単品リピート通販

単品リピート通販における広告外注代理店を選ぶためのチェックポイント

ネットショップを運営されている方、もしくはネットショップの開業を検討されている方。

自社ネットショップにてより大きな利益を得るためには、やはりより多くの顧客にネットショップを訪問してもらわなければなりません。

もし、自社ネットショップを既存のネットショップ出店専用のプラットフォームに出店するのであれば、そのネットショップ自体の知名度があるため、広告を出稿し集客活動を行わなくても、訪問者は多くあるのですが、完全独自でネットショップを開設する場合であれば、ゼロからのスタートということになります。

これは例えるなら、何もない砂漠の中で店舗を出店することと同じ状態であることが言えるでしょう。

この集客に非常に有効的であるものが「広告」であるのですが、この広告出稿は、ネットショップ開設時にはなかなか手が回らなくなってしまいますので、広告外注代理店に委託しようか、と考える方も多くいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、広告外注代理店を選ぶための5つのチェックポイントについて、お話していきたいと思います。

広告代理店へ広告出稿の委託を検討されている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

認定パートナー・スター保有の正規代理店であるか

まず第一のチェックポイントとしては、認定を受けている代理店であるかどうか、ということです。

この認定パートナーや認定スターを保有するためには、専門的な試験の合格が基準になっており、知識を測る基準のひとつとなることでしょう。

この認定されていない代理店である場合には、最悪の場合「騙された」という結果になってしまう可能性がありますので、注意が必要です。

もちろん、保有しているからといって、実績や業績とは一致しませんので、過信しないよう、判断材料の一つとして捉えておいてください。

事前打ち合わせ時の提案の仕方

広告代理店を選定する段階で、事前打ち合わせというものを必ず行うことでしょう。

その際に、秘密保持契約締潔前提を見て、自社の現在の状況をしっかりと聞き、どのようにして効果を出していくか、ということを事前に分かりやすく説明してくれるか、ということも重要なチェックポイントとなるでしょう。

その際に、広告担当者となる人物は、専門用語ばかりを用いていないか、知識が無い人に対しても分かりやすく、納得のいくまで説明してくれているか、ということを確認しましょう。

担当者の対応や反応

担当者の対応や反応に関しては、最も重要なチェックポイントであると言えるのではないでしょうか。

それくらい重要度を高めて、見極めていきましょう。

広告代理店自体はあくまで企業であり、実際の運用はその担当者が行っていきます。

その広告担当者が、現在と過去の実績を口頭やメールで経歴を説明できるほどの実績はあるか、広告代理店に委託することでのデメリットや自社にとっての悪い情報なども出してくれるか、投資対効果を真剣に考えてくれているか、自社からの問題点への対応スピードは速いか、専門用語でごまかさず、分かりやすく納得のいく説明をしてくれるか。

以上のようなことを細かくチェックしておきましょう。

これらのチェック項目は、普通であれば当たり前に考えられることであるのですが、自社にとって大切な広告費用を預けるからこそ、基本が確実に正確にできるか、ということがかなり重要になってくるのです。

良い広告代理店に委託したとしても、担当者が悪ければそのせいで施策に影響してしまうことも考えられるのです。

契約期間

どれだけ事前にチェックをしたとしても、実際に広告を運用していく中で、その広告代理店に不信感を抱いてしまう可能性はゼロではありませんよね。

運用途中段階で広告代理店を変更しようとしたとしても、もし契約期間が一年と長い場合は、途中で解約できない、という事態になってしまうのです。

効果が出ないにもかかわらず、運用を続けることはかなり無駄なことになってしまいます。

これは事前に確認すれば、トラブルを未然に防ぐことができますので、必ずチェックしておきましょう。

対応範囲

たとえば、自社ネットショップにリスティング広告を運用していたとして、商品の購入率が悪かったとしましょう。

途中でランディングページを検討したいと思っても、広告代理店自体ランディングページには対応しておらず、アドバイスもまったくもらえない、となるとどうでしょうか。

ページ作成に費用と時間をかけたとしても、アドバイスもしてもらえないとなると、苦労して広告で集客をしたとしても、すぐに離脱してしまう可能性があるのです。

特に、リスティング広告やディスプレイ広告の場合であれば、このランディングページによって、大きな差が出ることが予想されます。

対応範囲はどれくらいなのか、ということを必ず事前に確認しておきましょう。

まとめ

以上、広告外注代理店を選ぶための5つのチェックポイントをご紹介させていただきました。

今回ご紹介した5つは、広告代理店を選定するときには、必ず確認していただきたいポイントばかりです。

もし広告代理店と自社との相性が合わなかったら、トラブルが起きてしまったら、そういった可能性を、出来るだけ低く抑えるためにも、必ずチェックしておいてくださいね。

まずは気軽に問合せ