D2C

D2Cビジネスは商品を販売した後が重要!

D2Cは驚異的な勢いで成長し、今では、一般の消費者にも定着しつつあります。

このビジネスがこれほどまでに成長することができたのは、現代の消費者が求めているビジネスであったからだといえます。

消費者との繋がりを重視し、従来のように商品を売るだけでなく、その後の事まで考えるD2Cの理念が、多くの消費者から支持されているのです。

そこで今回の記事では、商品を販売後を重要視するD2Cビジネスについて説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

なぜD2Cが求められるのか?

D2Cは、商品の企画から販売までを自社で内製し、消費者に直接商品を販売する仕組みのビジネスモデルです。

このD2Cは、近年急速に成長を続けており、現在ではあらゆる業界からD2Cブランドが誕生しています。

これらD2Cブランドの多くはスタートアップ企業が立ち上げたものですが、中には、大手企業が立ち上げたブランドも数多く存在しています。

このビジネスモデルが、スタートアップ企業だけではなく、大手企業からも注目されているのには、従来のビジネスでは消費者のニーズに対応できなくなってきていることがあります。

従来では、企業やメーカーが主体となって商品を開発し、それを大量に生産し、様々な中間業者を介して消費者に販売していました。

多くの企業やメーカーが同様に商品を作り出すため、同じような商品が市場に大量に流通していたのです。

それらの商品は機能や品質的には優れてはいますが、どれもそれほど差がなく、消費者はそれらの大量の商品の中から選ぶということに疲弊し、商品を積極的に購入しなくなっていったのです。

そして、消費者は、自身のライフスタイルに合った、自身に必要な商品だけを求めるようになります。

しかし、この消費者のライフスタイルというのは、消費者それぞれによって異なるため、消費者一人一人に合わせた商品が必要となったのです。

そこで注目されたのが、この消費者の多様化したニーズに対応していくビジネスであり、D2Cだったのです。

D2Cは商品を売った後が重要!

D2Cビジネスが、従来のビジネスと大きく異なるのは、消費者一人一人のニーズに対応するということだけではありません。

消費者のニーズに対応するためには、消費者を深く知ることが必要であり、そのためには、消費者と繋がりを持つことが重要となるのです。

従来では、消費者と企業は商品を売り買いするだけの関係でしかありませんでした。

企業は多くの中間業者を介して商品を売り、消費者はただそれを買うだけの間柄だったのです。

一方、D2Cビジネスは、商品を売ることだけを目的とはしていません。

ビジネスである以上、商品を買ってもらうことは重要ですが、その商品を作り出す時点、もしくは作り出す前から、消費者と繋がりを持ち、そこで得られた消費者の意見を参考に、消費者が本当に求める商品を作り出していくことを重要と考えるビジネスなのです。

また、D2Cビジネスでは、商品を売った後も消費者と積極的にコミュニケーションをとり、その繋がりを保っていきます。

自社の商品が消費者のライフスタイルにどのような影響を与えるのかを、消費者と繋がることで共有していくのです。

これにより企業は、消費者との関係性を構築することができるだけでなく、その商品に関する消費者の声を聞くことができるのです。

そしてその消費者の声は、商品の改善や新商品の開発、サービスの改善といったことにフィードバックされて行きます。

こういったことにより、さらに消費者との関係性は強固なものとなり、企業と消費者が強く繋がっていくことになるのです。

この商品を売った後も消費者との関係を保っていくというのは、従来のビジネスではあまり考えられていなかったことであり、D2Cビジネスの特徴的なポイントの一つです。

これにより企業は、商品を購入し、それを利用してみて初めて分かる商品の良さや改善すべき点といったような、消費者のリアルな声を聞くことが可能となるわけです。

そして、それをフィードバックし商品を改善することにより、意見が採用された消費者は再度その商品を購入してくれる可能性が高くなります。

さらに、それを繰り返していくことで、消費者との関係は強固になり、その消費者はそのブランドのファンとなり、顧客となるのです。

そして、このファン化した顧客は、商品やブランドの宣伝も行ってくれるのです。

まとめ

D2Cビジネスは、急成長しているビジネスであり、新たに参入してくる企業も後を絶ちません。

しかし、そのすべてが今回説明したような、D2Cの特徴を理解しているわけではありません。

D2Cを単なる直販モデルと考えているケースも多く存在していますし、中間業者や実店舗にかかるコストをカットできるという利点だけを見ているケースも多いのです。

そして、そのようなブランドは集客に苦労していたりと、上手くいっていないことがほとんどです。

D2Cというビジネスモデルにおいて、成功をしたいと考えているのであれば、D2Cが何を重要と考えるのかを正しく理解しなくてはなりません。

いくらD2Cという名前を冠しても、従来のビジネスモデルと変わらないビジネスを行っていては、上手くいくはずがないのです。

まずは気軽に問合せ