単品リピート通販

単品リピート通販におけるBtoBサブスクリプションの事例と将来性

今さまざまな企業が次々に導入を始めている、サブスクリプション。

サブスクリプションは、簡単に言うと「課金提供型ビジネス」ですので、一度の支払いで商品やサービスを買い取るのではなく、顧客がその商品やサービスを利用した期間に応じた課金をし続けるというビジネスモデルです。

さまざまなサービスが、サブスクリプションが提供される時代になりました。

サブスクリプションが世間に浸透し始めた頃では、動画配信サービスが多く利用されていましたが、このビジネスモデルの認知拡大に伴い、自動車や洋服のような「モノ」、そしてコーヒーやラーメンのような「飲食物」などもサブスクリプションの導入が普及しているのです。

特に今のビジネスの場において、BtoBのサブスクリプションサービスは徐々に必要不可欠のツールになりつつあります。

BtoCサブスクリプションの需要が高まってきているからこそ、企業はBtoBサブスクリプションの提供、そして導入が始まって来ているのです。

そこで今回は、BtoBサブスクリプションの事例の将来性についてお話ししていきたいと思います。

今後サブスクリプションビジネスの導入されている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

BtoBサブスクリプション事例

ソフトウェア販売

デジタルサブスクリプションの提供企業として成功を納めた「Adobe社」。

Adobe社は、PhotoshopやIllustratorなど、クリエイティブデザインに活用されるソフトウェアを開発し、販売している企業です。

早くも2012年頃からサブスクリプションビジネスに注目し、サービスの展開を行っていました。

製品の展開も、複数のソフトウェアがセットになっている商品や、ユーザーが欲しいものだけを利用することができるものまで、幅広く用意されているのです。

料金システムに関しても、年単位から月単位まで細かく設定されていることも、ユーザーの細かなニーズに応えていると考えられますよね。

このように、既存顧客だけでなく、潜在顧客にも注目し、興味や関心を惹きつけることに成功しているからこそ、業績が順調に伸びていると考えられるでしょう。

人事・労務業務

人事・労務業務のサブスクリプションと言えば「SmartHR」がありますよね。

SmartHRでは、複雑な人事労務業務を効率化することができる、クラウド人事労務ソフトです。

こちらも、ユーザーが必要に応じて最適な選択をすることができるとう、料金システムは細かく設定されています。

クラウド上で業務を行うことができますので、必要書類等のペーパーレス化を実現していることが、最大の魅力であると言えるでしょう。

その他にも年末調整などの労務手続に関しても対応していることも、需要に合っています。

Cybouz

Cybouzは、サブスクリプションビジネスを上手く活用したことによって、大きな飛躍を遂げた企業です。

ブラウザ上で使用することができる、企業向けのグループウェア商品を主に提供しており、企業内の情報共有やコミュニケーションをサポートするソフトウェアなのです。

社内でのスケジュール共有、会議室などの施設予約、掲示板の管理、ワークフローなど、豊富な既納が搭載されていますので、すべてのコミュニケーションのトータルケアが可能なのです。

この他にも、製品やサービスを活用するための提案や設計、そしてCybouz製品の導入から運用まで、利用者が必要とするであろうサービスが展開されているのです。

将来性

BtoBサブスクリプションビジネスが、今非常に勢いがあるビジネスモデルであると言えますが、これが一過性のものであるのでは、と考えた場合には、なかなかビジネス進出をすることは難しいですよね。

今後の将来性はどんなものなのか、ビジネス運営者としては知っておきたいところでしょう。

従来ではビジネスの場において、ExcelやWordなどのソフトウェアが利用されていたことは事実なのですが、BtoBサブスクリプションはそれに代わる製品が開発されているのです。

このようにより利便性の高い製品が展開されているからこそ、急速な広がりを見せ、市場規模が拡大しているのです。

もちろんそれに加えて、顧客となる企業の需要を考慮されていますので、BtoBサブスクリプションの市場はより拡大を見せることが予想されるでしょう。

まとめ

以上、BtoBサブスクリプションの事例と将来性についてお話しさせていただきました。

現代のビジネスシーンにおいては、このようなBtoBサブスクリプションは非常に重要になってくるでしょう。

安定した経営を行うには、このような事例を基にしたサブスクリプションの提供がポイントです。

まだサブスクリプションビジネスは浸透して間もないと言えますので、今から導入しても遅いということはありませんので、ぜひこの機会にBtoBサブスクリプションビジネスへの参入を検討してみてはいかがでしょうか。

まずは気軽に問合せ