サブスクリプション

サブスクは顧客を獲得してからがスタートである!

サブスクリプションは、現在一般の消費者にも広く認知され、もはや日常生活に定着しつつあるサービスです。

ビジネスとしても、安定した収益が得られるとして注目度が高く、多くの企業がサブスクビジネスに関心を示しています。

しかし、サブスクは従来とは大きく異なる考え方を必要とするビジネスです。

顧客との関係を継続していくことが最も重要なことであると考え、顧客と契約を交わしてからがビジネスのスタートと考えるのです。

この点を理解していなくては、サブスクビジネスが成功することはないのです。

そこで今回の記事では、サブスクビジネスにおける顧客との関係性について説明したいと思います。

サブスクは顧客との関係性を重視するビジネス!

サブスクリプションビジネスは、今では日本の市場に定着しつつありますが、その全てがサブスクリプションというビジネスを正しく理解しているとは考えられません。

中には、従来の仕組みのまま名前だけを変えたようなビジネスも多く見受けられるのです。

サブスクリプション(サブスク)は、その仕組みだけでなく考え方も、従来とは大きく異なります。

その点を正しく理解していなくては、サブスクとしてだけではなく、ビジネスとして成功できる事はありません。

従来のビジネスが通用しなくなった為に、サブスクビジネスへ転換を図っているにもかかわらず、その中身が変わらないのでは成功するわけがないのです。

サブスクとは、商品やサービスの購入に対し、契約期間に応じて料金を支払う仕組みであり、基本的には、月額制、年額制の定額制のビジネスモデルとなります。

このサブスクが、従来とは異なるのが、商品やサービスを購入後も顧客との関係性が継続されるということです。

従来の売り切り型モデルでは、商品やサービスを売ってしまえば、その関係はそこで終わりとなっていました。

しかし、サブスクは商品やサービスを売った後が重要であり、そこからがビジネスのスタートであると考えるのです。

サブスクは、安定した収益を上げることができるビジネスであり、これを目的としてビジネスを転換するケースもあるようですが、この考えでは、サブスクビジネスを成功させることはできません。

現在では、サブスクモデルだけではなく、ビジネス全体において、顧客との関係性を構築することを重視するという考えが浸透してきています。

この考えを理解することができなければ、サブスクに限らず、ビジネスとして成功することはできないのです。

顧客を理解し、コミュニケーションをとることが重要!

サブスクサービスを提供する企業は、商品を購入する消費者を顧客とみなして、長期的に友好な関係を続けていけるように努めていくことが重要となります。

そのために、顧客がどんな人物であり、どのような嗜好を持ち、どのような商品を購入するのか、どのような商品を必要としているのかといったことを深く理解する必要があるのです。

サブスクでは、自社で取り扱う商品やサービスよりも、まず第一に顧客の事を考えることが重要なのです。

実際に、サブスクビジネスで成功を収めている動画配信大手のNetflixは、ただ単に動画を配信しているわけではありません。

顧客一人一人の嗜好や関心を徹底的に追求し、それを理解したうえで、その顧客が求める動画を配信しているのです。

目先の利益ではなく、顧客一人一人のデータに基づいた分析を行い、そのデータを活用して顧客が求めるサービスを提供していくことが大切なのです。

このデータに基づく顧客とのコミュニケーションは、どのビジネスにおいても重要視されており、特にこの点で評価が高いのがApple社です。

Apple社では、顧客の個々のIDに対して、詳細な分析を行い、その顧客のニーズを割り出すのです。

そして、それを基に顧客が必要としているアップグレード機能などを提案しているのです。

このアップグレード機能は有料ではありますが、その顧客にとっては必要となる機能であり、顧客は自身のことを理解してくれている事を喜び、この提案を受け入れるわけです。

これは、コミュニケーション戦略と呼ばれ、多くの企業が取り入れている戦略です。

顧客との関係性を重視するサブスクにおいても、このコミュニケーション戦略は重要であり、欠かせない要素となるのです。

しかし、現在展開しているサブスクビジネスの中には、これを実施していないケースも多く見受けられます。

この戦略を重要視していない企業もありますが、多くは、社内のリソースが不足しており、実施したくてもできないというケースが多いようです。

しかし、このコミュニケーション戦略ができなければ、サブスクビジネスが成功することはありません。

サブスクへのビジネスの転換を考えているのであれば、まずこのコミュニケーション戦略が実施できる環境を整えることが重要なのです。

まとめ

サブスクビジネスは、もはや大流行と言っても良いような状況となっていますが、その中には、サブスクの本質からかけ離れたビジネスを行っている企業も存在しています。

サブスクの基本となるのは、その仕組みだけではなく、顧客のために、顧客が求めるサービスを提供するということです。

従来型のビジネスのように、顧客を獲得すればよいわけではないのです。

顧客を獲得し、そこから顧客との関係性を構築し、それを継続してくことが重要なのであり、そのためにあらゆる手立てを打つのがサブスクビジネスにとって重要なこととなるのです。

  • おすすめの投稿がありません
まずは気軽に問合せ