単品リピート通販

単品リピート通販の運用型広告の入札単価の考案方法について

リピート通販

運用型広告の入札単価の考案方法について解説します。

現在広告として運用型広告を上手に運用できるかどうかが新規顧客を獲得できるかどうかに関して成功と失敗を分けるといわれるほど大事な知識になります。

運用型広告を取り入れていくには、まずその広告の入札単価を設定していかなければなりません、ここの単価をいくらに設定するかは予算などの兼ね合いもあるので慎重にお香なう必要があります。

広告が正しく表示されているか、意図した露出機会を得られるか、CPAが許容範囲であるか、これらすべては、広告の入札によってコントロールされるのです。

運用型広告の入札は、セカンドプレイスオークションであるので、実際の単価と入札単価は異なりますので、それらすべてを想定して入札単価を設定しなければなりません。

最近ではシステム上で自動入札をしてくれる機能もありますが、これを導入するにしても、まずは入札単価を設定する仕組みを、きちんと理解しておかなければなりませんよね、なにも知らないで自動で入札するのは非常に危険です。

そこで今回は、運用型広告の入札単価の考案方法についてお話したいと思います。

運用型広告の基本となる、「入札」について、正しい知識を持っておきましょう。

今後運用型広告を取り入れていこうと思われている方や、運用型広告の入札についての知識が欲しい方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

 

〇入札単価の定め方

運用型広告の入札は、オークションになっています。

ですので、他の広告掲載者との入札状況については、自社の入札単価を上げていくと広告の表示機会が急激に増加したり、入札単価を下げていくと、ある程度で広告が表示されなくなったりしまうことがあります。

これは入札価格に関わる競合参入や、時期にも異なりますので、自社の都合にあわせて入札単価を設定するのではなく、他社広告掲載の都合も考慮して入札単価を設定しなければなりません、

運用型広告を利用して集客を図ろうと思われた場合には、おそらく多くの方はGoogleアナリティクスといったアクセス解析ツールを用いるかと思います。

よく入札はするけどきちんと分析を行っていない企業があるのですが、この分析をいかに行って効率よく運用していくかで運用実績はまったくことなります。

過去のデータを元に、コンバ―ション率を定めた後、目標の獲得単価と掛け算をすると、その数式により出た数字が、入札単価の基準となります。

ですので基準となる入札単価を出したい場合には、現実的なコンバ―ション率が必要となってきます。

 

〇予算

運用型広告は、入札単価によって、一日の広告露出の量やインプレッション数が変わってきます。

ですので、一日の消費金額もここで定まってきますので、露出を多くしたいがために高い入札単価を設定しても、極端に低い予算を設定している場合には、無駄が起きてしまうのです。

コスト≒入札単価×露出機会を一定以下に抑えながら、露出機会を最大化する、という構造が理想的であるため、その理想に沿った予算設定を行っていきましょう。

入札単価だけで予算進捗を考慮していくことができれば良いのですが、実際はすべてのラインアイテムでそれを検討させることは非常に難しいことではありますし、急な広告露出にも対応できないことが多くあります。

ですので、あまりの露出機会を逃さないような予算と入札単価を設定していきましょう。

 

〇低単価での限界

運用型広告での「リスティング広告」で運用させる場合には、指名検索としてのキャンペーンは低いコストでコンバ―ションを獲得することができますが、指名検索には配信の上限があるため、一定までの限界があります。

その限界を超えてしまうと、入札単価を上げても配信量を増やすことができないので、一般ワードが必要となってきます。

そして、「ディスプレイ広告」で運用させる場合には、低いコストでリマーケティングでのキャンペーンを獲得することができますが、こちらの配信には上限はマーク数となっていますので、マークから配信できるリーチが上限に達してしまうと、極端に配信単価が下がってしまい、コストも悪化してしまうので、入札を上げることはおすすめできなくなります。

このように、低単価では獲得できるコンバ―ション数や配信量には限界があるということを理解しておきましょう。

 

〇自動入札機能

予算や目標に合わせて自動で入札を調整してくれる、自動入札機能を取り入れている場合もあります。

入札金額の上限を手動で設定した後、実際の入札を上限以下の金額で自動的に行ってくれます。

入札を毎日考案し、設定し続けることが難しい場合は、このような自動入札システムに任せてみることも、現実的で安全だと言えるでしょう。

入札単価の決定だけで考えてみると、人が考案するよりもシステムのほうが相性が良いこともあり、今では自動入札機能を取り入れることも増えてきているのです。

自動入札機能を導入するにはまず、広告運用をする者の知識が十分である全逓で行うようにしましょう。

 

まとめ

以上、運用広告の入札単価の考案方法についてお話させていただきました。

広告運用を行う際、入札価格を設定する段階で非常に悩まれる方も多いかと思います。

特に初動時の入札単価を設定する時は、「とりあえず100円から?」「お見積りツールで出た推奨単価を設定する?」といった風に悩まれることもあるでしょう。

ぜひ今回ご紹介した考案方法を参考に、正しい入札単価を設定してくださいね。

まずは気軽に問合せ