サブスクリプション

顧客がサブスクに求めるのは?悩みを解決してくれること!

サブスクリプションサービスは、近年著しく成長し、コロナ禍においても、その成長は続いています。

そして、この成長は今後も続くことが予想されていますが、市場が拡大化すれば競争も激化していきます。

その中で、顧客からの支持を得続けるためには、差別化が重要であり、その差別化に必要となるのが顧客の悩みを解決すると言うキーワードなのです。

そこで今回の記事では、今後のサブスクに重要な悩み解決とは何かについて説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

コロナ禍がサブスクに与える影響

サブスクリプションビジネスは、このコロナ禍においてもおおむね好調を維持していると言われています。

そもそもサブスクビジネスは、基本的に定額課金、従量課金のビジネスモデルであるため、新規の契約が減ったとしても、解約が増えなければ収益を得ることが可能です。

そのため、飲食店など消費者が足を運んでくれなければ売り上げが発生しない店舗型のビジネスとは異なり、売り上げが突然なくなるということは考えられないのです。

また、サブスクがコロナ禍でも好調な理由は、それだけではありません。

サブスクはデジタルで完結できるサービスが多く、自宅に居ながらにしてサービスを楽しむことができるということも理由の一つです。

特に、外出自粛の影響で伸びているのが、サブスクの代表的なサービスである、動画配信や音楽配信などの配信サービスです。

さらに、サブスクには、食品やスイーツなどから日用品や雑貨、インテリア、花なまで、自宅での時間を充実させることのできるサービスが揃っています。

コロナ禍で自宅で過ごす時間が増えたことで、これらのサービスに注目が集まっているのです。

この状況はコロナが終息した後も続くと予想されており、これらの商材の需要は今後も増えていくと考えられています。

そして、通常であれば、店舗を訪れこれらの商材を購入していた消費者も、サブスクに流入しています。

今後は、店舗の顧客であった消費者が、サブスクの顧客となり、サブスクを利用することが一般的となっていくものと予想されます。

これからのサブスクに必要な悩み解決とは何か?

このように、サブスクはコロナ禍においてもマイナスの影響を受けることなく、今後も成長が望めるビジネスなのです。

そして、そのためサブスクに参入する企業が後を絶たないのです。

しかし、いくら利用者が増えていても、サービスが増えれば、それだけサービス間の競争も激しくなります。

現在収益を上げているサービスであっても、似たようなサービスが増えれば、顧客を奪われる可能性も高くなるのです。

そうならないためには、新規の顧客の獲得も大切ですが、現在サービスを利用してくれている既存の顧客の維持が重要となります。

サブスクは、そもそもサービスを継続して利用してもらうことで収益を上げていくビジネスですから、顧客を獲得したら、その顧客にできる限り長くサービスを利用してもらうことが必要なのです。

そして、顧客に継続して利用してもらうために重要となるのが、顧客がサブスクと言うサービスに何を求めているのかを考えることです。

サブスクは、前述のように、継続して利用してもらうことが必要となるビジネスです。

それ故に、企業は収益の安定と言うメリットを得ることができるわけです。

しかし、これは、顧客側から見れば、継続して利用し続けなければいけないと言うデメリットにもなります。

このデメリットのために、サービスの利用を避けている消費者も存在しているのです。

そのため、顧客のこのような不安を取り除き、このデメリットを上回るメリットを提供することが必要なのです。

そして、そのメリットと言うのが、顧客に寄り添い、顧客の悩みを解決するサービスを提供することです。

顧客が現在どのような悩みを抱えていて、それを解決するために何が必要なのかを考えて行くことが、今後のサブスクに求められているのです。

では、具体的に何をすればよいのかと言うと、顧客と深くコミュニケーションをとり、顧客の情報を収集し、そのデータを基に、顧客一人一人に合わせた商品やサービスを用意するといった、顧客に寄り添うサービスを提供するのです。

そして、これはサブスクビジネスを続ける限り、続けていかなくてはなりません。

悩みを解決するためにサービスを提供するわけですから、利用するごとに顧客の悩みも変化していきます。

一人の顧客が同じ悩みを常に抱えているわけではないのです。

そのため、その悩み事に提供するサービスの内容も変化させていかなくてはならないのです。

まとめ

サブスクビジネスは、他のビジネスが軒並み苦境に立たされているこのコロナ禍においても、好調を維持しているサービスが多いとされています。

そのため、他のビジネスからの転換も今後増加することが予想され、今後ますますサブスクサービスが増えていくものと考えられています。

しかし競合が増えれば、顧客の奪い合いとなるのは当然のことであり、その中で勝ち抜くためには、競合との明確な差別化が重要なのです。

そして、その差別化に必要となるのが、今回説明した顧客の悩みを解決するサービスを提供していくことであり、それを継続していくことなのです。

  • おすすめの投稿がありません
まずは気軽に問合せ