サブスクリプション

アパレル系サブスクリプションビジネス開始時に知っておくべきこと

「サブスクリプションビジネス」というビジネスモデルは、今非常に拡大を広めているビジネスモデルと言えるでしょう。

サブスクリプションとは、商品やサービス自体をユーザーに販売するのではなく、その商品やサービスを利用する権利を売るという、今注目を集めているビジネスモデルです。

成功事例として挙げられるのが、「音楽配信サービス」や「動画配信サービス」のサブスクリプションであり、スマートフォンが普及している時代背景のもと、ユーザーはサブスクリプションサービスを利用して、いつでもどこにいても音楽や動画を楽しむことができるシステムなのです。

このようにサブスクリプションはデジタル業界の中でシェアを広げておりましたが、今では車や洋服などの非デジタル業界でも、サブスクリプションが導入され始めているのです。

中でもアパレル系のサブスクリプションビジネスは特に注目度が高いものであり、導入を検討されている方も多いことでしょう。

そこで今回は、アパレル系サブスクリプションビジネス開始時に知っておくべきことについてお話ししたいと思います。

これからアパレルのサブスクリプションの導入を検討されている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

求められている理由

アパレルのサブスクリプションを利用するユーザーは、大きく二つに分けることができます。

ひとつめは、極端に洋服が多く収納スペースが無いと困っている方、そしてもうひとつめは、洋服は必要最低限の量を求めている方です。

前者であれば、手持ちの服が多いと、収納スペースを確保するだけでも一苦労ですし、さらに整理のためもう着なくなってしまった洋服を処分しようにも、それだけでかなりの労力が必要ですし、時間もかかってしまいます。

それだけでなく、もう着ないと分かっていてもなかなか処分に踏み切れない、ということもありますよね。

アパレル系のサブスクリプションを利用することで、自分が本当に気に入った物だけを手元に置いとくことができるので、収納スペースがかさばりません。

さらに、使用したいときに借りる言葉いい状況であるので、簡単に手放すこともできますよね。

さらに後者であれば、「ミニマリスト」と呼ばれる人が当てはまります。

断捨離が言われているこの時代、必要なものを必要なときに必要な量が求められています。

ですので、必要な時に必要な量の提供を受けることができる、アパレル系のサブスクリプションの需要が高まって来ているのです。

また、イメージチェンジを意識する方にとっても、アパレル系のサブスクリプションは注目を集めています。

さまざまな洋服を気軽に試すことができますので、気になるファッションジャンルに気軽に挑戦することができる点も、求められている理由のひとつに当てはまるでしょう。

アパレル系のサブスクリプションの種類

アパレル系のサブスクリプションには、「選択型」「提案型」「レンタル型」「購入型」の4つの種類があります。

「選択型」は、ユーザー本人が自分で洋服を選ぶ形式で、自分のファッションは自分で選定したいというユーザーに利用されています。

「提案型」は、提供企業がユーザーに合わせて洋服を提案していく形式です。

あまり自分のファッションセンスに自信がないというユーザーや、自分で洋服を選ぶことが面倒なユーザー、忙しく時間を取れないユーザーに多く利用されています。

「レンタル型」は、商品を借りている期間は何度でも使用することができますが、一定期間が経てば、その洋服を返却するという形式です。

その日の気分に応じて洋服を変えたい方や、制服が無い職場に勤めており、毎日同じ洋服を着てくことができないというユーザーに多く利用されています。

「購入型」は。毎月定額料金を支払うことで、規定の商品を購入することができます。

もし規定内に自分が気に入っているアパレルブランドがある場合には、そのアパレルブランドおすすめの商品が定期的に届くので、利用者が多いのです。

この4つの種類のうち、どの販売手法が自社が提供するアパレルサブスクリプションと相性が良いのか、考慮して選定することが重要です。

この選択時点で正しい選択をすることができなければ、本来上げることが出来た売り上げも見込めなくなってしまいますので、開始時にしっかり考案するようにしましょう。

まとめ

以上、アパレル系サブスクリプションビジネス開始時に知っておくべきことについてお話しさせていただきました。

デジタルサブスクリプションとはまた違い、アパレルサブスクリプションは今少しずつ成長を遂げているビジネスモデルです。

個人運用となると、考案しなければならないことが非常に多くなってきますが、大手企業の良い例を見ながら、まずは今回お話しした点をしっかり理解してみてください。

正しい選定と、販売手法を用いることで、アパレル系サブスクリプションは成功へと繋げることができます。

ぜひさっそく試してみてくださいね。

まずは気軽に問合せ