単品リピート通販

単品リピート通販でアフィリエイト広告運用を能率よく行う方法 

アフィリエイト広告をうまく運用するには? 

ネット広告には様々な種類があり、その一つにアフィリエイト広告があります。

このアフィリエイト広告は、他の広告とは異なる特性を持つため、うまく運用できない、効果が出ないというケースも多くあるようです。

一体どうすれば、アフィリエイト広告をうまく運用できるのでしょうか?そこで今回の記事では、アフェリエイト広告について説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

アフィリエイトとは?

アフィリエイトとは、ホームページやブログなどのサイト運営者であるアフィリエイターが、報酬をもらい広告主の商品を紹介するという手法を指します。

ユーザーがそのアフィリエイターのサイト上で広告主の広告をクリックすると、ASPと呼ばれるアフィリエイトサービスプロバイダを経由し広告主のサイトへ誘導されるという仕組みの広告です。

このアフィリエイトは、商品購入や資料請求など広告主が設定した成果が出た場合に報酬が発生します。

特に、クリック報酬と言うものを設定していない限り、ユーザーが広告主のサイトを訪れただけでは報酬は発生しません。 

このアフィリエイトがほかの広告と大きく異なる点は、掲載の条件を決定するのが掲載する媒体側(アフィリエイター)ではなく、広告主であるという点です。

一般的な広告では、媒体側が掲載の条件を提示し、広告主がそれを了承することで広告が掲載されます。

しかし、アフィリエイトでは、広告主が掲載条件を提示、媒体側(アフィリエイター)がそれを了承し、広告主に申請し許可が下りれば提携関係となり、ここで初めて広告を掲載することができると言うことになります。

ただしこの提携関係と言うのは、必ず広告を掲載するという契約ではありません。媒体側(アフィリエイター)は、広告を掲載するかどうか、いつ掲載するか、どの程度の期間掲載するかなどを自由に決定することができるのです。

つまり、提携関係を結んでも必ず掲載してもらえるわけではなく、掲載されるかどうかはあくまでも媒体側(アフィリエイター)の自由と言うことです。 

アフィリエイトを成功させるには、ASPの選び方が重要!

アフィリエイトを導入する際には、初めからアフェリエイターと直接繋がる訳ではなく、まずASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)に登録する必要があり、そのASPに登録しているアフェリエイターと提携関係を結ぶことになります。

ASPは数多くあり、それぞれ得意とするカテゴリーが異なりますので、同業他社が多く登録している、紹介してほしいアフィリエイターが登録しているなど、自社にあったASPを選択することが大切です。

さらに、利用料金やどんな機能があるのかなども必ず確認が必要となりますが、最も重要なのがアフィリエイターと直接コミュニケーションがとれるかと言うことです。

ASPの中には、アフィリエイターと直接連絡を取ることを禁じているところもありますので注意して選ぶことが必要です。

また、もし選択したASPが自社に合っていなかった場合、ASPを変更することは可能ですが、運用を開始したASPを変更するということは、一度繋がりのできたアフィリエイターとの提携も終了してしまうということです。

アフィリエイトは、アフェリエイターとの関係性が成功のカギとなりますので、むやみにASPを変更するのは避けたほうが良いと考えられます。そういった自体に陥らないためには、始めのASP選択時から慎重に判断することが重要となります。

 

アフィリエイターとのコミュニケーションが大切! 

上記でも説明したように、アフィリエイト広告は、アフィリエイターとのコミュニケーションを通して、成果を上げていく広告です。

うまく運用していくには、アフィリエイターと積極的にコミュニケーションをとり、アフィリエイターの立場に立つことが大切です。

成果が発生した時だけ報酬を払えば良いという広告主にとって都合の良い考えで運用を行っていると、アフィリエイターから積極的に紹介してもらえなくなるということにも繋がります。

アフィリエイターも報酬が欲しくて活動しているわけですから、どの時期やどの時間によく商品が売れるのか?

どの年代をターゲットにしているのか?など、広告主側から購入に繋げるための情報をこまめに発信していく必要があります。

こういった情報をもとにアフィリエイターは、自身の収入につながると判断した商品の広告を掲載していくということです。

アフィリエイトにおいては広告主は、選択される側になる訳ですから、まずアフィリエイターに選んでもらわなくてはならないのです。 

まとめ

アフィリエイト広告は、成果が出た場合にだけ報酬を支払えば良いと考えている方も多いようですが、このような考え方ではアフィリエイターとの関係性を築くことはできません。

アフィリエイトにとって一番大切なのは、アフィリエイターとコミュニケーションをとり、成果を上げるということです。

そのためには、アフィリエイターに選ばれるための活動を行っていくことが重要となるのです。

 

まずは気軽に問合せ