サブスクリプション

今急成長!育児中女性をターゲットにしたサブスクリプション

今、サブスクリプションサービスの需要が高まりつつあります。

ここ数年で消費者の購入意識が大きく変わり、モノを購入するよりも体験することにお金を払うことに価値を感じる方が非常に多くなってきています。

特にデジタル商品を展開しているサブスクリプションサービスは、次々に成功を納めていますよね。

大手企業も次から次へとサブスクリプションの導入を開始していますので、自社企業でもサブスクリプションの展開を検討されている方も多いのではないでしょうか。

サブスクリプションサービスを展開する上で、非常に重要になるのが、ターゲット層の設定です。

ターゲットを設定し、そのターゲット先に的確にアプローチし、商品やサービスを提供することで、サブスクリプションサービスそのものに愛着を持ってもらい、自社企業のファンになってもらことで、より長くサブスクリプションサービスを利用し続けてもらうことができるのです。

企業としても長く利用し続けてもらうことができれば、安定した収益を得ることができますので、非常にメリットが大きいと言えるでしょう。

そこで今回は、今急成長中の育児中女性をターゲットにしたサブスクリプションサービスについてお話ししていきたいと思います。

サブスクリプションビジネスにご興味を持たれている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

育児中女性ユーザーが増加している

サブスクリプションとして動画を提供している主要企業のユーザーは、ここ数年でかなりの女性ユーザーが増加していることが分かります。

Amazon primeやGYAO!の女性ユーザー推移を見ると、ここ2年で220%以上も増えており、急成長を果たしているのです。

もちろん、男性ユーザーも増加しているのですが、それでもこの動画サブスクリプションの成長を牽引しているのは女性ユーザーであると言えるでしょう。

なぜここまで女性ユーザーが増加傾向にあるのか、それには「子供向けコンテンツ」が非常に重要なキーワードになっています。

数年前までであれば、未婚ユーザーが多かったNetflixですが、直近2年では既婚ユーザー率が大幅に増え、ユーザー層に変化が見られているのです。

その理由は、子供向けコンテンツを豊富に提供し、子供のいるユーザーの獲得を目的としていることが分かります。

ほとんどの動画サブスクリプションでは、子供がいないユーザーの増加率を子供がいるユーザーの増加率が上回っていますので、今後は子供の支持も大きな分かれ道になることでしょう。

サブスクリプション専業では苦戦する

動画サブスクリプションとして非常に人気の高い、Amazon primeは、現状常に独走状態にあります。

次いでGYAO!が幅広い顧客層を武器に、Amazon primeの後を追うような構図になっているのですが、サブスクリプション専業では少し難しいことがあるでしょう。

HuluやNetflixのような、動画サブスクリプション専業では、利用料金が高いこと自体がハードルになっていることが考えられますし、動画以外の目的用途に応えられることもありません。

つまり、サブスクリプション専業であればこの競争に勝つことは少し難しいのではないかと予想されるのです。

Yahoo!経済圏の現状

サブスクリプションビジネスを成功させるには、価格競争に勝ち抜くことはもちろん、コンテンツ内容の豊富さも非常に重要なポイントになるでしょう。

BtoC事業に成功しているAmazonは、ECサイトを核にしたAmazon経済圏が確率されている戦略が非常に強いですよね。

Amazon prime VideoやAmazon prime Musicなどを利用しているユーザーの約8割は、Amazonショッピングを利用していますので、非常に高い比率であることがわかります。

プライム会員であれば、Amazonが提供するサブスクリプションサービスを利用開始するためのハードルが高くはありませんので、市場を独走する理由になっていることでしょう。

Amazon経済圏ほどの囲い込み効果はまだないものの、今Yahoo!も同じような戦略を考案しています。

PayPayやYahoo!ショッピングを併用することで、サブスクリプションサービスの利用に関するハードルを低く抑えることで、より幅広い顧客層をターゲットとすることができるでしょう。

Amazon primeこそ、一強な動画サブスクリプション市場ではありますが、サブスクリプション市場としては拡大路線にありますので、今後さらに継続して上昇し続けることが予想されるでしょう。

まとめ

以上、今急成長中の育児中女性をターゲットにしたサブスクリプションサービスをご紹介させていただきました。

育児中の女性が動画サブスクリプションの成長ドライバーとなり、大手企業が着々とその市場を拡大し続けているのです。

サブスクリプションビジネスにご興味のある方は、ぜひこのような動向をしっかり把握し、競合に打ち勝つ戦略を考案してくださいね。

まずは気軽に問合せ