単品リピート通販

アド広告運用の効率を上げる5つの方法

リピート通販

広告運用の効率を上げる5つの方法

今、多くの方が実践している広告運用。

せっかく広告運用をしているのですから、できるだけ成果を上げたいと思いますよね。

ですがなかな目標値と合うことがなかったり、上手く効率を上げることができなかったり、と悩まれる方も多いのではないでしょうか。

日々試行錯誤しながら運用をしているけれど、思うように成果が上がらなければやりがいを感じることができないですよね。

そこで今回は、広告運用の効率を上げる5つの方法をお教えしたいと思います。

広告運用のコツがなかなかつかめない・・・という方は、ぜひこの記事をお読みになって、5つの方法を試してみてくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

 

1:毎日調整する

広告運用を始めたばかりのとき、なかなか成果が上がらないと思っているときは、とにかく毎日微調整を行うようにしましょう。

自分が絞っているターゲット層に向けられているか、クリック率に問題はないか、キーワード設定にミスはないか、クリック単価は適切かどうか、ということをこまめに確認することが大切です。

毎日調整して、少しずつ感覚が掴めて来れば、二日に一回でも大丈夫です。リスティング広告は、自分の管理画面でいつでもすぐに調整することができます。

広告の入札単価、キーワード設定、広告文を随時確認し、思い描く広告内容に沿っているか、ターゲット層へのアタックは合っているか、ということを調整するようにしましょう。

日々の微調整を怠ってしまうと、チャンスは訪れない、と思っておいてください。

逆に言えば、毎日調整を行うことで、改善するチャンスが多いのです。

 

2:改善要因を探る

まず、第一の方法で日々の調整を行った後は、なぜそのような結果になってしまったのか、という原因を探っていきましょう。

原因を理解しなければ、改善方法を見出すことができません。

そして改善する施策を立案していきましょう。

まずは指標に対して、的確な広告改善施策を考え、状況によって変わることも想定し、適切な施策を立案していきましょう。

 

3:競合、一般相場の入札単価を知る

日々調整を行う中で、最も頻繁に調整しなければならないものは、「入札単価」です。

同じような広告掲載で、他社が参入して来たり、人気や流行の移り変わりにより、クリック単価は日々変動していきます。

単純に考えて、入札単価を上げればクリック単価が上がるシステムにはなっているので、入札キーワードの一般相場を知り、単価相場や競合他社の設定金額を知っておくことが大切です。

自社広告の予算オーバーの単価を設定して入札をしても、勝ち目は全くありません。

一般相場を見比べながら、絶妙な入札単価を設定していきましょう。

 

4:品質スコアは『7』を目指す

「品質スコア」は、設定したキーワードが、ランディングページや広告と、どの程度関連性があるのか、を確認出来ます。

Googleであれば、「品質スコア=QS」Yahoo! Japanでは、「品質インデックス=QI」と呼ばれています。

これを見直すことで、CPCを改善することができるのです。

この品質を、最低でも『7』以上にすることを意識しましょう。

品質向上のためには、CTRが特に重要であると言われておりますので、もし、注力ワードの品質が『6』以上であるのならば、広告文を追加し、CTRの上昇を目指してみてください。

数字の根拠を明確にし、信頼度を上げ、ユーザーが瞬時にメリットを判断できるようにしたり、よりアイキャッチの強いタイトルを設定し、広告文を作成したり、瞬時にユーザーの目をひくような検索ワードを含めるようにしましょう。

実際のLP内容とキーワードがマッチしていない場合には、どれだけ検証したとしても停止低品質である場合があります。

ですので、注力ワードは『7』以上を目標として目指して繰り返し設定を行いましょう。

 

5:オプション機能を設定する

広告運用をする際に、ぜひおすすめしたい方法が、オプション機能を設定する、ということです。

GoogleでもYahoo!でもどちらでも設定することができる追加機能で、料金が発生することはありません。

「コールアウト表示オプション」「コールアウト表示オプション」という、広告文の下部に任意でテキストを表示することができ、広告の面を広げて広告文に魅力を付けることができ、そして品質スコアの上昇とクリック率を増加させることができるのです。

その他にも、広告文の下部にサイトリンクを設置し、モチベーションの高いユーザーの取りこぼしを防ぐことができます。

そして、Googleのみにあるオプション機能は、構造カスにペット表示オプションという、あらかじめ分類されたテーマを選択し、そのテーマに沿った内容を自由に記載することができるオプション機能もおすすめです。

こういったオプション機能を設定することで、情報量を増やすことはもちろんですが、画面占有率も大幅に高まるので、クリック率は増加する可能性があるでしょう。

 

まとめ

以上、広告運用の効率を上げる5つの方法をご紹介させていただきました。

広告運用は、きちんとなすべきことをしっかりすることで、効率が上がり、成果が出やすいものなのです。

今、広告運用をしていてもなかなか成果を出すことができない、と悩まれている方はさっそくこの5つの方法を試してみてくださいね。

まずは気軽に問合せ