単品リピート通販

単品リピート通販におけるアドベリフィケーションで広告を最適化する!

WEBマーケティングを行う上で、重要となる言葉にアドベリフィケーションと言う言葉があります。

これは、広告の配信コントロールを行う重要なツールですが、その特性を正しく理解していないケースも多く見られます。

そこで今回の記事では、アドベリフィケーションについて説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

アドベリフィケーションとは何か?

アドベリフィケーションは、広告を意味するアドと言う言葉と、要求通りのものか検証するという意味を持つベリフィケーションを合わせた言葉で、2つの言葉の意味の通り、広告を要求通りのものか検証すると言う意味を持ちます。

分かりやすく言うと、WEB広告を出稿した後に、その広告が適切なサイトに掲載されているか?広告がどの程度見られているか?を検証するということを表しています。

このアドベリフィケーションは、2012年頃からDSPなどの広告配信において使用されるようになった仕組みです。

広告の品質を向上する目的で導入するツールですが、広告主が導入するケースはあまりなく、導入している企業は広告配信会社がほとんどです。

この機能が必要とされるようになった背景には、WEB広告検証の難しさがあります。

WEB広告とは、一般的に考えた場合、掲載される媒体のアクセス数が多ければ、広告料が高く、アクセス数が少なければ広告料は安くなるものと考えられます。

しかし、WEB広告は、データ上でやり取りが完結し、大量の広告を一度に掲載することが可能となるため、広告主と掲載先のサイト所有者が直接交渉を行うことはなく、上記の仕組みは当てはまらないのです。

このようにWEB広告の特性に不満を持った多くの広告主が、自社のターゲット層にあった適切なサイトに広告を出したいと考え、誕生したのがDSPと言うツールです。

DSPを導入することで、媒体を一つずつ精査する必要がなくなり、広告の一斉配信を容易に行えるようになりました。

しかし、一方で、大量に配信することにより、配信するサイトを把握することが不可能となり、ブランドイメージを損ねるようなサイトにも広告が配信されるようになってしまいました。

そのため、広告の品質や掲載先をチェックすると言う必要性が生じ、この役割を担う機能として、アドベリフィケーションが重要視されるようになったのです。

アドベリフィケーションの役割

この機能には、大きく分けて2つの役割があります。

まず1つ目の役割が、広告を出稿する広告主のブランド価値を守る役割であり、ブランドセーフティーと呼ばれます。

前述のように、アドネットワークなどを使用する広告配信は、一括して配信することが可能であり、大規模な配信ができることが大きなメリットです。

しかし、広告を配信する媒体の情報を開示できないケースがあり、広告主の意図していない媒体に広告が配信されてしまう可能性があります。

そこで有効となるのが、この機能であり、これを用いることで、アダルトサイトなどの公序良俗に反するサイトと言った、広告配信に適切ではないサイトへの広告の表示を抑制することができます。

こういった不適切なサイトへの掲載が認められる場合には、この機能によって掲載を停止させることで、広告の質を保護していくのです。

2つ目の役割が、広告を見られる場所に表示する役割であり、ビューアビリティの保証と呼ばれます。

広告主が広告を出すのは、広告を見てもらうことで、商品やサービスを認知してもらい、それを集客や購入と言った成果に繋げていくことを目的としています。

従って、不特定多数のユーザーに、ただ広告を見てもらうだけでは意味がないのです。

広告を掲載する先が、アクセス数が多いサイトであっても、そこにアクセスするユーザーがターゲット層と合致していなければ、成果に繋がる可能性は低くなります。

また、広告のデザインなどがターゲット層のニーズと合致していない場合も同様です。

このような成果に繋がらないサイトにいくら広告を出しても意味がないですし、広告料も無駄になってしまいます。

成果に繋げていくためには、自社のターゲット層に的確にアピールし、購買意欲を刺激することが必要となるのです。

そのため、効果の出ているサイトと、効果の出ていないサイトを見極めることが必要となり、そこで有効となるのがこの機能におけるビューアビリティの保証なのです。

これを用いることにより、広告の適切な効果測定が可能となり、効果的な広告配信ができるようになるのです。

まとめ

近年では、WEB広告を配信するために、様々な便利なツールが誕生していますが、現在においても最適な状態になっているとは言えません。

そのような状況の中で、その必要性が高まっているのがアドベリフィケーションなのです。

この機能は、今後さらに重要となってくる施策であることが予想されており、うまく活用していくためには、今回説明したような特性を正しく理解することが必要となります。

まずは気軽に問合せ