単品リピート通販

これでは売れない!見れば分かる売れない単品リピート通販のネットショップ!

ネットショップは数多くありますが、全てのショップが売れているわけではなく、その中には売れていないネットショップも存在します。

そういった売れていないネットショップの多くは、一度訪れただけで、売れていない理由が分かる大きな特徴があります。

そこで今回の記事では、見れば分かる売れないネットショップについて説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

一目でわかる売れないネットショップとは?

ネットショップを運営しているのであれば、商品を売って売り上げを上げたいと考えているはずですが、本当に売る気があるのだろうか?と思うようなネットショップも実際に存在します。

そういったショップは、サイトのトップページを見ただけで、このショップで購入しても大丈夫だろうか?と不安感を抱かせます。

実店舗でも、ショップの店構えが汚いだけで、入るのを止めてしまうと言うことがありますし、実際に入店してみてもショップの中が汚れていたり、整頓されていなかったりすると何かを購入しようと言う気持ちはなくなってしまいます。

これはネットショップであっても同様で、初めて訪れたショップのトップページが分かりにくい、ごちゃごちゃしていると言ったことで、ユーザーは簡単に離脱してしまうのです。

売れないネットショップは分かりにくい!

このようなネットショップにはいくつかの特徴があり、まず挙げられるのが、ユーザーにとって「分かりにくい」と言うことです。

この分かりにくいの中には、サイトの設計自体が分かりにくい、文字が小さすぎる、画像が見にくい、商品の説明が少ない、運営者の情報がない、送料や決済方法などが分かりにくいと言ったことが含まれています。

ネットショップは、インターネット上に数多くあり、その中には、購入意欲をわかせる優良なショップも沢山あります。

また、欲しい商品があったとしても、同じ商品を取り扱っているショップは他にもあり、似たような商品も数多く存在しています。

そのため、ショップに少しでも不安な点や不便な点があれば、ユーザーはすぐに他のショップに移行してしまいます。

分かりにくいネットショップは、せっかく訪れてくれたユーザーをみすみす逃がしているのです。

売れるためには分かりやすくすることが大切!

以上のように、サイトが分かりにくいショップは商品が売れないショップであると言うことですから、売れるショップになるためには、サイトを分かりやすくすることが必要になる訳です。

この分かりやすいと言うのは、ショップ側にとってではなく、あくまでもユーザーの目線に立ち、分かりやすく、使いやすい、購入したくなるようなサイトにすることが重要なのです。

見た目に分かりやすくする!

分かりやすいショップにするために、まず重要なのは、ユーザーがサイトを訪れた時に一目で何のショップなのか、どういった商品がおすすめなのか分かるようにすることです。

サイトのデザインにこだわり、斬新なデザインや奇抜なデザインを取り入れると言うことではなく、あくまでもショップの主役である商品を分かりやすくレイアウトすることが大切です。

また、近年高齢化が加速し、ネットショップの利用者にも高齢世代が増えてきていることから、文字サイズが小さいと読めないと言うことが予想されます。

これからますます高齢世代の利用者が増えることを考慮すると、サイト上の文字は読みやすい大きめのサイズに設定する必要があります。

さらに、商品を売るためには、画像も重要となります。売れないネットショップでは、画像が暗く、鮮明でないことが良くありますが、そのような商品が良く分からない画像を見て、購入したいと思うユーザーはなかなかいません。

ネットショップでは、実際に手に取って確認できない分、しっかりと商品を確認できる画像を表示する必要があります。

可能な限り鮮明な画像で、様々なアングルから商品を撮影した画像を複数枚掲載し購入に繋げていくことが大切です。

情報を分かりやすく表示する!

以上のように見た目で分かりやすいことも重要ですが、必要な情報をすぐに分かるように表示することも必要です。

ユーザーがショップに求める必要な情報とは、送料や決済方法の種類、サイトの運営者の情報、運営者の画像、セキュリティ対策などで、これらが明確に表示されていないサイトでは、ユーザーは不安を覚え、購入に至らないことも良くあることです。

ユーザーに安心感を与えるには、ユーザーの分かりやすい場所に目立つように表示することが大切です。

また、商品に関する情報も詳しく掲載する必要があります。スーパーなどでも購入できる一般的な日用品や、性能が明確にされている家電などは簡単な説明でも十分ですが、販売している商品がオリジナルであったり、食品などであったりする場合は、商品の説明は非常に重要です。

使用されている材料や食材などもしっかりと明記することで、ユーザーに安心感を与え、購入に繋げていくことが可能となります。

まとめ

売れていないネットショップは、サイトがユーザーにとって分かりにくく、使いにくいと言う大きな特徴があります。

このような状態では、もし集客によってユーザーが訪れたとしても、購入するどころか、すぐに逃げられてしまいます。

商品を売りたいのであれば、購入するユーザーの目線に立ち、ユーザーに安心感を与え、使いやすいサイトを作ることが大切なのです。

まずは気軽に問合せ