単品リピート通販

単品リピート通販の成功には広告のインパクトが大事

通信販売を成功に導くには?広告のインパクトが大切!

店舗を持たない通信販売の広告は、一般の広告とは異なり、広告だけでお客様の興味を引き、購買意欲をわかせ、それを実際に購入に繋げることが重要となります。

では、どういった広告がお客様の興味を引き付けるのでしょうか?

今回の記事では、通信販売における広告の重要性について説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

通信販売と一般的な広告の違いとは?

スーパーやコンビニなどの小売店で簡単に購入できる一般的な商品の広告の目的は、商品を広く認知してもらう、興味を持ってもらうことが重要になりますが、通信販売の広告はそれだけではなく、一歩進んで実際に購入してもらわなくては意味がありません。

また、認知度を上げるための一般的な商品広告は、広告と実際に販売されている場所が異なるため、広告が売り上げにどの程度効果があったのかが分かりにくいですが、通信販売では、広告と売り場が同じであるため、広告と売り上げが密接に結びついてしまうのです。

いうなれば、自社開発のオリジナル商品を取り扱う通販会社は、商品開発メーカーであり、それを販売する小売業者であり、広告が実際の店舗の代わりとなっているのです。

そのため、通信販売においては、一般に販売されている商品よりも広告の出来が重要なポイントとなります。

通信販売における良い広告とは?

実際の店舗で商品を購入する際には、店舗で手に取って実物を確認することができ、さらに同類異種の商品をその場で比較検討することが可能です。

しかし、通信販売では実物を見ることはできませんので、広告を見て、購入しても問題はないか?

購入する価値はあるか?をお客様が判断し、購入を決断していただかなくてはなりません。

こういったことから、通信販売の広告は、バナーやテキストなどの広告から商品を購入できるページまでが、非常に長い1ページで構成されていることがほとんどです。

この長い1ページをお客様が脱落していかないように、商品購入まで誘導することができる広告が、通信販売における良い広告と言えるでしょう。

広告のインパクトでお客様を引き付ける

では実際に、どういった広告がお客様を引き付ける良い広告なのかを考えてみましょう。

まず、お客様に長い広告を読んでもらうためには、初めのインパクトでお客様の興味を引き付けることが大切です。これは実際の店舗で言うと、看板や店構え、ショーウィンドウなどの役割であり、チラシなどの紙媒体であれば表面、表紙と言った役割になります。

ここで、興味を持っていただいたお客様に、このお店では何を売っているのか?をはっきりと示さなくてはなりません。

この商品がどんな商品なのか、どんな成分からできているのか、どういった点が優れており、どんな効果が期待できるのかなどを、誰にでも分かりやすく示すことが重要です。

さらにこの時に、初回限定割引や送料無料などの割引や特典をアピールしておくと、広告を読む大きなきっかけにもなります。

実際に、初回割引価格や送料無料であれば一度試してみようと考える方も多く存在します。

そして次に、商品の詳しい説明や、実際に使用しているお客様からの声などを載せて、商品の詳細や安全性などをアピールします。

これは、商品を購入しても問題はないと確信していただくための大切な要素であり、特に実際に使用しているお客様の声は、通信販売の広告には必要不可欠と言えるほど重要なものです。

また、使用前、使用後のビフォーアフターの写真なども、お客様に強いインパクトを与えるようです。

そしてこの後に再度、商品の紹介や割引や特典の説明などを行い、お客様を商品購入へと導いていきます。

ただし、ここまでお客様を導くには、先ほど述べたように初めのインパクトで興味を引くことが最も重要なポイントです。

とにかく、通信販売においては、広告を読んでもらわないことには意味がないのです。

特に広告のキャッチコピーは重要であり、キャッチコピー一つで売り上げが何倍にもなると言われています。

あまり売り上げの良くなかった商品広告のキャッチコピーのみを変えただけで、売り上げが大きく変わることも通信販売では良くあることです。

もちろん、実際に販売している商品に魅力がなければお客様を満足させることはできませんが、その商品を実際に購入してもらわなくては意味がありませんので、分かりやすくインパクトのある広告やキャッチコピーによって、その商品の魅力を最大限に伝えることが大切になってくるのです。

まとめ

以上のように、通信販売においては、インパクトのある広告やキャッチコピーでお客様を引き付け、広告を読んでもらうことが重要になってきます。

また、インパクトと言っても商品の成分などの説明的な表現や難しい表現をすると敬遠されてしまう可能性があります。

少し大げさな表現であったとしても、誰にでも一目でわかりやすく、お客様の目をパッと引き付けるそんな広告が通信販売では良い広告とされるのです。

まずは気軽に問合せ