単品リピート通販

単品リピート通販で広告費を使わない?同梱物とメールで売り上げを上げる方法!

現在の通販市場は、新規顧客の獲得が非常に難しい状況となっており、多額の広告費をかけても効果が得られなくなっています。

そのため、既存顧客のリピート購入が重要とされており、それに対する施策に注力することが多くなっています。

その施策として、多くのサイトが注目しているのが、同梱物やメールと言った比較的コストのかからない施策です。

そこで今回の記事では、同梱物とメールで売り上げを上げる方法について説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

広告費用をかけずに売り上げを上げるには?

通販事業を行っていくためには、広告などで宣伝を行い集客をする必要があります。

しかし、広告を出稿するにはコストがかかり、しかも、現在の通販市場は競合が増加し新規の顧客を獲得するのが非常に難しい状況になっています。

つまり、いくら広告にコストをかけてもそれに見合う効果を得ることは困難な状況となっているのです。

そのため、多くの通販会社では、新規顧客の獲得よりも、既存の顧客による定期購入やリピート購入を重要視しています。

既存の顧客へアピールするのであれば、大掛かりな広告は必要なく、コストを抑えることができるのです。

このような状況の中で、比較的コストをかけずに既存顧客にアピールする手法として、多くのサイトが取り組んでいるのが、メールマーケティングやDM、同梱物と言った手法です。

これらの施策は手間はかかりますが、広告のように多額のコストがかかることはありません。

どれだけコストをかけずに、効果を最大化するかが重要となるのです。

同梱物で顧客満足度を上げる!

顧客にリピート購入をしてもらうためには、次もここで購入したいと思わせることが必要となります。

そのためには、一度目に商品を購入した際に、満足してもらわなくてはなりません。

具体的には、商品購入の際の対応が丁寧だった、商品と一緒に手書きのお礼の手紙が入っていて嬉しかった、商品購入後にもお礼のメールが届いた、と言ったことを顧客に感じてもらうことが重要なのです。

この時、特に重要となるのが商品と一緒に届ける手紙などの同梱物です。

通信販売を利用したことのある方なら感じたことがあると思いますが、商品がどのような状態で届き、どのようなものが同梱されていたかと言うのは顧客にとって非常に重要なことです。

丁寧に梱包され、手書きのメッセージやおすすめの商品のサンプル、購入した商品の詳しい使用方法などが同梱されていた場合、顧客の多くは丁寧な対応に満足し、またこのお店で購入しようと考えます。

しかし、ただ、商品がただ段ボールに入れられただけであったり、何の同梱物もなかった場合、顧客は次に同じお店を利用しようとは考えないのです。

このように、同梱物は顧客のリピート購入を促すために非常に有効な手法と言えます。

また、この同梱物は、様々なものを利用することが可能であり、その点でも非常に有効なのです。

具体的な同梱物の例としては、前述の商品購入に対するお礼のメッセージや商品の詳しい使用方法、おすすめ商品のサンプルやチラシ、次回購入時に使用できるクーポン券、取り扱う商品をまとめた製品カタログなどがあります。

実際に、とある通販会社で、おすすめの商品のチラシを新規購入者全員に同梱したところ、1%の顧客が次にこの商品を購入しました。

この1%と言うのは低い数字のように思われますが、一般的にDMなどでリピート購入に引き上げることができる確率は0.3%程度と言われていますので、1%と言うのは良い結果であると言えます。

しかも、この場合、商品の発送時にチラシを同梱しただけですので、コストはチラシにかかった費用だけなのです。

クーポンの同梱でリピート率を上げる!

また、クーポンを同梱することもリピート購入に有効な施策ですが、ただしこれには一つ注意しなければならないポイントがあります。

そのポイントと言うのが、クーポンのみを同梱するのではなく、チラシや製品カタログにクーポンを付けて同梱するということです。

顧客は、クーポンのみを手にしても、クーポンを使うためだけにわざわざ商品を購入することはあまりありません。

そのため、まず、チラシやカタログで顧客の関心を引き、商品に興味を持たせるのです。

その上で、クーポンを提示し、商品を購入するかどうかを迷う顧客の背中を押し、購入へと導いていくことが重要なのです。

ただしこのケースでは、チラシは別として、製品カタログの作成にある程度コストがかかります。

しかし、実際に、製品カタログにクーポンを付けることで、関連商品のリピート率が20%向上したというケースもあるのです。

カタログの作成費用だけで、20%のリピート率の向上と言うのは費用対効果を考えても、かなり良い数字と言えます。

このように、広告のような多額のコストをかけなくても、工夫次第で売り上げを上げることは可能となるのです。

まとめ

現在の通販市場の状況では、多額の費用をかけて広告を出稿しても、あまり意味がありません。

それよりも、従来から行われているDMや同梱物、メールマーケティングと言ったコストのかからない施策で、効果を最大化していくことが重要なのです。

特に、今回説明したような、商品発送時にチラシなどを同梱させる同梱物施策は、費用対効果を考えた場合、非常に優秀な施策と言えるのです。

まずは気軽に問合せ