D2C

アパレル業界でD2Cが注目される理由とは?

近年、アパレル業界では、D2Cと言うビジネスモデルが注目を集めています。

しかし、D2Cと言う名前は知っていても、どういったビジネスなのか、従来のビジネスと何が異なるのか、正確には分からないと言う方も多いようです。

そこで今回の記事では、D2Cについて説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

D2Cとは?

D2Cとは、Direct to consumerの略称で、2010年頃にアメリカで誕生したビジネスモデルであり、D toCと表記されることもあります。

具体的には、企業やメーカーが、自社で開発、生産した商品を、流通業者などを仲介させることなく、自社サイトにおいて、消費者に直接販売するビジネスを指します。

この自社で開発した商品を直接販売すると言う販売方式は、以前より一般的に行われていますが、それらはほとんどがIT企業が扱う実体のない商品です。

一方で、このD2Cでは、生活用品、アパレル用品など実体のある商品を取り扱います。

特に、このアパレル用品は、従来では商品の企画、生産において、ODM、OEMを広く採用していました。

ODMとは、Original design manufacturingの略称で、委託者のブランドにおいて製品を企画、生産すること、OEMとは、OriginalEquipment manufacturingの略称で、委託者のブランドにおいて製品を生産することを指しています。

アパレル業界では、一般的に、一部またはすべての商品をODM、OEMで生産していたのです。

また、商品の販売に際しても、卸売業者や販売店を通すのが一般的であったのです。

そのため、アパレル業界はほかの業界よりも、D2Cと言うビジネスモデルが革新的とされているのです。

アパレル業界におけるD2C

アパレル業界におけるD2Cを考えた場合、思い浮かぶのがUNIQLOですが、UNQLOのビジネスモデルは、SPA(Speciality store retailer ofPrivatelabelApparel)であり、D2Cとは異なります。

SPAとは、自社で企画、生産した商品を、自社直営の実店舗ににおいて販売するビジネスモデルです。

また、ワールドやオンワードなど大手のアパレル企業が自社ECサイトにおいて販売を行っていますが、これらの商品は自社企画、生産の商品ではないため、D2Cには該当しません。

D2Cは、あくまでも自社で開発、生産した商品を、ECを主として販売することであり、実店舗を設けている場合もありますが、その場合の実店舗は、販売を行うのではなく、展示場の役割であるのが基本となります。

また、D2Cの特徴として、在庫リスクを減らすため、商品を絞り込んでいると言う点が挙げられます。

これは、商品を幅広く展開するのではなく、少数精鋭とすることで、商品力を高め、ブランド力を高めているのです。

さらに、SNSを活用し、顧客とのコミュニケーションをとっていることも大きな特徴です。

顧客の声を直接聞くことにより、それを商品の開発やマーケティングに役立てているのです。

D2Cのメリットとは?

D2Cが注目を集めているのは、企業にとって大きなメリットがあるからです。

そのメリットとしてまず挙げられるのが、コストの大幅な削減です。

D2Cは、従来のビジネスと異なり、仲介業者への支払いや、実店舗の運営費用などが必要ありません。

特に実店舗を運営していくには、毎月のテナント料や家賃などのコストのほかに、膨大な人件費もかかります。

これらを削減できると言うのは、事業を行っていく上で非常に大きなことであり、この分を商品の開発やマーケティングに役立てることも可能ですし、商品の価格に反映することもできるのです。

次に挙げられるのが、ブランド力を強化、すなわちブランディングが自由にできるということです。

D2Cでは、実店舗はないため、顧客は買い物をするためには必ず自社のECサイトを訪れることになります。

そのため、ECサイト上で企業やブランド、商品に関する情報やブランドの世界観などを、顧客に強く訴求することができるのです。

実店舗では、どのような企業が運営しているのか、このブランドはどのようなビジョンで作られたのかということを伝えることは困難であり、顧客側からそれを知りたがることもありません。

しかし、ECでしか買い物ができないD2Cでは、顧客は必ず買い物の過程でそれらの情報にふれることになるため、自然にそのブランドの世界に入りこむことになるのです。

また、これは、顧客との関係性の構築にも繋がり、顧客を企業やブランドのファン化することが可能となるのです。

さらに、挙げられるのが、自社サイトのみの運営であるため、顧客データを独自に集めることができるということです。

顧客がどのくらいの時間サイトに滞在していたか?どのページに興味を持っていたか?どのタイミングで離脱したのか?など、自社サイトであるため、このようなあらゆるデータを瞬時に収集することが可能であり、そのデータを即座に商品の開発やサイトの改善、マーケティング施策などに反映することができるのです。

まとめ

従来のアパレル業界は、商品の企画から販売まで、独特な仕組みを持っており、それには膨大なコストがかかっていました。

D2Cはそれらのコストを削減できるだけでなく、顧客との関係性も構築できると言う革新的なビジネスモデルなのです。

特に、アパレル業界にとってこのビジネスモデルの衝撃は大きなものであり、業界の仕組みにも影響を与えています。

そして、その衝撃はほかの業界にも伝わっており、今後はアパレル業界だけでなく、他の業界にもD2Cと言うビジネスモデルが広まっていくことが予想されています。

まずは気軽に問合せ