単品リピート通販

単品リピート通販のアフィリエイト広告運用がつらい3つの理由とは?

広告運用が辛いと思う3つの理由

今まで企業に広告運用担当者として、広告運用を任されたことがある方はお分かりいただけるかと思いますが、広告運用を行うというその難易度の高さや、業務量の多さに「辛い」と思うことってありますよね。

広告運用をより追求し、精密なものにしようと思えば思うほど、その奥深さに辛いと思いますし、辞めたい、と思うこともあるのではないでしょうか。

辛いと思う広告運用は、どういった理由にあるのでしょうか?

そこで今回は、広告運用が辛いと思う3つの理由についてお話したいと思います。

今、広告運用担当者として日々奮闘されている方、広告運用をして「辛い」と感じている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、気持ちを共感して下さいね。

また周りに広告運用をされている方がいらっしゃるのであれば、こういった理由で辛いと感じていると、理解する機会にしてみてください。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

 

1:広告の種類が多い

まず第一に、「広告の種類が多い」ということが挙げられます。

インターネットを利用して広告を掲載し、自社サイトへ集客しようと思われた場合、まずは「どの広告が自社に合っているのか」ということを考えなければなりません。

インターネット広告と一言で言っても、その種類は非常に多くあり、そしてどの種類でターゲティングするのか、そしてどのユーザー層に対して広告を出すのか、ということを考えなければいけません。

代表的なインターネット広告は、検索連動型広告といわれる「リスティング広告」、Webサイトやブログ、アプリなどの決められた広告枠に表示される「ディスプレイ広告」、成果報酬型広告である「アフィリエイト広告」、SNSやニュースサイトで、記事やフィードに紛れて自然な形で表示される記事広告の「ネイティブ広告」があります。

自社にはどの広告があるのか、ということを決定するには、まずそのひとつひとつの広告の特徴を理解した上でなければ判断することはできません。

深く考えずに広告を選んでしまうと、思ったほどの広告効果が期待できない、という場合も多くあるので、数ある広告から自社に適した広告を選定することは、非常に神経を使うことでしょう。

 

2:広告指標を理解しなければならない

自社から広告運用する場所を決定し、広告運用を始め、その広告効果を分析するさいの、「広告指標」を理解しなければなりません。

広告指標は、費用対効果をしっかり把握するためのものであり、広告を掲載して、なぜこのような結果になったのか、ということを細かく分析することで、次回広告掲載時に、今より良い結果を出すために必要不可欠なものなのです。

分析をすることは一見単純な作業に思えますが、実際は媒体によって数多くの数字が表れますので、大変な作業です。

多くの数字を理解し、コントロールすることで、広告効果が上がるか下がるかが決まってきますので、広告指標の多くを理解し、その指標を有効活用するということは、広告運用を行ううえで、非常に大事なことであり、大変な側面であると言えるでしょう。

さらに、広告指標はキャンペーンによっても違ってきます。

広告を掲載する目的を、大きく「認知」「誘導」「獲得」の3つに分けて考えてみましょう。

これらの確認しなければならない広告指標は、広告の目的や施策によって、変わってくるのですが、基本的には「インプレッション効果」「トラフィック効果」「レスポンス効果」の3つの効果をチェックしていくことになります。

また、こういった広告指標を把握した次には、広告指標と合わせて広告費に対する売上額や利益額の割合などを中心とした、費用対効果の確認をしなければいけません。

広告費に対する広告効果の「数」「率」「単価」の視点から、広告効果を確認していきます。

こういった細かな作業を、日々何度も繰り返して行わなくてはいけないので、広告運用担当者は大変だと思うのでしょう。

 

3:複眼的な思考が必要

広告運用や、集客策全般において、複眼的な思考が必要になってきます。

たとえば、どのように顧客にリーチするのか、そして効果がなかなか上がらないときはどのように認知を上げるのか、というような長期施策と、今すぐに効果を上げ売上げにする短期施策を考えなければいけません。

目的に応じて利用する運用方法や、利用する媒体も異なってきますので、視野を広げてすべてのバランス屋配分を考えることこそ、広告運用担当者の力量とも言えるでしょう。

予算配分や、配信ボリュームを決定する「マクロ視点」を持ち、広告成果を考慮しながら施策を実施するか、最適な予算配分とは何かを考え、そして細かい運用の精度を高める「ミクロ視点」を持ち、それぞれの広告効果を見比べ、最終成果を最大化するいにはどうすれば良いのか、ということを考慮します。

運用型広告を扱うには、まさにミクロの考えが必要になってくるので、非常に神経を使う作業となってくるでしょう。

 

まとめ

以上、広告運用が辛いと感じる3つの理由についてお話させていただきました。

今、広告運用を担当されている方であれば、共感できるものはありましたでしょうか。

「広告運用を行う」ということは、そう簡単なことではない、と理解しておきたいですね。

まずは気軽に問合せ