サブスクリプション

今後のサブスクリプションビジネスに有効な「カテゴリーイノベーション」とは

ここ数年非常に大きな広がりを見せたビジネスモデルと言えば「サブスクリプションビジネス」が挙げられるでしょう。

企業がサブスクリプションサービスを提供することで、毎月決まった収入を安定的に得ることができますし、今までよりももっと細かな顧客データを得ることができ、人月ビジネスから脱却できる可能性があります。

もちろん消費者にとってもメリットは大きく、一般的に購入するよりもはるかに安いコストで利用でき、さらに気に入らなければすぐに解約できますので、月の出資が一定で安心感があります。

このようにサブスクリプションは、企業と顧客双方に非常に大きなメリットを与えますので、ぜひ導入したいと考えている方も多いのではないでしょうか。

サブスクリプションビジネスを行っていると、「ブランディング戦略が上手くいかない」「競合との争いに疲れてしまった」と感じる方もいらっしゃるかと思います。

サブスクリプション企業が成長するためには、ブランディング戦略は欠かすことができませんので、きっと多くの企業が頭を抱えることですが、そこで今注目されているものが「カテゴリーイノベーション」なのです。

そこで今回は、今後のサブスクリプションビジネスに有効な「カテゴリーイノベーション」とは何か、詳しくお話ししていきたいと思います。

サブスクリプションビジネスに課題を感じている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

カテゴリーイノベーションとは

今、さまざまなビジネス手法を用いて商品やサービスが提供されていますので、どの業種においても「競合」は存在してしまいます。

顧客に自社商品やサービスを選んでもらうには、競合他社との違いを明確にアピールすることが必要となるでしょう。

その競合争いをできるだけ避けるために、企業は「ブランディング」に力を入れるかと思いますが、この企業の成長戦略のためのブランディングに欠かすことのできない概念として「カテゴリーイノベーション」が注目されているのです。

イノベーションとは「技術革新」という意味を持ち、市場でのブランディングカテゴリーを新たに確率することで、よりスマートな企業の成長を目指すことを、カテゴリーイノベーションと言うのです。

サブスクリプションビジネスにおいても、今人気のビジネスだからこそ、このカテゴリーイノベーションは今、注目すべき戦略であると考えられているのです。

ブランディングとは

そもそもブランディングとは何か、意味を理解していますか?

その企業の印象的なロゴやイメージキャンペーン、ハイクオリティを想像させる「ブランド」とは少し意味が異なり、自社ブランドの変えてはならない部分と変えるべき部分を分けて考え、競合他社に敗けず生き残る企業になるにはどのような戦略を考案すれば良いか、ということを確立させていくことをブランディングと言います。

分かりやすく言えば、企業にとっての「自分探し」ということでしょう。

ブランディングは、顧客に期待に応える価値を決める「ブランド提供価値規定」、ブランドの提供価値を社内外問わず発信する「ブランド・コミュニケーション」、マーケティング活動の指針を決める「ブランド・マーケティング」、ブランドの認知度を上げる「ブランド・アクティベーション」、ブランドのマネジメントを行う「ブランド・マネジメント」のステップを踏んで確率させていきます。

ブランドポジショニングとの違いとは

企業がブランディングを行う上で、「ブランドポジショニング」という言葉に出会うかと思いますが、このブランドポジショニングとカテゴリーイノベーションとの違いは何でしょうか。

このブランドポジショニングは、企業のブランドカテゴリを位置づけ、さらに競合他社との明確な違いを、顧客にしっかり理解してもらう方法でありますので、非常に重要です。

同じような意味であると認識される方も多いかもしれませんが、この二つは少し意味が異なります。

カテゴリーイノベーションは、何よりも「カテゴリーの革新」という意味であり、それこそ目的とされています。

つまり、まずは新たなカテゴリーをカテゴリーイノベーションで確立し、その後に顧客に違いを伝えアピールするために、ブランドポジショニングの戦略を立てる、という流れこそ、理想的なブランディングなのです。

まとめ

以上、今後のサブスクリプションビジネスに有効な「カテゴリーイノベーション」についてお話しさせていただきました。

サブスクリプションビジネスではこの、カテゴリーイノベーションが必要だと感じる機会は非常に多く、正しく企業ブランディングを行うためには必要不可欠のものであると考えられています。

もし今、サブスクリプションビジネスを行う上でブランディングでお悩みを持たれている方は、ぜひこの機会に「カテゴリーイノベーション」の意味を正しく理解し、ビジネスに有効活用してくださいね。

まずは気軽に問合せ