サブスクリプション

クラウドサービスを発展させるサブスクリプションサービス

今、IT業界を中心に非常に注目を集めているビジネスモデルと言えば、「サブスクリプション」が思い浮かぶことでしょう。

サブスクリプションの意味は、元は新聞や雑誌の「定期購読」という意味で使われており、昔からあったビジネスモデルです。

ですが、最近の時代背景から、顧客はモノやサービスそのものに料金を支払うのではなく、それらを一定期間利用できる「権利」に対して料金を支払うことに価値を感じるようになり、今このサブスクリプションが特に普及しているのです。

顧客のニーズに上手く応え続け、いかに長く、そしてずっとお得に、便利に商品やサービスを利用してもらえるか、ということを考案していかなければならないビジネスです。

上手く成功すれば、顧客と企業共に非常に大きなメリットがあるので、注目されている企業も多いことでしょう。

継続的に顧客との良好な関係を保ちながらサービスを提供し、そして顧客満足度を向上させることで、確実な利益が確保できるということで、非常に大きな発展をしていますが、そんなサブスクリプションサービスはクラウドサービスのさらなる発展にも繋がっているのです。

そこで今回は、クラウドサービスを発展させるサブスクリプションサービスについて、詳しくお話ししていきたいと思います。

クラウドサービスでのサブスクリプションにご興味がある方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

クラウドサービスとは

まずはクラウドサービスについて、ご説明していきましょう。

クラウドサービスは、2010年から主流になってきたサービスであり、企業内でサーバーを持たずに、インターネットを経由して外部サーバーへのアクセスを可能にすることで、どんな端末であってもソフトウェアを利用することができるサービスです。

たとえば、2000年代であれば、企業内サーバーにソフトウェアをインストールし、サービスを利用することが主流であり、代表的な例は「windows」が挙げられるでしょう。

パソコン内のwindowsをインストールしなければ、業務に必要なExcelやWordを使用することができませんでした。

ですが、クラウドサービスであれば企業内でサーバーを保管し、運用することでコストを削減し、他のサービスとの連携や更新が簡単にできるのです。

ですので、オンライン上でサービスを提供しやすくなったため、多くのクラウドサービスがどんどん出現してきているのです。

そして、このクラウドサービスは、サブスクリプションと非常に相性が良いと言われているのです。

なぜサブスクリプションサービスはクラウドサービスを発展させるのか

オンラインで完結するため、サービスの利便性が良い

クラウドサービスは、オンライン上でサービスを提供するため、初期費用をかなり抑えることができます。

また、導入しやすいことも特徴のひとつですね。

顧客に継続してサービスを利用してもらうので、利用料金を請求していくという形が最も適しているのです。

アップセルが可能

サブスクリプションサービスを提供する上で、顧客にアップセルのためのアプローチをすることは欠かせません。

クラウドサービスを用いることで、このアップセルの効果にも期待することができます。

クラウドサービスは、さまざまなアップデートにも対応しており、機能拡張の場合でも、送れることなく瞬時に顧客に提供することができるので、長期利用顧客に対しての追加機能の販促活動が行いやすいのです。

そして、顧客の利用料金の支払いはクレジットカードや口座振替多いため、機能拡張を行うことができるので、顧客の手間を省くことができるのです。

このように、顧客目線に立った行動をすることができるので、アップセルを可能にし、売り上げの向上を狙うことができるのです。

顧客との関係性を深めることができる

サブスクリプションサービスは、上記で説明したアップセルのための行動を通して、顧客ひとりひとりとの関係性を深めることができるのです。

より売り上げを向上させるために、より良いサブスクリプション利用方法の案内やサポートなどを行うことも可能です。

ひとりひとりのニーズを聞きだし提供していくことで、顧客満足度を上げ、さらにサブスクリプションサービスの規模を拡大させることができます。

まとめ

以上、クラウドサービスを発展させるサブスクリプションサービスについて、お話させていただきました。

サブスクリプションサービスとクラウドサービスの相性が非常に良いことがお分かりいただけたでしょうか。

ビジネス形態を問わないサブスクリプションモデルであるため、クラウドサービスを有効的に用いることで、更なる売り上げ向上を目指すことができ、大きなビジネス展開に繋がります。

サブスクリプションビジネスの導入を検討されている方は、ぜひこのような知識もしっかり得てくださいね。

まずは気軽に問合せ