コールセンター

単品リピート通販のコールセンターの優良企業の見つけ方

コールセンター優良企業の4つの見分け方

今、転職市場で非常に人気の高い職といえば、「コールセンターの仕事」ですよね。

コールセンターの業務は主に、お客様との電話対応をすることで、こちらからお客様に営業の電話をかける「アウトバウンド」と、お客様からの問い合わせ等の連絡に対応する「インバウンド」の二種類があります。

どちらであっても、自分の身になることが多いので、自分のスキルアップのためにコールセンターの業務をこなす方も多いでしょう。

そして、コールセンターでの仕事は、服装や髪形が自由な上、自由な働き方を選択できるので、非常に働きやすい環境が整っているのです。

コールセンターの仕事をしたいと思われている方が多いことも納得ですよね。

そこで今回は、コールセンター優良企業の4つの見分け方をご紹介いたします。

せっかくコールセンターへ勤務するのだからこそ、優良企業で働き、自分をよりスキルアップさせたいと思いますよね。

ぜひこの記事を最後までお読みになって、コールセンター優良企業の見分け方を学んでくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

 

1:常に求人を出している企業には要注意

求人広告を見ていると、コールセンターの求人は良く見かけるものだと思いますが、あまりに頻繁に求人を出している企業や、露出が多すぎるコールセンターには要注意です。

求人広告に費用をかけることができる、というふうにも見えますが、考え方を変えてみると離職率が高く、常に勤務する人が安定していない、ということなのです。

そういったコールセンターの場合、新人のオペレーターが頻繁に出入りしているので、コールセンターで勤務する上でのノウハウや経験が積み重ねにくく、オペレーター自体の質が高くない、と考えられます。

ですがもちろん、業績の上昇にともないコールセンターの事業を拡大のため、コールセンターの求人を出しているという場合もあります。

そんなときには、どう見極めると良いのか、難しいですよね。

そんなときには、求人内容の条件を見てみましょう。

条件項目のなかに、「高待遇」「高時給」「ノルマ一切なし」というような良い条件ばかりをならべて求人募集をしている企業は、人を集めるという目的が最優先である場合が多いので、そういった企業に応募する際には十分に調べてから申し込むようにしましょう。

 

2:コールセンターのキャパシティ

自分が申し込もうと思っているコールセンター企業が、どのくらいのキャパシティを持っているのか、ということも事前に確認しておかなければなりません。

常にどれくらいの人数が勤務しているのか、どのような対応が求められているのか、どのような対応が行われているのか、ということを確認しておきましょう。

コールセンターのキャパシティを明確に明記されている企業であれば、働いた後であっても働いているイメージをしやすいですよね。

逆に明記されていないコールセンターの企業は、あいまいな点や研修内容がはっきりとされていない場合がありますので注意しましょう。

 

3:教育制度と研修期間の有無

求人を掲載しているコールセンターに、入社後の研修期間や教育制度が整っているか、確認しておきましょう。

コールセンターの仕事は、声が仕事道具となり話の展開の仕方、声のトーン、言葉遣いをしっかりと学んでおかなければ、そのことがクレームへと繋がってしまう可能性があります。

オペレーター一人一人に太志、きちんとマナー研修や業務内容の説明が行われているコールセンターかどうかを確認しておきましょう。

アウトバウンドの研修期間は、約一週間、インバウンドの研修期間は約一ヶ月設けられている企業であれば、一般的な優良企業であると考えてよいでしょう。

 

4:完全成果報酬への注意

求人内容を見てみると、「固定報酬」と「成果報酬の」ふたつのタイプがあることがお分かりいただけると思います。

この違いをしっかりと理解しておかなければいけません。

固定報酬であれば、電話をかけた先で、電話に出てもらえなくても1コールごとに料金が発生します。

それに対し成果報酬は、営業の電話をかけた際に、注文やアポイントが取れるといった、定められた目標を達成できた際に料金が発生します。

そこで注意していただきたいのが、「完全成果報酬」です。

完全成果報酬は、その名の通り、成果が出た分だけ報酬が支払われるというシステムになっております。

こういった支払いシステムは、どこまでを成果としているのか、ということを事前にはっきりとさせておく必要がありますし、完全成果報酬で契約を結ぶコールセンターは、ただ契約数を稼ぎたい、という可能性もあるので注意しなければなりません。

もちろん、支払い形態によっては完全成果報酬のほうが良く稼ぐことができるイメージはありますが、コールセンターと契約したにも関わらず、会社は成果は得られないままでトラブルになってしまう、ということも良くある話です。

自分のスキルをしっかり見極めて、支払制度を決めるようにしましょう。

 

まとめ

以上、コールセンター優良企業の4つの見分け方についてお話させていただきました。

今注目を浴びてて、非常に人気の高いコールセンターの仕事だからこそ、自分のスキルアップのために働くのであれば、優良企業で働くようにしましょう。

ぜひこの記事を、コールセンター優良企業を見分けるために役立ててくださいね。

まずは気軽に問合せ