単品リピート通販

「キャッチコピー」で単品リピート通販の商品価値を伝えるテクニック

今インターネット上にネットショップを開業し、商品売買ビジネスを行うという方は非常に多くなってきています。

ネットショップビジネスは、基本的に初心者であっても取り組みやすいビジネスであると考えられていますので、運営者は年々増加傾向にあるのです。

このように、ネットショップが非常に多くなり、競合となる他社が多いからこそ、ネットショップでは売れにくいという意見があるものの、せっかくネットショップを開業するのだから、成功するネットショップを作り上げたいと思いますよね。

ネットショップの運営において、商品名を重視している運営者の方は非常に多いかと思いますが、それと同じくらい「キャッチコピー」も意識しなければならないことをご存知でしょうか。

キャッチコピーとは、ユーザーがそのネットショップ内の商品を「購入したい」という気持ちになるよう後押しするための文章であり、キャッチコピーがあるネットショップとないネットショップでは売り上げも大きく変わってくるのです。

そこで今回は、「キャッチコピー」で商品価値を伝えるテクニックについて、詳しくお話ししていきたいと思います。

成功するネットショップにしたいと思われている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

キャッチコピーで商品価値を伝える

ネットショップで商品やサービスを販売する場合、その商品に「商品説明」を記載しますが、キャッチコピーは商品説明のような詳細な説明ではなく、ユーザーがその商品を利用することでどんな価値を得られることができるのか、ということを端的に伝える文章です。

このように「ユーザーが価値のあるもの」だと判断できるキャッチコピーは、どのように作成すれば良いのでしょうか。

ターゲットとニーズを把握する

キャッチコピーを考案する際、いきなり文章を考えるのではなく、まずは自社商品やサービスの「ターゲット」と「ニーズ」を把握しなければなりません。

主にこの商品を誰が使用するのか、どんな人が必要としているのか、何に困っている人が使用するので、といったターゲットのニーズをしっかりリサーチしていきましょう。

もし商品を購入してもらった方へのアンケートが可能なのであれば、「なぜ購入したのか」「この商品によって何が得られたのか」「この商品を使用するときはどんな気分なのか」ということを問いましょう。

キャッチコピーを考える際には、ユーザー目線にたちユーザーの効果、効能、利益、恩恵を考案しなければなりません。

価格に合った根拠を示す

商品やサービスの価格は、ユーザーがその価格にふさわしいと思える根拠を感じなければなりません。

特にオリジナル商品を販売する場合、プライジングは非常に難しいので、「科学的根拠」「学術的根拠」「物理的根拠」「経験に基づく根拠」「計算やデータ」「数字を示す」ことが大切です。

価格に合った実績を示す

販売価格において、その価格が実勢に合ったプライジングであるか、ということを示す必要があるでしょう。

たとえば極端な例を挙げてみると、趣味で裁縫教室で習っている人が作るTシャツとプロデザイナーが作るTシャツとでは、その価値も価格も違って当然ですよね。

「この商品にはこれほどの価値がある」「信頼がおける」と感じる実績が必要なのです。

「数字による実績」「データ」「資格、免許、賞の受賞歴」「権威のある第三者の推薦」「メディア掲載・出演実績」などが良いでしょう。

よくある質問を掲載する

ユーザーは商品を購入にあたって、何か不安に感じている場合には、その不安要素を解消するための行動を起こします。

この場合、ネットショップ内によくある質問を掲載しておくと、ユーザーはスムーズに不安を解消することができるでしょう。

ネットショップ運営者にとっても、よくある質問を掲載しておくことで、同じような質問対応に時間を取られることがありませんし、問合せ数も削減することが予想されます。

「気付き」を与える

販売者はそのターゲットのニーズを把握していたとしても、そのニーズが潜在的なものである場合は、ターゲット自身がそのニーズに気付いていない、ということもあります。

ですのでキャッチコピーは、ユーザーに「気付き」を与えることも、重要役割なのです。

「なかなか疲れが取れないのは入浴方法にあることをご存知ですか?」
「〇〇のダイエットでは脂肪燃焼効果が100%ではないことを知っていますか?」
「眠る前の1分で、翌日の目覚めが違うって本当?」

このようにキャッチコピーでユーザーに気付きを与えてみましょう。

アフターサービスについて掲載する

ユーザーは、商品やサービスの不安が解消されたとしても、購入後の対応に不安感を持たれる方は多いのです。

特に保障が必要となる商品であれば、購入後何ヶ月まで保証対象であるのか、どんなサポートを受けることができるのか、ということが非常に重要ですので、アフターケアに関して商品ページやご利用ガイドに詳しく記載しておきましょう。

まとめ

以上、「キャッチコピー」で商品価値を伝えるテクニックをご紹介させていただきました。

インターネット上に存在する商品やサービスは多種多様であるからこそ、特別なこだわりがないユーザーは、類似商品であれば良いと考える方が多いので、どこのメーカー商品でも自由に選ぶことができますよね。

自社商品を選ぶ理由は何か、それを使用することでどんなことが得られるのか、というユーザーにとってのメリットを分かりやすく説明しなければならないのです。

ぜひこのテクニックを参考に、ユーザーに商品価値を伝えてくださいね。

まずは気軽に問合せ