サブスクリプション

コロナ禍で注目される「Web to App戦略」をサブスクリプションビジネスに活用すべき理由

「サブスク」の略称で知られるサブスクリプションビジネスは、今多くの企業から注目を集めるビジネス形態の一つです。

サブスクリプションビジネスは、従来までの売り切り型とは大きく異なり、ユーザーの利用量や利用期間に応じた対価として料金を支払うビジネスモデルです。

消費者の「所有から利用へ」という価値観の変化と共に年々需要が増しているビジネスモデルであり、今後もさらに市場が拡大していくと見られているので、今実際にも従来の提供方法からサブスクリプションビジネスへの移行を検討されている企業も多いでしょう。

サブスクリプションビジネスを行う上で、マーケティング施策は必須であり、オンラインマーケティングを進めている企業も多いかと思います。

オンラインマーケティングを進めていると、「Web to App(ウェブトゥーアプリ)戦略」という考えに出会うことがありますよね。

コロナウイルスの影響を多く受けているこの時代、そもそもマーケティングのあり方を再度見直さなければいけないと考えられていますが、その中でも特にコロナ禍において「Web to App戦略」が重要と考えられており、導入が加速しているのです。

そこで今回は、コロナ渦で注目される「Web to App戦略」をサブスクリプションビジネスに活用すべき理由についてお話させていただきたいと思います。

今の時代だからこそ、流行のビジネスモデルを成功させたいと思われている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

Web to App戦略とは

Web to App戦略とは、Webベースになっているオンラインマーケティングをアプリへ視野を広げるという考え方です。

サブスクリプションビジネスにおいては、そのサービスに対するユーザーのエンゲージメントを高め、一度確保した売上を継続して維持することを目的としています。

Webが主流になっているWebマーケティングによって顧客を獲得し、顧客維持と顧客の成長を進めるため、アプリマーケティングが生まれているのです。

アプリを活用することで、Webマーケティングとアプリマーケティングの違いを理解し、マーケティングのどこに注力すべきかを考え、必要なところのみをアプリにシフトすること、そして双方の優れたポイントを活用するこそ、Web to App戦略の基本であり、理想なのです。

サブスクリプションビジネスに活用すべき理由

オンラインの需要が加速している

新型コロナウイルスがなかなか終息しない日が続き、店舗の経営を中心とした業界は売上が大きく減少しました。

オフラインで新規の獲得は難しく、さらに既存顧客の維持すらも難しくなっています。

この状況から抜け出すためにも、顧客と直接接することなく接点を持つことができるオンラインサービスが注目されているのです。

顧客にとっては非接触であるからこそ、抵抗なくサービスを利用することができ、さらに企業としてもサブスクリプションとして安定した収益を見込むことができるので、オンラインへの需要が増しているのです。

オンラインサービスの導入が増加している

上記のようにオンラインサービスが求められる世の中になったからこそ、オンラインサービスを導入する企業が非常に多くなっているのです。

この時代だからこそ、サブスクリプションとして提供されているサービスはデジタルコンテンツのみではなく、飲食やアパレル、美容品など、さまざまな業界がサブスクリプションビジネスの展開を始めています。

だからこそ、競合が多くなっていく中で、Web to App戦略を用いてより必要な情報を得て、より良いサービスを提供し、顧客満足度を向上させ、そして売上を伸ばしていく必要があるのです。

サブスクリプションの売上を維持する施策が重要になっている

オンラインの需要の増加と共に、サブスクリプションビジネスの展開も急激に増加しています。

サブスクリプションとしてサービスを提供する場合、いかに顧客ニーズを把握しそのニーズに沿ったサービスが必要とされています。

マーケティングにおいても、Webが積極的に活用されているからこそ、まずは自社WebサイトのSEO対策をしっかり行い、自社Webに訪れてもらわなければなりません。

ですがそもそも外出自粛により避けなければならなくなったからこそ、元のニーズから代替えしたということに過ぎませんよね。

だからこそ、このままずっとオンラインでの売上が必ず維持されるかというと決してそうではありませんし、もし新型コロナウイルスが終息した際にどのような世の中になるのか、ということも予想することができません。

アフターコロナに向け、今の売上を維持し、さらに向上させることができるような施策が重要だからこそ、アプリを活用することが良いのです。

まとめ

以上、コロナ禍で注目される「Web to App戦略」をサブスクリプションビジネスに活用すべき理由についてお話させていただきました。

今この世の中だからこそ、ビジネスに求められていることは、「オンライン市場」をいかに有効活用するか、ということです。

今後もさらにサブスクリプションの需要が高まり、競合が増えていく中で、いかに差別化を図り生き残っていけるのか、ということが重要なのです。

ぜひサブスクリプションビジネスにWeb to App戦略を導入し、競合企業よりも進んだマーケティングを行ってくださいね。

まずは気軽に問合せ