単品リピート通販

単品リピート通販における広告集客の基本と手法

インターネットで広告集客を行おうとしている方、今インターネット上で広告運用を行っているけど、これからどうすれば集客に繋げていくことができるのか分からない方は多くいらっしゃるかと思います。

今インターネット広告は、多くの種類が存在しますので、どの広告を始めれば良いのか、分からなくなってしまう方もきっといらっしゃることでしょう。

その多くの広告から、自社に合う広告を選定し、効率良く運用させ、集客効果を高めるとなると、非常に難しいところでもありますよね。

ですがせっかく広告運用をするのですから、多くの集客を達成し、売上につなげたいと考えるでしょう。

そこで今回は、広告集客の基本と手法をご紹介させていただきたいと思います。

広告集客を伸ばすには、まず基本をしっかり押さえて、そして効率のよい手法を選ぶことが大切なのです。

今、広告運用を行い集客を目的としているけれど、なかなか思うように集客が伸びないと悩まれている方、これから広告を用い、集客に繋げていきたいと思われている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

インターネット広告担当者の基本の仕事

まずは、インターネット広告を運用する担当者の基本の仕事を考えてみましょう。

広告運用担当者は、達成するべき目的を定め、そのための広告施策の全体像の流れをしっかり押さえ、そして追いかけることこそ、仕事の基本なのです。

たとえば、企業の売上拡大を目的とするならば、広告運用担当者は「売上拡大につながる集客がしっかり出来ているか」ということになります。

目的を明確に定め、どのような集客方法を選択し、どういった効果測定を行い、思索の検証改善につなげることができるのか、ということを見極めていくことが、まず第一の基本となります。

「プッシュ型」「プル型」

インターネット広告運用で集客を行う際の基本は、「プッシュ型」と「プル型」を使い分けることです。

それぞれを使い分けることで、ユーザーとの関わり方の違いを知ることに繋がります。

それぞれ一つずつ見ていきましょう。

・プッシュ型

プッシュ型の広告集客は、不特定多数のユーザーに情報を届けることを目的とした、「攻めの広告」です。

認知を高め、ブランディングなどを目的としているので、不徳的多数に広く告知する場合に向いているでしょう。

ディスプレイや動画、アフィリエイト、メールを手法とし、広告集客を行うことができます。

ですが、ある程度の配信ボリュームが必要になってきますので、まとまった広告費が必要になりますし、ターゲットとなるユーザー以外にも広告が配信されます。

・プル型

プル型の広告集客は、特定のユーザーに能動的に情報を探してもらうことを目的とした、待ちの広告です。

基本的には検索からの広告集客のみとなっており、目的が明確な特定のターゲットに対するピンポイントでの集客を行うことができるので、少ない広告費で実施することができるのです。

ですが、認知されていなかったりブランディングされていない場合は、効果が見込みにくいと考えて良いでしょう。

また、この「プッシュ型」と「プル型」の両方の要素を併せ持つ集客として、生地コンテンツやソーシャルメディア、アプリからの集客が挙げられます。

特定のターゲットをWebコンテンツへと誘導し、リピートしてサイト訪問してもらうことで、固定のユーザーを育成することができます。

新たに自社の顧客になりそうな見込ユーザーを集客することができたり、レビューや評価などの集客後の効果が明確になります。

ですが、この手法はプル型集客と比べて、獲得成果の即効性が見込みにくいうえ、固定ユーザーへの育成が大変であると言えるでしょう。

広告集客をする上でするべき2つのこと

インターネット広告の手法を知り、集客をするには、「広告メニューを決めること」「ターゲットを決めること」の二つなのです。

もちろん、効果測定を行うことや、その効果の検証改善を行うことも重要なのですが、まずは、集客したいユーザーを設定し、広告メニューを理解していくこと、そして集客したいユーザーを絞り込み、広告配信設定を行っていきましょう。

集客したいユーザーの興味関心の度合いが高いか、低いかという視点で「非認知層」「潜在層」「顕在層」に分類します。

また、広告メニューはユーザーへのリーチが広いか、狭いか、という視点でも選択していきましょう。

そしてさらに、ターゲティングに利用する広告の配信設定を定め、「非認知層」「潜在層」「顕在層」とターゲティング条件を掛け合わせていくのです。

この二つをしっかり理解して、効率よく広告運用を行っていきましょう。

まとめ

以上、広告集客の基本と手法についてお話させていただきました。

基本を押さえておけば、一通りの広告運用をすることができますが、細かく見ていくとさまざまな手法が存在します。

ですが、この基本と手法は今どの企業でも導入している基本的な広告集客の手法ですので、これからWeb広告で集客を行おうと思われている方や、まだまだ動き出したばかり、という方は、まずは基本をしっかりと押さえることから始めていきましょう。

まずは気軽に問合せ