単品リピート通販

ネット広告運用で重要なCPMについて解説します

ネット広告運用で大切な知識!CPMとは?

この記事では、ネット広告を運用する際に必ず必要となってくる「CPM」についてご紹介しています。

実は、ネット広告を扱う際には「CPM」だけでなく「CPA・CPE・CPC・CPV・CPO…etc」など様々な用語が飛び交います。

ネット広告運用をこれから始めようと思っている方には、聞いたことがない単語もあると思います。

様々なネット広告に必要な用語はありますが、中でも特に知っておいた方が良いのが今回紹介する「CPM」です。

今回は、そんな「CPM」の基礎知識からどうような時に使うことがあるかについて詳しくご紹介したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

そもそも「CPM」とは?

CPMは「Cost Per Mille」の頭文字を取った略語で、日本語に訳すと「インプレッション単価」という意味です。

「インプレッション単価(CPM)」とは、ネット広告が1,000回表示あたりの広告コストのことです。

つまり、ネットで1,000回表示されるまでにどのくらいの費用が掛かっているかを割り出す時に使います。

ユーザーがクリックをしなくても、純粋にネット上に表示された回数にいくら料金がかかるかを知る際に使います。

ですので、1,000回表示されるまでにどのくらいの費用が掛かるかが分かっていると、ネット広告を運用する際の指標になるため、効率良く運用が出来るようになります。

そんな「インプレッション単価(CPM)」の計算方法は、「 広告表示のための総コスト ÷ 表示回数 × 1,000」で割り出します。

「インプレッション単価(CPM)」の相場は大体10円~500円程と言われています。

しかし、掲載する媒体によって金額は大きく異なります。

 

CPMのメリット・デメリット

「インプレッション単価(CPM)」を割り出すメリットとしては、クリック回数ではなく広告が表示される回数までの単価を知ることが出来ます。

ですので、クリックされやすい広告にすることによって、よりコストパフォーマンスの良い広告を出稿することが出来るという点です。

逆にデメリットとしては、クリック率が悪いとその広告出稿が無駄打ちになってしまうため余計な費用が掛かることがあります。

ですので、広告を出した後にどのくらいクリックされるかを検証しつつ、クリックをされるためにどのような広告表示を行えば良いかを考えていくと効率良く広告運用が出来るのではないかと思います。

CPMを効率良く運用するために必要なこと

では、「インプレッション単価(CPM)」を高くするためにどのような広告運用をしていくべきなのかについてですが、次のポイントを押さえて運用してみることをおすすめします。

 

  • パッと見た時に目立つ場所に広告が掲示されているか
  • ユーザーにクリックされやすい大きさなのか
  • 広告のデザインや背景などが適切か
  • 読みづらい広告になっていないか

以上の点を押さえながら、広告のデザインを変えたり配置を変えたりして試行錯誤していけばいずれ「インプレッション単価(CPM)」を効率良く運用することが出来るようになると思います。

ユーザーは一般的に広告に対して煩わしさを感じている方も少なくないため、いかにユーザーに不快感を与えず有益な情報をインパクトを付けて掲載するかが大切になってくると思います。

まとめ

 

今回は、ネット広告を運用する際にぜひ知っておいた方が良い「インプレッション単価(CPM)」についてご紹介してきました。

今回の内容をまとめると、

  • 「インプレッション単価(CPM)」とは、ネット広告が1,000回表示あたりの広告コストのこと
  • 「インプレッション単価(CPM)」の計算方法は、「 広告表示のための総コスト ÷ 表示回数 × 1,000」で割り出すことが出来る 
  • メリットとして、クリックされやすい広告にすることでよりコストパフォーマンスの良い広告を出稿することが出来る 
  • デメリットとして、クリック率が悪いとその広告出稿が無駄打ちになってしまうため余計な費用が掛かることがある 
  • クリックをされるためにどのような広告表示を行えば良いかを考えていくと効率良く広告運用が出来る 
  • ユーザーは基本的に広告に対して煩わしさを感じるため、いかにユーザーに不快感を与えず有益な情報をインパクトを付けて掲載するかが大切になってくる

と言った点を理解しておけば、無駄な予算を使わずに「インプレッション単価(CPM)」を上手く活用することが出来るのではないかと思います。

しかし、ネット広告を運用する場合どうしても即時性を求めてしまうと失敗してしまうことが多いです。

継続的にかつ定期的に季節ごとやトレンドに合わせた広告を出稿し、長く続けていくことで成果に結びつくことも多いので、広告主側も煩わしさを感じることも少なくありません。

ですが、私たちの生きる現代にネットは必要不可欠なものであり、多くのユーザーが利用しているため、ネット広告を運用しないと今後の生き残りはますます厳しくなることは目に見えて分かっています。

ネット広告は、ある意味「大器晩成型」とも言えるので、長い目で運用していくことが成功する秘訣だと思います。

まずは気軽に問合せ