D2C

D2Cは顧客体験の価値を高めていくことが大切!

D2Cは現在広く普及しているビジネスモデルですが、成功しているD2Cブランドはそれほど多くありません。

従来型のビジネスと比較しても、D2Cは簡単なビジネスではなく、特にマーケティングが従来よりも難しいと言われています。

その理由は、D2Cのマーケティングは顧客の体験を重要視するものであり、従来型のマーケティングとは大きく異なるためです。

そこで今回の記事では、D2Cマーケティングにおける顧客体験について説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

D2Cと従来型のマーケティングの違いとは?

D2Cとは、Direct to Comsumerの略称で、自社で商品の企画から販売までを一貫して行い、言葉の通り、消費者に商品を直接販売することができる仕組みのビジネスモデルです。

このD2Cモデルはアメリカで誕生し、今では世界中で注目を集めていますが、このビジネスがここまで注目されたのは、消費者と直接繋がることができるビジネスであるからです。

しかし、これまでのビジネスにも、消費者に直接商品を販売する仕組みのビジネスは存在しましたし、自社ECで販売している場合やSNSを利用している場合には、消費者と直接繋がることは可能でした。

それでも、このビジネスがこれほど注目されるのは、従来型のビジネスとは、どこを軸としてマーケティングを行うのかという点で大きく異なるからなのです。

従来型のビジネスでは、企業は、まず商品を作り出し、その商品をどのように消費者に広く認知させ、どのように売り出していくかを考えていくのがマーケティングの主流でした。

すなわち、従来のマーケティングは、まず商品ありきの考えであり、その商品を消費者に購入してもらうことだけを目的としていたのです。

従って、消費者との関係は商品を売った時点で終わりとなり、消費者が商品をどのように利用しているのかと言ったことには全く関知していませんでした。

一方、D2Cビジネスが重きを置くのは、商品を売ることだけではなく、商品を購入してくれた消費者にどのような体験を与えることができるかと言うことです。

もちろん、D2Cにおいても、商品を購入してもらうことは重要であり、それに対するマーケティングも行います。

しかし、D2Cでは、商品を購入した後に、自社の商品によって消費者がどのような体験をすることができるのかを最重要視し、その商品体験をフォローしていくことが大切であると考えるのです。

つまり、商品を売った後も消費者との繋がりを持ち、商品の体験を共有していくのです。

D2Cは商品体験がマーケティングの要!

現在は、従来型のビジネスでは、商品を売ることができなくなっています。

そのため、この商品体験の重要性が高まってきているのです。

そして、それに最も適したビジネスがこのD2Cと言うビジネスなのです。

D2Cにおいて、購入してくれた消費者に喜んでもらえる体験を作りだすことで、消費者の満足度は向上しますし、それによって、再度購入してくれる可能性も高くなります。

さらに、その商品体験をフォローしていくことにより、商品やサービスに関する消費者の声を直接聞くことが可能となり、そのフィードバックを、商品やサービスの改善、新しい商品の開発、マーケティングの改善などに繋げていくことができるようになるのです。

そして、それもまた結果として、消費者の満足度の向上、リピート購入に繋がっていくのです。

つまり、従来型のマーケティングでは、新規顧客獲得に重きを置いていましたが、D2Cでは、商品購入後の商品体験も重視したマーケティングを展開することにより、新規獲得にも既存の顧客の維持にも繋げていくことができるのです。

SNSを効果的に活用し商品体験を発信する!

このように、D2Cでは、消費者の商品購入後の商品体験が重要となりますが、商品体験をしてもらうためには、先ほども触れたように、商品の認知度を上げ、商品を購入してもらうことも重要です。

どれほど性能が良い商品であっても、ビジュアルが良い商品であっても、それでだけでは購入には繋げることはできないのです。

商品を購入してもらうためには、その商品が消費者の生活にどのような影響を与えるかを、消費者に明確に分かりやすく伝えなくてはなりません。

消費者の生活が、その商品によってどのように変化し、その商品のある生活が消費者にどのような価値をもたらすかを訴求していくことが必要なのです。

そして、これに最も有効となるのがSNSであり、特にビジュアルに特化したInstaglamやYouTubeが最適です。

実際に、その商品のある生活を画像や動画で広めることで、その価値を分かりやすく伝えることが可能となり、新規購入に繋がっていくのです。

さらに、新規購入が増えることで、購入後の生活をSNSに投稿してくれる消費者も増えていき、それがさらに新規購入に繋がります。

SNSを上手く利用することにより、このような好循環が生まれ、商品を利用している消費者同士でのつながりも生まれるのです。

このように、商品体験を重視したマーケティングを行うには、SNSの活用が重要となるのです。

まとめ

D2Cがマーケティングを行う上で、最も重要視するのが、今回説明した顧客体験であり、その体験を共有するために、商品の購入後も顧客を積極的に繋がっていく必要があります。

これは、従来の売り切り型ビジネスでは考えられないことです。

そのため、従来型からD2Cにビジネスを転換する場合に、上手く切り替えが行えないケースが多いのです。

これまで、商品を売ることだけを考え、マーケティングを行っていた企業にとって、商品を売った後も顧客と繋がり、商品の体験を共有していくと言うのは非常に難しいことなのです。

しかし、現在の市場の流れから、顧客体験は重視しなければならないことであるため、まず、考え方を切り替えることが必要となるのです。

まずは気軽に問合せ