単品リピート通販

チャネルっていったい何?単品リピート通販においてのチャネルの意味について解説します!

マーケティングを行う上で、重要となる言葉にチャネルと言う言葉があります。

この言葉は、マーケティングを成功させるために重要な役割を担っていますが、さまざまな意味を持つため、その意味を正しく理解することが重要です。

そこで今回の記事では、チャネルの意味について説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

チャネルとは?

チャネルとは、英語ではChannelと表記され、本来は水管、水路、水の流れと言った意味を持ちます。

現在では、本来の意味のほかに大きく3つの意味合いで使用され、1つはチャンネルや周波数と言う意味、2つ目は情報などの伝達経路、道筋、通路、ルートと言う意味、3つ目は手段や方法、活動分野と言うような意味があります。

マーケティングにおいては、2つ目の伝達経路や3つ目の手段や方法と言った意味合いで使用されており、マーケティングチャネルとも呼ばれています。

マーケティングチャネルの種類

マーケティングチャネルは、販売チャネル、流通チャネル、コミュニケーションチャネルと言う3種類に分けることができ、それぞれ異なる役割を持ちます。

販売チャネルは、商品やサービスを販売する経路、方法、場所と言う3つの意味があり、商品を販売をするための経路のことでもあり、販売するための方法でもあり、実際に商品を購入する場所のことでもあるため、文脈によって意味を読み取ることが必要です。

具体的に言うと、販売経路の意味で使用する場合、企業→仲介業者→小売業者、企業→ECサイトと言うような販売経路全体のことを表し、販売場所の意味合いで使用する場合、小売業者やECサイトのことを表しています。

全く同じ言葉でも、意味が異なるため注意が必要です。

流通チャネルとは、商品を流通する方法のことであり、商品を販売する側から購入者へ移動させるための手段のことを指します。

具体的に言うと、配送業者などの物流、商品が購入者の手に渡るまでに経由する卸売りや小売りなど、商品の流通にかかわる販売経路全体のことを表しています。

コミュニケーションチャネルとは、情報が伝わる経路、企業と消費者がコミュニケーションをとる経路、場所のことであり、商品やサービスを消費者に認知してもらうための宣伝手段、消費者から企業に意見を伝える経路のことを表しています。

具体的には、メールやダイレクトメール、SNS、4大メディア(テレビ、ラジオ、新聞、雑誌)広告、WEBサイト、WEB広告などがこれに当たります。

上記のように、マーケティングチャネルには3種類あり、この中から必要なものを選択し、組み合わせながら施策を行っていきます。

チャネルを選択する際に注意しなければならないのが、まず先にマーケティングにおけるターゲットの設定を行うということです。

設定されたターゲットに合わせて、チャネルを選択することが重要なのです。

ターゲットの設定は、自社の商品やサービスを正しく理解し、そのうえで行います。

そして、設定されたターゲットの嗜好や関心、ライフスタイルなどの情報を詳細に分析し、それに合わせてチャネルを選択していくのです。

チャネルは、販売者である企業と購入者である消費者とをつなぐ、重要な役割を担っています。

商品を確実に消費者に届けられるよう、その状況に最適なチャネルを選択することが重要なのです。

オムニチャネルとは?

マーケティングチャネルには、上記のような種類がありますが、近年インターネットの普及によって、消費者が仲介業者などを通さず、直接企業やメーカーから商品を購入できるようになり、チャネルが簡略化されてきています。

この状況の中で、マーケティングにおいて主流となってきているのがオムニチャネルと言う概念です。

これは、実店舗やECサイトと言った販売チャネル、メディアやSNSと言ったコミュニケーションチャネルをまとめて連携させ、総合的なチャネルを構築し、あらゆる状況において消費者と接点を持つという考え方であり、マーケティングの戦略です。

簡単に言うと、販売チャネルのようにどこで何を売るのかと言ったことではなく、誰にどのように商品を購入してもらうかと言う視点で、消費者との接点を作り出していくマーケティングの手法になります。

従来は、チャネルごとに区別をして戦略を立てていましたが、オムニチャネルでは、そういった区別をせず、実店舗でもECサイトでも通用する戦略を立てていくのです。

自社商品において構築していく場合にも、前述のように、自社の商品やサービスを理解したうえで、ターゲットを設定し、そのターゲットを分析し、それに合わせて最適なチャネルを選択することが大切です。

そして、これからのマーケティングチャネルは、消費者同士が活発にコミュニケーションをとることができるSNSの活用が最も効果的です。

特に、SNSの中で、多大な影響力を持つインフルエンサーを活用したマーケティングも重要となっています。

まとめ

チャネルとは、元々複数の意味を持つ言葉であり、マーケティングにおいても様々な意味合いで使用されています。

うまく活用していくためには、まずその意味を正しく理解することが大切です。

そして、自社の商品やサービスにはどのチャネルが必要なのかを考え、最適な選択をすることが重要となります。

まずは気軽に問合せ