サブスクリプション

サブスクリプション顧客満足度のためのアプリ施策

近年、消費者の購買行動が大きく変化しており、モノを購入するよりも体験にお金を払うことが多くなりました。

このような時代を牽引しているビジネスモデルこそ「サブスクリプション」なのです。

サブスクリプションとは消費者が商品やサービスごとに料金を支払うのではなく、一定期間その商品やサービスを自由に利用することができる「権利」に対して料金を支払うビジネスモデルです。

サブスクリプションと同じように考えられるビジネスモデルに「定額制」というものがありますが、サブスクリプションと定額制は大きな違いがあるのです。

定額制はただ単に商品やサービスに対して同金額を支払い、継続的課金をしてもらうことを言いますが、サブスクリプションでは顧客が必要としているもの、そして顧客満足度に注目しています。

料金プランを分けて利用圏の範囲を変えたり、休止期間や無料期間を入れ、顧客ニーズに的確に応えるなど、いかに顧客との関係性を継続していくか、ということがサブスクリプションビジネスを成功させるポイントになるのです。

つまり、サブスクリプションビジネスを行う上では「顧客満足度」が重要なキーワードになるのですが、顧客満足度はアプリでも向上させることができることをご存知でしょうか。

そこで今回は、サブスクリプション顧客満足度のためのアプリ施策について、詳しくお話させていただきたいと思います。

アプリを活用してビジネスを成功させたいとお考えの方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

プッシュ通知

アプリの便利機能をして知られている「プッシュ通知」は、お得な情報をタイムリーに顧客に届けることができます。

顧客にプッシュ通知を見てもらうことで、購買意欲に繋げることができますので、プッシュ通知をマーケティングとして活用するにはタイミングが重要になるでしょう。

顧客が必要としている情報を常にタイムリーに届けることを意識し、顧客に関心を持ってもらうようにしなければなりません。

期間限定のお得なキャンペーンを用意している時、キャンペーン開始前、キャンペーン終了間近、ポイント失効前などが適切なタイミングといえます。

顧客が求めている情報、興味を持ちやすいタイミングを意識しましょう。

セグメント配信

ユーザーに対するプッシュ通知をより効果的にするためには、顧客のセグメントに応じてアプローチを変えることも有効です。

セグメントの意味は、条件や目的、趣向などで分類するということなので、セグメントを配信し、顧客ニーズにあった情報をピンポイントで狙っていきましょう。

アプリ利用時に顧客登録をしてもらい、顧客の個人情報を得ることができます。

特にサブスクリプションビジネスの場合は、より顧客ニーズに沿ったサービスを提供し、顧客に満足し続けてもらわなければならないからこそ、細かくセグメント分けする必要があるでしょう。

セグメントによって顧客それぞれ内容を変えたプッシュ通知を行うことで、より顧客の好みや目的に合った最適なアプローチを行うことができるでしょう。

またランクアップ制度を導入することも、顧客満足度の向上に繋がります。

多店舗対応

もし店舗を運営しているサブスクリプションビジネスの場合、基本的には顧客それぞれ行きつけの店舗が決まっていることが一般的でしょう。

ですが複数店舗を展開している場合、店舗ごとで取り扱う商品やサービスが異なっていたり、別のキャンペーンやサービスが提供されていることもありますよね。

だからこそアプリを利用して、普段行かない店舗の情報を随時確認することができるようにすれば、さらに利用頻度が高まり、企業に対する愛着がより深まるでしょう。

顧客自身が知りたい店舗や得たい情報などを検索する機能や、その結果を保存しておくためのお気に入り機能なども、顧客満足度に繋げるためには重要です。

スマホ決済

アプリにはスマホ決済を設定することができますので、ぜひ搭載しておきましょう。

スマホ決済を設定しておくことで、オプション機能の追加や変更などをスムーズに行うことができますし、実店舗での追加支払いが生じた際にも顧客はストレスを感じることなくスムーズに支払いを済ませることができますよね。

たとえ現金の持ち合わせがないときであっても、通常通りサービスを利用することができますので、顧客満足度はさらに上がることでしょう。

そしてスマホ決済に併せて、ポイント還元システムを導入すれば、さらに顧客にとってのメリットが多くなりますし、リピーターになるきっかけを作るにも十分でしょう。

まとめ

以上、サブスクリプション顧客満足度のためのアプリ施策についてお話させていただきました。

実店舗の有無に関わらず、サブスクリプションビジネスを行う上でアプリ施策を行うことは、ビジネス成功への近道になります。

顧客満足度を向上させるためにも、顧客にメリットがある機能を搭載し、より快適に、そして便利に自社商品やサービスを利用してもらいましょう。

まだアプリを導入していないというサブスクリプション事業の方は、ぜひこの機会にアプリを導入してくださいね。

まずは気軽に問合せ