サブスクリプション

アパレルサブスクリプションビジネスで「アプリ」を活用すべき理由

今大手企業を始め、多くの企業から注目を集めているサブスクリプションは、「定額制」と同義語として用いられることが多いですよね。

サブスクリプションは、モノの購入や所有を重視しているのではなく、使う体験に価値を置いています。

最近では、NetflixやSpotify、dマガジン、クラウドストレージなど、私たちの身の回りのさまざまな分野でサブスクリプションサービスが提供されています。

中でも特にアパレル業界のサブスクリプションは、サブスクリプションならではの「シェアリングエコノミー」との結びつきが強いですよね。

ファッションのトレンドは、どの業界よりも特に早く回転することが特徴ですので、アイテムの新しい付加価値の手段として、サブスクリプションは非常に有効だと考えられているのです。

サブスクリプションビジネスを提供することで、定められた期間ごとにユーザーから利用料金を回収することができますので、売上が安定しますし、長期的に顧客の詳細なデータを得ることができますので、ビジネスとしての需要が高まってきているのです。

サブスクリプションビジネスでは、専用アプリを用いることが重要と考えられているのですが、その理由をご存知でしょうか。

そこで今回は、アパレルサブスクリプションビジネスで「アプリ」を活用すべき理由について、詳しくお話させていただきたいと思います。

今後アパレルサブスクリプションサービスの展開を検討されている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

アパレルサブスクリプションにおけるアプリの重要性

近年、アパレル業界において非常に浸透しているものが、スマートフォン専用アプリです。

スマートフォン専用アプリを導入することで、リピーターに対して効果的な集客施策を行うことができますので、今導入するアパレル企業が非常に多くなっているのです。

ですが、アパレルブランドにアプリを導入するなんて、大手企業でしか効果が感じられないのではないか、と思う方も多いかと思いますが、これは大きな間違いです。

今、アプリを導入するアパレルブランドは増加傾向にあり、大手企業だけでなく個人ブランドでもアプリ導入の成功事例が多くなってきているのです。

さらに2020年に入り、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、アプリがオンラインチャネルとしての大きな役割を果たしていますので、アパレルサブスクリプションビジネスを成功させるためには、アプリの導入はかなりおすすめなのです。

アプリを活用すべき理由

情報配信の効率が上がる

アプリを活用し、情報配信を行うことでかなり効率が良くなります。

サブスクリプションを契約している内容によって異なる顧客に、それぞれに配信したい情報や、全顧客対象としたキャンペーンなどをリアルタイムで配信することもできます。

そしてもし、複数のショップを保有している場合には、顧客の位置情報を特定し、近くにいる顧客を対象としてお得な情報を配信することもできるでしょう。

アプリを用いることで、顧客ごとに配信する時間帯、そして配信内容を調整することができますので、アパレルに関連する販促をより多く実行することができるでしょう。

今まではDMで情報配信することが多かったのですが、それでは開封されないこともあったのですが、アプリでは「プッシュ通知」がありますので、顧客がどこにいてもかなり高い確率で開封してもらうことができるでしょう。

ポイントシステムの導入でコストを削減することができる

特に既存のアパレルブランドであれば、ポイントカードを発行し、利用時にポイントを増やしていくシステムを取り入れている企業が多いかと思いますが、アプリ内でポイントシステムを導入することで、ポイントカード印刷コストやポイント管理のためのスタッフの稼働コストを大きく削減することができるでしょう。

顧客は貯まったポイントカードを紛失する心配もなくなりますし、企業にとっても手間と人為的なミスをなくすことができます。

ユーザーのランクや契約金額に応じてポイント発行をし、あらかじめポイント付与率を設定しておくことで、簡単にポイント発行を行うことができるでしょう。

無店舗でも活用することができる

店舗にて発行されたポイントやクーポンを、ECサイトで利用し、さらにアプリやECサイト内で発行されたポイントやクーポンを実店舗でも利用することができるようにすれば、オフラインからオンラインへの送客と、またその逆も可能になりますので、顧客ロイヤルティをさらに高めることができるのです。

こうすることで、ショールーミングによる競合への顧客流出も防ぐことができますので、高い効果を期待することができるでしょう。

まとめ

以上、アパレルサブスクリプションビジネスで「アプリ」を活用すべき理由についてお話させていただきました。

今、サブスクリプションを展開しているアパレル企業も続々とアプリを活用し、どんどん成功事例を増やしています。

決して大手企業だけが成功するというものではありませんので、より多くの集客施策を図りたいと思われている方は、ぜひこの機会にアプリの導入を検討されてみてはいかがでしょうか。

まずは気軽に問合せ