コールセンター

単品リピート通販のコールセンターの時給が高い理由

この記事では、コールセンターの時給が高い理由をご紹介しています。

コールセンターの仕事と言えば、「給料が良い・シフトや服装が自由」と言った理由から女性を中心に人気の職業です。

しかし、ただ席に座って電話応対をするだけなのに、なぜ時給が良いのか?給料が良いのか?と疑問に思ったことはありませんか?

もちろんコールセンター業務が高給なのには、きちんと理由があります。

求人などにも、「営業なし・ノルマなし・残業なし」と言った文言が書かれてあるため、コールセンターで働きたいと思っている方は多いと思います。

ですので、今回は元コールセンター従業員がコールセンターの時給が高い理由をご紹介していきたいと思います。

コールセンターの時給が高い理由

コールセンターの時給が高い理由は、大きくまとめるとたった一つで、それは「離職率が高いから」です。

求人情報誌にもたくさん掲載されていて、応募してくる人も多いであろう人気の職業と言った印象のあるコールセンター業務ですが、意外にも他の職業に比べて離職率が高い職業でもあります。

離職率が高い理由としては、

クレーム対応がきつい

精神疾患になってしまい出社出来なくなる
雇用形態上昇給が難しい

と言った理由があります。
クレーム対応がきつい
コールセンターでの仕事は、席について掛かってくる電話の応対をする…という単純な作業ではありますが、電話の応対をするということは電話の向こうには様々な相手がいます。

もちろん、お褒めの言葉や追加の注文を受けたりする電話も掛かってきますが、中には理不尽なクレームを言ってきたり、変な電話を掛けてくるお客様も少なくありません。

特に、クレーム対応に関しては自分は悪くないのに、文句を言ってきたり罵声を浴びせられてしまい、謝らなければならなかったりするので、精神的に追い詰められるケースは少なくありません。

自分は全く悪くないのに、罵声を浴びせられるは本当に辛いものです。

もちろんお客様もコールセンタースタッフに文句を言っているのではなく商品に対してのクレームを言っているのですが、それでも文句を言われ続けて良い気分にはならないと思います。
精神疾患になってしまい出社出来なくなる
そして、クレームを言われ続けて精神疾患になってしまうスタッフは、コールセンターで働いている方には非常に多いです。

出勤する度に、クレーム案件当たってしまい精神的に落ち込んでしまい出社出来なるケースはコールセンターで働いているスタッフにはよくあります。

ですので、精神科の病院に通っている患者さんの中には、コールセンタースタッフの方は意外と多いです。

そして、精神安定剤を処方されても症状が改善されず、出勤前になると吐き気や頭痛を催す人は少なくありません。

そうなると、出社することも出来ず結果的に退職という形になってしまいます。

こういった事情があるため、コールセンタースタッフの離職率は非常に高いんです。

コールセンターの場合、継続して1年以上勤続出来ればベテランと言われるくらいなので、いかに離職率が高いかが分かると思います。

ですので、なるべく離職率を下げるため、辞めても次々に新しいスタッフで補填するために時給を高く設定しているのです。

退職金やボーナスがないから

コールセンターの時給が高い3つ目の理由が、雇用形態に関係しています。

コールセンタースタッフの多くは契約社員として働いています。

契約社員は、半年や1年ごとに雇用契約を結び働くスタッフのことですが、契約社員は正社員とは扱いが異なるため、基本的に退職金やボーナスはありません。

しかし、仕事内容によっては正社員と同じ負担を強いられることも少なくありません。

また、福利厚生も充実していないため意外とデメリットが多い雇用形態だったりします。
もちろん契約社員だからこそのメリットもいくつかありますが、いくら頑張っても契約時に結んだ時給以上の仕事をしても給料は変わりませんし、退職金もボーナスも出ないのはやる気が出なくなると思いませんか。

ですので、予め少し高めの時給を設定し契約社員のデメリットを無くしている会社もありますが、それでも決して良いとは言えないと思います。

まとめ

今回は、コールセンターの時給が高い理由についてご紹介してきました。

机に座って涼しい部屋で好きな服装で電話応対をするという、作業的には何も難しくないコールセンターですが、お客様を相手にした仕事ではあるので、マニュアル通りにいかないケースもたくさんあります。

そして、お客様の中には常識が通じない理不尽なお客様もいるので、1日1回はクレーム関係の電話応対に当たることは、コールセンターではよくあります。

しかし、クレームを入れてくれるということは生のお客様の声を聴ける貴重な機会なので、会社側としては有難いことでもありますが、応対するスタッフからしたら気分の良いものではありません。

また、いくら仕事が原因で精神疾患になっても、雇用形態が契約社員の場合が多いコールセンターでは福利厚生の恩恵を受けることが難しいため、決して楽な仕事ではありません。

以上の理由からコールセンターの時給は高く設定されていることが多いのです。

コールセンターに限らず、時給が高いのには必ず理由があるので、目先の金額にだけに捉われず、経験者の話を聞いたり調べたりして自分に向いていると思えばコールセンターで働いてみるのも良いと思います。

まずは気軽に問合せ