単品リピート通販

単品リピート通販におけるECサイトの集客には、費用対効果の高い広告が必要!

ECサイトの集客には広告の運用が必要不可欠ですが、費用を掛けている割に効果が出ないと言うことも多いものです。

そんな状況の時に有効なのが、リターゲティング広告です。

この広告はほかの広告と比較して、ECサイトとの相性が良く費用対効果も高いため、利益を出したいECサイトに最適な広告と言われています。

そこで今回の記事では、リターゲティング広告について説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

リターゲティング広告とは?

リターゲティング広告とは、一度サイトを訪れたユーザーを識別し、その後他のサイトをそのユーザーが訪れた際に広告を表示する方式の広告です。

この広告は、行動ターゲティング広告の一種で、主にCookieを使用してユーザーの行動履歴を追跡します。

サイトを訪れていながら離脱したユーザーを、再度サイトへ呼び込む高い効果が期待できます。

この広告が高い効果を得られるのは、配信対象を自社サイトを一度訪れたユーザー、もしくは自社サイトを訪れたユーザーに似た行動のユーザーを対象としているからです。

自社サイトに関心がある可能性が高いユーザーにピンポイントで広告を配信することができるため、全く関心のないユーザーを除外することができます。

また、この広告を配信するのは、ユーザーが普段から利用する機会の多い媒体です。

一度はサイトに関心を持ったユーザーの目に止まる機会が多いわけですから、サイトへ再度訪れる確率も高くなると言うことです。

9割のユーザーはサイトから離脱している!

リターゲティング広告には上記のような特徴があり、他の集客施策よりも高い効果が期待できます。

そもそも、ユーザーはサイトを訪れたからと言って、必ずしも何か行動を起こすとは限りません。

それどころか、サイトを訪れたユーザーの9割は、何かを購入する、予約すると言った行動をとることもなく離脱してしまっているのです。

何か欲しいものがある、商品を探していると言った目的がある場合であっても、ECサイトは他にもたくさんありますので、ユーザーは色々なサイトを巡って比較検討するのです。

このことから考えれば、サイトを訪れた9割のユーザーが離脱してしまうと言うのも仕方のない事なのですが、大切なのはそのサイトから離脱したユーザーに対し、その後どういった形でアプローチを行うのかと言うことです。

このユーザーは一度はサイトを訪れ関心を示したのですから、全く関心のないユーザーよりも成果に繋がる可能性は高いわけです。

そのため、何もせずにみすみすこのユーザーを取り逃がすと言うのは、非常にもったいないことだと言えます。

そして、そこで必要となるのがユーザーを追いかけて広告配信を行うリターゲティング広告と言うことになるのです。

リターゲティング広告を始めるには?

リターゲティング広告は、離脱したユーザーを追いかけて広告を配信する仕組みであり、そのためにはこの広告専用のタグと言うものをサイトに設置する必要があります。

そのタグが設置されたサイトをユーザーが訪れると、サーバーからCookieが付与され、そのCookieを追いかけて別のサイト内で広告を表示すると言うのがこの広告の仕組みとなります。

そして、このタグの設置の他に重要な要素にリストがあります。

このリストとは、この広告で追いかけるユーザーの一覧のことであり、先ほどのCookieがユーザーに付与されると、そのユーザーがこのリストに載ることになります。

このリストは条件を指定することが可能で、異なる条件のリストを組み合わせることもでき、このリストをどのように作成していくかと言うことが、この広告を運用していく上で重要になってくるのです。

このリストの作成パターンを具体的に挙げると、まず、一番一般的なのが、サイトを訪れたにもかかわらず購入に至らなかったユーザーのリストです。

これは、サイトを訪れた後の期間によってユーザーを振り分けることも可能で、来訪後3日以内のユーザー、来訪後1か月以内のユーザーと言ったリストも作成できます。

また、サイトを訪れたユーザーの中で、どのページを閲覧したのか、どの段階でサイトを離脱したのか、流入元や流入キーワードによってもリストをわけることができます。

このようにできる限りリストを詳細に設定することで、よりピンポイントに広告を表示することが可能となるのです。

リターゲティング広告のデメリット

この広告は、リスティング広告などよりも費用対効果の高い広告であると言われています。

ECサイトを運営していく上では必須ともいえる重要な広告であり、メリットも数多くありますが、その一方でデメリットも存在します。

そのデメリットとは、その特性ゆえにユーザーに良い印象を与えない、それどころか、どこのサイトに行ってもついてくる広告に不快感を覚えるユーザーもいるのです。

確かにユーザーの立場であれば、どこかで個人情報を登録した覚えもないのに、いつまでもしつこく付きまとってくるのですから、気分を害するのも不思議ではありません。

さらに、あまりに広告表示の頻度が多い場合、有望な見込み客を失ってしまうことにもなりかねません。

こういったことを防ぐためには、広告の表示頻度を調整する必要があります。

有望な見込み客であるユーザーを追跡しながら、不快感を与えないような頻度で広告を表示することが重要なのです。

この広告の表示の適切な頻度と言うのは、実際に運用して見なければわからないことですから、運用を行いデータを収集しながら調整していくことが大切です。

まとめ

リターゲティング広告は、成果に繋がる見込みの高いユーザーを追いかけて広告を表示できる、効果を得やすい広告です。

他にも広告運用を行っているのであれば、この広告の運用を行わないのは非常にもったいないことだと言えます。

ただし、その特性ゆえ、ユーザーに不快感を与えることもありますので、あくまでもユーザーの目線で行うことが重要となります。

まずは気軽に問合せ