サブスクリプション

BtoCサブスクリプションサービスのメリットとデメリット

今急成長を遂げ、どんどん規模が拡大しているビジネスモデルと言えば「サブスクリプションビジネス」を思う方が多いかと思います。

サブスクリプションサービスと言えば、音楽配信や動画配信などのデジタルサービスが主流でありましたが、最近ではそれだけでなく非デジタル業界にまでもサブスクリプションが広がって来ており、規模が拡大してきています。

このようなサブスクリプションには、企業(Business)が企業(Business)に向けてサービスを提供する「BtoB」、そして企業(Business)が消費者(Customer)に向けてサービスを提供する「BtoC」があり、それぞれターゲット先が異なり、サービス内容や価格、購入単価なども大きく異なってくるのです。

このような説明を聞くと、まったくの別物と思ってしまうかもしれませんが、実は「BtoB」商品を「BtoC」として提供され、そして成功するという例も少なくはありません。

そこで今回は、BtoCサブスクリプションサービスのメリットとデメリットについてお話ししていきたいと思います。

今後サブスクリプションの導入を検討されている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

メリット

1:顧客詳細データを活かすことができる

BtoBサブスクリプションとは違い、BtoCサブスクリプションでは、顧客の行動に関する詳細なデータを活かすことができ、それが売り上げに直結する場合があります。

たとえば動画サブスクリプションを例に挙げてみると、今どのターゲットにどのような動画が求められているのか、何の動画が人気があるのか、このようなデータを知りたい場合には、顧客の行動データを集計することで、簡単に把握することができます。

このデータを知ることで、今後の販売計画を立てることができますし、キャンペーンの実施をすることもできます。

2:在庫を抱える必要がない

サブスクリプションビジネスは、契約ユーザー数を把握し、提供できるだけの量を用意すれば良いので、物販ビジネスと違い、在庫を抱えなくて良く、在庫リスクがありません。

在庫リスクが無ければ、収支計画も立てやすいので、安定した運営を行うことができます。

3:業種を問わない

BtoCサブスクリプションにおいては、デジタルや非デジタルは関係なく、サブスクリプションビジネスとして幅広くビジネス展開を行うことができます。

もちろん、デジタルサブスクリプションこそ、サブスクリプションの代表とも言われていましたが、今ではスポーツジムを始め、飲食店や美容室などにもサブスクリプションが導入されてきているのです。

サブスクリプションを導入することで、企業にとっても顧客にとってもメリットが大きいビジネスですので、サブスクリプションの導入を検討される企業が多いでしょう。

工夫次第では、どのような業種であってもサブスクリプションサービスの提供を行うことができますので、今後もさまざまなサービスが増えていくことが予想されます。

デメリット

1:解約率が上がりやすい

BtoBのサブスクリプションビジネスであれば、管理コストが上がりやすいということがありますが、これは企業間の問題です。

BtoCは対個人であるからこそ、個人ユーザーの判断で簡単に解約をすることができますので、どうしても解約率が上がりやすいということがデメリットでしょう。

もちろん、契約内容にもよりますが、ほとんどの場合は今解約しようと思えばボタンひとつで解約することができます。

この解約率を上げないためには、いかにユーザーに長く利用してもらうことができるか、企業のファンになってもらうことができるか、という考案を続けなければならなくなり、サブスクリプションビジネスの課題と言えるでしょう。

2:常に最新のサービスを提供しなければならない

上記に説明したとおり、離脱率を上げないためには、常に最新のサービスを提供し続け、顧客満足度を上げ続けなければなりません。

少しでも顧客にマイナスイメージを持たれてしまっては、解約された後、再契約に誘導することは非常に難しいのです。

顧客に飽きられてしまわないよう、そして常に満足させれるよう、何が求められているのか、何に対して喜んでいるのか、という情報をしっかりリサーチしていきましょう。

この日々の活動が、数十年後、企業の成長率に大きく影響してきます。

3:ブランド価値が下がる場合がある

もうすでに人気があるBtoC企業のサブスクリプション提供は、ブランド価値を下げてしまう可能性があります。

あまりにも安すぎるプライス設定では、企業イメージを変えてしまうので注意が必要なのです。

慎重にプライジングを行い、企業のブランド価値を下げてしまわないよう、準備を進めることが重要です。

まとめ

以上、BtoCサブスクリプションサービスのメリットとデメリットについてお話しさせていただきました。

BtoCはBtoBとは違い、個人ユーザーを対象にサービス提供を行うからこそ、メリットとデメリットをしっかり理解しなければなりません。

メリットを最大限に活かすためにも、日々の活動をしっかり行い、顧客満足度を向上させ、自社サブスクリプションビジネスを成功へと導いて下さいね。

まずは気軽に問合せ