大きな利益を生むことができるので、「ネット広告を取り入れよう」と思われる企業が増えているのでしょう。

ですが一言で「ネット広告」と言っても、さまざまな種類と形態のネット広告がありますし、それぞれにメリットとデメリットがありますので、実際のところどのネット広告を使用すれば良いのか、そして、どのネット広告が自社に相応しいのか分からない、という運用担当者の方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、代表的な3種類のネット広告の特徴と、それぞれのメリットとデメリットをご紹介していきたいと思います。

自社でどのようなネット広告を運用しようか、今のネット広告が自社に合っていないような気がする、と考えられている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考にしてみてくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

 

1:リスティング広告(検索連動型広告)

ネット広告と聞いて、まず思い浮かぶものといえば、「リスティング広告」ではないでしょうか。

数あるネット広告の中でも代表的なネット広告です。

リスティング広告(検索連動型広告)とは、ユーザーが検索エンジンに入力するキーワード井関連した広告を出すことができることができることが特徴的ですね。

Yahoo!JapanやGoogleで何か調べものをした際に、上や右の方に表示されているものが、リスティング広告です、

この広告を1クリックすると課金される、クリック課金が用いられており、影響直の高いキーワードを設定すると、効果的に結果を出すことができるのです。

・メリット

自社の広告のために自発的にキーワードを設定し、広告を掲載することができるので、他のネット広告と比べてかなりニーズの濃いターゲットにアプローチすることができます。

また、入札金額や広告の品質によれば、すぐに広告を表示することができるので、即効性があることもメリットです。

・デメリット

運用コストと検索キーワードには、分母限界があるため、代理店に任せるにしても自社で運用するにしても運用コストがかかってしまいますし、検索キーワードに関しても、検索エンジンで検索されたキーワードに対して広告をかけていくので、キーワード検索分母が減ってしまうと、表示回数が減ってしまうということがデメリットでしょう。

 

2:アフィリエイト広告

アフィリエイト広告とは、成果型広告のことを言い、その広告を通してアクションが発生した際に費用が発生するというシステムを用いた広告です。

アフィリエイト広告では、その広告がユーザーの目に触れただけでは費用が発生しませんし、広告がクリックされたとしても広告費が発生することはありません。

クリックして表示されたサイト上で、ユーザーが資料請求やサンプル請求、会員登録、購入といった、コンバ―ジョンして初めて広告費が発生するのです。

・メリット

ユーザーからのアクションが発生しない限り、費用が発生することはないので、数あるネット広告の中でも、CPAを低く抑えることができることがメリットでしょう。

・デメリット

アフィリエイト広告を掲載するには、月額固定費がかかってしまうこと、さらに不正表示や膨大表示がされていないか、ということをチェックしなければならないということがデメリットでしょう。

 

3:SNS広告

SNS広告とは、LINEやTwitter、Facebookといったソーシャルネットワーキングサービス(SNS)を通してそのソーシャルメディア内へ自社の情報を広める仕組みを構えた広告のことを言います。

そのSNSを利用している人を対象としてターゲットを絞り、広告が表示されますので、興味をひくような内容の広告であれば、ユーザーの関心や興味を集めることができ、ユーザーによる拡散を狙うこととができることが特徴的ですね。

・メリット

SNS広告は、今の時代に非常に伴っており、世界的にもユーザーは多くあります。

SNS広告は上手く利用すると、ユーザー同士の共有や拡散により、自然と広告が広がっていの出、運用以外は比較的安価で行えることがメリットでしょう。

・デメリット

一度共有や拡散された情報は、ユーザーの間でどんどん広がっていくため、時には発信者側でのコントロールが難しい場合もあります。

拡散手法を用いれば、ある程度の拡散のコントロールをすることもできるのですが、長期的に広告を拡散しようと思うほど、根気強い運用が必要となってくるでしょう。

まとめ

以上、3種類のネット広告のそれぞれのメリットとデメリットについてお話させていただきました。

今、ネット広告は非常に多く存在するため、自社に合う広告やどの広告から始めれば良いのか、ときっと悩まれることだと思います。

まずはこのそれぞれ特徴的な3種類をしっかり理解して、メリットとデメリットを理解してから始めてみましょう。

まずは気軽に問合せ