単品リピート通販

単品リピート通販におけるブランディングの意味、正しく理解していますか?

マーケティングを行う上でよく耳にする言葉にブランディングと言う言葉があります。ブランディングと言う通り、ブランドに関わる言葉と言うことは分かりますが、詳しく説明するとなるとわかる方は少ないようです。

そこで今回の記事では、ブランディングについて説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

ブランディングとは?

ブランディングとは、名前の通りブランドに関する言葉ですが、この場合のブランドとは、多くの方がイメージするいわゆる高級ブランドのことだけを指すわけではありません。ブランドとは、もともと家畜の識別のために焼き印を押すことが由来とされています。つまりブランドとは識別の役割を持つものであり、マーケティングにおいては、商品やサービスを、他の商品やサービスと区別し識別するものであると言えます。そして実際に商品やサービスがブランドとして識別されるには、名称、商標、デザイン、シンボル、イメージ、メッセージ、サウンドという要素が用いられ、これらはブランド要素(ブランド・エレメンタル)と呼ばれています。この一つ一つが、商品をブランドとして識別するための要素ですが、ブランドとして識別してもらうためには、マーケティングを行うことでこれらを消費者に認識してもらう必要があります。この消費者に認識してもらう活動がブランディングと言うことになります。例えば、このシンボルと言えばあの商品、このイメージから連想するのはあの商品というような認識を、消費者に浸透させていくのがこのブランディング活動の目的になります。

先ほども言ったように、ブランドと言うと高級ブランドを思い浮かべる方が多いと思いますが、身近にあるお菓子などの食品やシャンプーなどの日用品にも様々なブランドがあり、それらの企業でもブランディングは行われています。ただし、ブランディングは、マーケティングにおいて必ず行わなければならない活動ではなく、ブランディングを行っていない企業も多く存在します。その中で、なぜブランディングを行うのかと言うと、ブランディングが集客、販促と言ったあらゆる面で活動を有利に進めることに役立つからです。

ブランディングのメリット・デメリットとは?

ブランディングは必ず行わなくてはならないものではなく、取り組んだとしても効果が出にくいため、行っていない企業も多くあります。しかし、以下のようにブランディングには、多くのメリットがあります。

まず挙げられるのが、ブランディングによって名前を認知してもらい、さらに商品やサービスに愛着や信頼を持ってもらうことで、売り上げの増加、安定した売り上げを期待することができると言う点です。消費者が商品やサービスに愛着や信頼を持つと言うことは、簡単に言うと商品やサービスのファンになると言うことであり、それによって顧客満足度も引き上げることが可能となり、売り上げにも繋がっていきます。また、ブランドの認知度が上がれば、競合の商品やサービスとの差別化もできますし、価格競争からの離脱も可能となります。

次に挙げられるのは、ブランディングによって商品やサービスが認知されることにより、自社の認知度も上がると言う点です。認知度が上がると言うことは、自社の価値も上がると言うことですので、取引において他社よりも優位に立つことができますし、優秀な人材の確保にも期待が持てます。

以上のように、ブランディングには多くのメリットがありますが、一方でデメリットも存在します。

まず挙げられるのは、先ほども言ったようにブランディングは実行したとしても効果が出にくいと言う点です。実際に、消費者に一からブランドを認知してもらうためには、膨大な手間や時間がかかりますし、それに伴ってコストもかかります。また、市場に強力な競合他社がブランドを確立している場合、それを覆すと言うのは非常に難しいことですし、その他にもたくさんの競合がその地位を狙っていると言うのが現状です。しかし、ブランディングを行わなければ、いくら商品やサービスに自信があったとしても、消費者にとってはブランドとしての価値はないわけです。そのため、価格を下げて顧客を獲得すると言った手法をとらなくてはならなくなり、価格競争に巻き込まれてしまいます。そして、利益率を下げるため、広告費を削減し、新規顧客の獲得が困難になると言う悪循環に落ちってしまうことが予想できます。このような状況に陥らないようにするためには、時間がかかると言うデメリットがあったとしても、ブランディングを実行し、消費者にブランドを認知してもらい、ブランドの価値を高めていく必要があると言うことです。

まとめ

ブランディングとは、消費者に対し商品やサービスを正しく認知してもらい、そのうえで愛着や信頼を持ってもらい、ブランドとしての価値を高めていくと言うことです。このブランディングは、企業にとって非常に重要なものではありますが、ブランディングを一から行うには時間がかかりますし、競合がすでにブランドを確立してしまっていることも多くあります。しかし、市場には同じような商品があふれているわけですから、ブランディングによってブランドの価値を確立させなければ生き残っていけないのが現状と言えるでしょう。

まずは気軽に問合せ