サブスクリプション

Amazonから学ぶ急速に成長する動画サブスクリプションの最新情報

今、日本ではもちろん世界的にも急成長を遂げているビジネスモデルと言えば「サブスクリプション」が思い浮かぶでしょう。

今私たちの日常生活の中で密接している、音楽や動画、車、家具、衣類やバッグ、居酒屋、コーヒー、ラーメンにまでもサブスクリプションモデルが導入されています。

数年前に注目され始めて以降、あっという間にその規模が拡大し、今後さらなる拡大も予想されるています。

このサブスクリプションの先駆者とも言える、代表的な成功例は、何と言っても「動画サブスクリプション」ですよね。

動画コンテンツの視聴が、テレビからモバイル端末へ変更しつつある中、今でもなお、動画サブスクリプションのユーザー数は右肩上がりで増加し続けているのです。

動画サブスクリプションを提供している企業は非常に多くありますが、中でも「独走」を続けている企業はやはり、「Amazon」ですよね。

そこで今回は、Amazonから学ぶ、急速に成長する動画サブスクリプションの最新情報についてお話しさせていただきたいと思います。

今後動画サブスクリプションビジネスの展開を検討されている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

Amazonが独走し続ける動画サブスクリプション市場

数ある主要動画サブスクリプションサービスの中でも、月間アクティブユーザーを見てみると、Amazon prime videoの独走ぶりは明らかです。

世界中で展開されていますので、世界中からの需要はもちろんですが、日本国内で見てもAmazon prime videoは、人気の映画や話題の映画が素早く配信されていること、そして日本オリジナル作品が非常に充実していることが、顧客に選ばれる理由でしょう。

サブスクリプションビジネスにおいて、「顧客に飽きられない工夫」「顧客満足度を高める工夫」がしっかりされているのです。

もちろん、Amazon以外にも、Yahoo!Japanが提供する動画サブスクリプション「GYAO!」も、着実にユーザー数を集めていますので、参考になるのではないでしょうか。

その他にも、日本進出を果たした「Metflix」や、日本のテレビ企業が展開する「Hulu」「paravi」などがあり、日本オリジナル作品が話題になっているのですが、今現段階ではこの「Amazon prime video」「GYAO!」との差が劇的に縮まる気配はありません。

競争優位点は「価格力」にある

なぜここまで競合他社を圧倒的に引き離すことができるのか、それには何と言っても「価格力」にあることでしょう。

たとえば、「GYAO!」に関しては、ほとんどのコンテンツの利用にあたっては無料で利用することができます。

そして、「Amazon prime video」は月額料金500円、もしくは年間料金4,900円の会員費用で、Amazonのプライム会員に入会すれば、Amazonショッピングを利用した場合に送料無料や即日配送といった特典を受けることができますので、心理的には無料と感じる方が多いのでしょう。

これらから比較してみると、「Netflix」は月額料金864円~、そしてHuluは月額料金1,026円発生しますので、これと顧客満足度を合わせて考えた場合には、常に顧客が見たいと思わせるようなキラーコンテンツを欠かすことができません。

また、動画サブスクリプションには欠かせない「伝送速度」に関しても、今後新たに現れる「5Gサービス」の本格展開に関して、携帯キャリアとの連携が行われています。

Amazonはドコモ、GYAO!はソフトバンク、そしてNetflixはauといったように、新たな仕組みが構築されています。

動画サブスクリプションに追い風が吹いている

従来であれば、顧客は娯楽時間においてテレビを利用することが最も多いと言われていたのですが、今ではテレビからインターネットへ市場環境が変更していることは明確でしょう。

この市場環境の変化は、動画サブスクリプションビジネスにかなり追い風になっていると言えます。

当たり前になった通勤時間での動画視聴というように、いつでもどこにいても好きな動画を楽しむことができる環境こそ、現代人には動画サブスクリプションが選ばれやすいのです。

そして平均的にもテレビのリアルタイム視聴が減り、ラジオや新聞に触れる機会が減少し、インターネット利用時間が増えているので、顧客は自分の趣味趣向に合ったコンテンツだけを選定する、デジタルネイティブの世代になっていることが分かりますので、サブスクリプションとの親和性が非常に高いのです。

まとめ

以上、Amazonから学ぶ、急速に成長する動画サブスクリプションの最新情報についてお話しさせていただきました。

Amazonを初めとする人気の動画サブスクリプションは、今の時代に合ったサブスクリプションビジネスであり、今後もさらなる拡大を見せることが予想されるでしょう。

このような最新情報と、動向をしっかり理解しておくことこそ、サブスクリプションビジネスを成功させることに繋がりますので、ぜひ参考になさってくださいね。

まずは気軽に問合せ