単品リピート通販

ネットショップ運営にAmazonスポンサープロダクトを利用すべき理由

ネットショップを運営する際、ショッピングモールにネットショップの出店を検討される方も多いかと思います。

ECショッピングモールにて商品を販売することで、集客に関する課題が減り、ショッピングモール自体もサポートしてくれますので、効率よくビジネスを行うことができます。

日本国内の大手ECショッピングモールと言えば「Amazon」「楽天市場」「Yahoo!ショッピング」などを思い浮かべるかと思いますが、今回は世界で最も有名なECサイトである「Amazon」に注目してみましょう。

Amazonは他のECショッピングモールとは少し違い、ネットショップを出店するのではなく、商品を「出品」するというイメージで、商品一つからでもとても簡単に出品することができるのです。

法人として本格的にネット販売を行う企業はもちろん、個人ビジネスとしてや、副業でネットショップビジネスを行いたい方であっても最適なショッピングモールなのです。

そんなAmazonで商品を露出させるためには、「Amazonスポンサープロダクト広告」を利用することがおすすめです。

そこで今回は、ネットショップ運営に「Amazonスポンサープロダクト広告」を利用すべき理由について、詳しくお話しさせていただきたいと思います。

今後Amazonへ商品出品を検討されている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

Amazonスポンサープロダクト広告とは

Amazonスポンサープロダクト広告とは、ユーザーが検索したキーワードに対して商品を露出させることができるCPC広告、つまりクリック課金広告のことを言います。

Amazonにて大口出品のサービスを利用しているユーザーのみが利用することのできるサービスであり、出品中の商品をAmazon.co.jp内に広告掲載をすることができるのです。

出品管理ツールの「セラーセントラル」にて、広告掲載したい商品を選択したり、広告を設定したりということを、出品者自身で行うことができ、出品者が設定したキーワードや1回のクリックに対する費用の上限額に基づくオークション形式で検索結果画面などに掲載されます。

Amazonスポンサープロダクト広告を活用することで、商品の露出頻度が増え、売り上げの向上に繋がりやすいのです。

Amazonでは楽天市場のようなSEO対策を行うことが難しいので、このようなスポンサープロダクト広告は非常に有効的な施策であると言えるでしょう。

ユーザーに商品を認知してもらうには非常に役に立ちますし、クリックされなければ費用がかかることはありません。

費用対効果も一定の成果が上がりやすいので、Amazonにて大口出品をされている方であればおすすめです。

Amazonスポンサープロダクト広告おすすめの3つの理由

1:費用対効果が高い

まず第一の理由としては、費用対効果が非常に高いことでしょう。

かけた広告費用に対してえられた売り上げをパーセンテージで表したものを「ROAS」と言い、AmazonではこのROASは「ACoS」と表記されています。

ACoSは「支払総額/総売上×100」のように、広告費用の合計を総売上で割ってで求めることができます。

他の大手ECショッピングモールと比較しても、費用対効果から見る広告効果の高さは圧倒的でしょう。

2:商品認知度を上げることができる

Amazonスポンサープロダクトでは、インプレッション数が多いため、商品露出の拡大に繋がり、商品の認知度を上げることができるのです。

ユーザーの目に商品が触れることで潜在的に商品を認識させることができ、インプレッションが増えれば増えるほど、クリック率を上げることができるのです。

通常、Amazonでは商品露出が難しいと言われているのですが、Amazonスポンサープロダクトを利用することで商品露出を増やし、露出させることができるということは、かなりメリットが大きいでしょう。

3:手間がかからない

ネットショップの運営において、広告を運用し利用することは、入港作業が手間になってしまうことがほとんどです。

商品ページや商品画像の作り込み、キャッチコピーの調整などにかなりの時間と労力を費やさなければなりません。

ですが、Amazonスポンサープロダクト広告であれば、「オートターゲティング設定」を利用していれば、商品選定後に1クリックあたりの入札単価を決め、1日の広告予算の上限を入力すれば設定が完了します。

「マニュアルターゲティング設定」であれば、細かい調整ができますので、コツやキーワード選定に手間がかかってしまいますが、初心者の方であればまずはオートターゲティングから設定し、3ヶ月程度様子を見ながら行いましょう。

まとめ

以上、ネットショップ運営に「Amazonスポンサープロダクト」を利用すべき理由について、お話しさせていただきました。

Amazonスポンサープロダクト広告は、デメリットがほとんどなく、非常にメリットが大きいものですので、Amazonで継続的な売り上げを作るには最適の方法でありますので、Amazonで大口出品をされている方は、ぜひさっそく取り入れてくださいね。

まずは気軽に問合せ