単品リピート通販

CPEとCPAの違いを知り広告運用に活かそう

CPEとCPAの違いとは?

この記事では、ネット広告運用をする際に間違えやすい「CPE」と「CPA」の違いについてご紹介しています。

ネット広告運用を始めようと思った際に、調べていくと聞き慣れないワードや横文字が並んでいて煩わしさを感じる方や抵抗のある方も少なくないと思います。

特に、ネット関係に詳しくない方だと調べるのに時間を費やしてしまい、なかなか実際にネット広告を運用するまでに時間と手間が掛かりがちになります。

しかし、ネット広告運用を始める際に初心者の方はとりあえず必要最低限の知識さえ押さえておけば、後は運用しながら身についていくものです。

今回は、その必要最低限の知識の中で知っておいてほしい「CPE」と「CPA」の意味や違いについてご紹介していきたいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

CPEとは?

「CPE」とは「Cost Per Engagement」の略語で、日本語に直すと「顧客構内設備」と言う意味です。

簡単に説明すると、1エンゲージメントあたりのコストを表す指標のことです。

エンゲージメントとは、直訳すると「約束・契約」と言った意味がありますが、ネット広告を運用する場合、SNSにおけるユーザーと運営側の繋がりを測る指標という意味です。

つまり、TwitterやFacebookなどのSNSで自身が投稿したツイートや呟きが

・どのくらい他の人に読まれたか

・何回クリックされたか

・どのくらいの人が興味を持ったか

などを数字に直して分かりやすくしたものが「CPE」です。

ですので、「CPE」は別名「エンゲージメント広告」とも呼ばれます。

では、具体的にどのようにして指標を出すのかと言うと、例えばある企業がTwitterで広告を出した(出稿した)とします。

そして、出稿した広告を閲覧した他のユーザーが、リツイートやフォローをした時点でCPEは発生します。

そのリツイートした数やフォローした数によって、どのくらいの人の目に触れたか、興味を持ってもらえたかを知るための指標が「CPE」ということです。

CPAとは?

CPAは「Cost Per Action」の略で、成果報酬型広告やアフェリエイト広告から1件の成約に掛かるコスト単価のことです。

ですので。CPAは別名「PPC広告・アフェリエイト広告・リワード広告」とも呼ばれることがあります。

CPAは、1件の成約に掛かるコスト単価のことを表しますが、1件の成約が「会員登録」なのか「商品購入」なのか「来店予約」なのかは企業や提供するサービスごとに異なります。

例えば、ある商品を購入してもらうことが目的であるなら、1人の人に商品を購入してもらうまでどのくらいの費用が掛かるかを計算することで、商品購入をしてほしい人数に対していくら費用が必要なのかを知ることが出来ます。

ですので、CPAを知ることが出来れば企業がどのくらいの費用を費やせば利益が出るかを知ることが出来るため、ネット通販やアフェリエイト広告を利用している広告主にとっては、かなり重要な指標と言えます。

ただし、CPAに関しては定義が曖昧になることも少なくありません。

なぜなら、サービスを提供している広告主や企業はどのくらいの人が商品購入をしたか、来店予約をしてくれたか、会員登録をしてくれたかを知る事が出来ます。

しかし、商品やサービスを紹介してくれたアフェリエイターやブロガーは、広告主の会社の従業員やスタッフではないため、詳しいCPAを教えてもらえないことがあるからです。

ですので、アフェリエイターやブロガーの方は自分が紹介した商品やサービスがどのくらい成約に結びついたかを、「CPV」や「CPC」と言った別の指標を目安に数値化することも少なくありません。

つまり、アフェリエイターやブロガーにとってCPAは知りたくても知る事が出来ないこともあるため、代わりに「CPV」や「CPC」を数値化してCPAの代わりに代用することもあるので「CPA」の定義が曖昧になることがあるというわけです。

まとめ

今回は、「CPE」と「CPA」の違いについてご紹介してきました。

簡単に「CPE」と「CPA」の違いについてまとめると、

【CPE】

TwitterやFacebookなどのSNS上で、どのくらいのユーザーが反応してくれたかを示す指標

【CPA】

成果報酬型広告やアフェリエイト広告から1件の成約までにどのくらいの費用が掛かったかを示す指標

と言うように、単語が似ているだけで意味や定義などは全く異なります。

例えば、「CPE」を高くしたいなら影響力のある有名人やインフルエンサーの方を起用すると「CPE」の単価は上がります。

また、「CPA」を伸ばしたい場合は有名ブロガーやアフェリエイターなどに商品紹介をしてもらうことによって「CPA」単価を上げることが出来ます。

他にも、年齢層によって「CPE」や「CPA」を使い分けることで効率良く広告運用することも出来ます。

ネット社会の現代だからこそ、「CPE」や「CPA」は重要な指標なのでぜひ覚えておくことをおすすめします。

まずは気軽に問合せ