単品リピート通販

アメリカで単品リピート通販のアパレルサブスクリプションが注目されている理由

今日本で非常に注目を集めている新たなビジネスモデルとして「サブスクリプション」が大きな拡大を見せています。

実際にも、音楽配信サービス「Spotify」「Apple Music」や、動画配信サービス「Netflix」「Amazon prime video」などを利用されている方も多いのではないでしょうか。

このように、ユーザーはモノを所有するのではなく、利用する権利に料金を支払うというモデルが多くなってきました。

今の時代背景に非常に伴っているので、収益を上げやすいと言えます。

ですので、サブスクリプションビジネスを導入する企業が非常に多くなってきていますよね。

これは日本だけのビジネスの変向ではありません。

サブスクリプションビジネスは今、先進国であるアメリカでも非常に注目を集めているビジネスモデルであり、中でも特に注目を集めているものが、「アパレルサブスクリプション」であることをご存知でしょうか。

もちろん、最近では日本でもアパレルサブスクリプションが浸透してきましたが、まだまだ撤退企業が多いことが現状です。

なぜアメリカでは注目を集め、成功する企業が多いのでしょうか。

そこで今回は、アメリカでアパレルサブスクリプションが注目されている理由について、お話していきたいと思います。

これからアパレルサブスクリプションビジネスの展開をお考えの方はぜひ、先進国の考えをしっかり理解してみてくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

アメリカでのアパレルサブスクリプション

アメリカでは、さまざまな形式のアパレルサブスクリプションが多く展開されています。

さまざまな商品価格帯やターゲットニーズが細かに設定されているので、取り多くのユーザーの需要に応えることができるのです。

人気のアパレルサブスクリプション企業で考えてみると、「Rent The Runway」は月額159ドル(約1万8,000円)を支払うことで、デザイナーズブランドを含めた450以上のブランドから好きなアイテムを選ぶことができるようになっています。

また、「Gwynnie Bee」であれば、月額59~199ドル(約5,300~21,500円)を支払うことで、カジュアルなアパレルブランドから、普段使いにぴったりの洋服を揃えることができますし、豊富なサイズ展開が非常に幅広く取り入れられているので、多くの方が利用しやすいことでしょう。

このようにアメリカだからこその工夫や思考を凝らした、アパレルサブスクリプションが成功を収めているのです。

理由1:SNSの普及

まず第一の理由として、「SNSの普及」ということが挙げられるでしょう。

これは日本でも同じことが言えるのですが、アメリカでももちろん、一定年齢以上の男女は一人一台のモバイル端末を所有することがほとんどですよね。

そのモバイル端末の普及に伴い、SNSの利用率が増加傾向にあります。

若者を中心に、SNSの利用が広まってきており、その投稿の中でファッションアイテムを更新し、自分の存在を発信する、ということが多く見られますよね。

ですので、SNSへファッションアイテムを投稿をするために、服を安く仕入れ、短い期間で消耗していくことが主流になってきているのです。

洋服を購入し所有するよりも、一度着て手放しまた新たな服を手に入れる、という新たな消費行動が加速しているのです。

理由2:モノ「共有」するという考え方の変化

また、もうひとつの理由としては若者の考え方の変化に見られます。

少し前であれば、ハイブランドの物を購入し、所有することが自身のステータスとして考えられていましたが、今では所有することよりも「共有」することへのニーズが高まって来ていることが考えられるでしょう。

特にアメリカではファッションに敏感な若者が多く、ファッション業界の流動のスピードは日本の5倍であるとも言われています。

だからこそ、手軽にファッションを楽しみたいと考える方が多くなり、ファストファッションで多くの服を求める消費者が多いのです。

そしてアメリカでは、シェアリングサービスのニーズも高まって来ているので、土地として考えてみても今、アパレルサブスクリプションは失敗しにくいと言えるでしょう。

アメリカの若者が、モノを共有することこそ、クールでスマートだという考えが高まって来ているのですね。

理由3:環境問題

アメリカでは、その人口量から服の廃棄量に関する課題が深刻化しています。

もちろん服の廃棄量にはまだまだ改善点が多く見られるのですが、その問題点から若年層を中心とした人々の環境問題への意識の変化が見られます。

アメリカでは洋服だけでなく、さまざまな物の廃棄量への課題が寄せられますが、そういった環境問題のもと、環境に対する意識が高まってきているのです。

そしてアメリカでは、超学的な学術である「サステイナビリティ」に関心を持つ人々が増えてきています。

こういった時代背景のもと、アメリカ環境に配慮した消費方法として、アパレルサブスクリプションである「ファッションアイテムのレンタル」が注目されているのです。

まとめ

以上、アメリカでアパレルサブスクリプションが注目されている理由についてお話しさせていただきました。

アメリカではアパレルサブスクリプションを成功させている企業が非常に多くなっています。

もちろん、日本とアメリカとの土地や文化が大きな違いとなりますが、日本と類似することも多くあります。

アパレルサブスクリプションのビジネス展開をお考えの方は、ぜひこの記事を参考に成功するポイントを見つけてみてくださいね。

まずは気軽に問合せ