単品リピート通販

単品リピート通販において共起語を活用するには?正しく理解することが重要!

現在のマーケティング市場では、コンテンツマーケティングが主流となっています。

そして、このコンテンツマーケティングを行う上で、よく聞かれる言葉に共起語と言う言葉があります。

これは、コンテンツのSEO対策において重要な要素であり、正しく理解し活用していくことが大切です。

そこで今回の記事では、共起語について説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

共起語とは?

共起語とは、特定のキーワードを使用する際に、そこに現れるキーワードのことを指します。

具体的に言うと、Aと言うキーワードに対して、強い関連性があり、一緒に用いられることが多い単語のことであり、キーワードAの周囲に頻繁に表れる単語のことです。

そして、この単語は一つではなく、複数の単語が存在します。

仮に、キーワードAを桜とした場合、花見、特集、見頃情報、歌詞と言うような言葉が共起語となります。

関連語との違い

共起語とよく似た言葉に関連語と言う言葉があります。

これは、サジェストキーワードとも呼ばれ、キーワードAが検索される際に、合わせて検索されることの多いキーワードのことを指します。

サジェストキーワードは、ユーザーが検索エンジンで検索を行った際に、検索窓の下に検索候補として表示されます。

例えば、花見と言うキーワードでは、花見2020、花見スポットなどが候補として表示されます。

ただしこれは、基本的にキーワードAの意味を広げたものであり、必ずキーワードAが含まれるため、共起語とは異なります。

共起語はあくまでもキーワードに関連した別の言葉のことを指し、また、同じ意味合いの言葉も含まれないのです。

SEOにおける重要性

この共起語は、SEOの観点から見た場合、対策しているキーワードAで検索を行った際に、検索結果で上位に表示されるコンテンツの中に多く含まれている単語のことを指します。

すなわち、共起語を含むコンテンツを作成することが、SEO対策にも効果的であるということになります。

現在の検索エンジンでは、ユーザーの悩みや疑問を解消できる情報を提供するコンテンツを高く評価する傾向があります。

そして、ユーザーはその悩みや疑問をキーワードと言う形で検索します。

例えば、花粉症に悩んでいる場合には、「花粉症 対策」と言うように検索するわけです。

しかし、検索エンジンには、そのキーワードに対する知識はないですので、キーワードの周囲に適度に共起語が含まれているかどうかでコンテンツの有益性を測るのです。

Googleが情報収集のために活用しているクローラーは、あくまでも情報収集プログラムであり、決められた働きしか行うことはできません。

つまり、人間的な感情や深い意味を読み取ることはできないため、文章の内容を正確に理解することは難しいのです。

Googleでは、この点を改善できるよう、クローラの機能を日々進化させていますが、文章の書き方によっては理解が難しいケースが多くあります。

この点を補うのが共起語であり、この言葉を利用することにより、クローラーはコンテンツの内容をうまく読み取っているのです。

従って、共起語を適切にコンテンツに含ませていけば、クローラーにコンテンツの正確な内容をアピールすることができますので、その結果、専門性が高く、ユーザーに有益なコンテンツであると判断される可能性が高くなるのです。

反対から言うと、この言葉が含まれていないコンテンツは、検索エンジンから評価を得ることができないということになります。

以上のように、共起語は、Googleが特定のサイトを評価する際の重要な判断材料の一つとなっており、コンテンツ内に適切に使用することで、検索結果の表示順位を上げることが可能となります。

しかし、コンテンツの内容に関係なく無闇に含ませるのは、逆効果になる可能性もあります。

そもそも、共起語とは、質の高いコンテンツを作成していれば、意識していなくても、おのずとコンテンツの中に含まれていくものなのです。

つまり、的確なターゲティングを行い、そのターゲットに合わせて適切なコンテンツを作成していけば、共起語が適度に含まれた質の高いコンテンツが出来上がり、検索エンジンからの評価を得ることもできるのです。

この言葉は、重要な要素ではありますが、意識しすぎてしまうと上手く活用することができなくなりますので注意が必要です。

まとめ

今回説明したように、共起語は、検索エンジンの評価得るために、非常に重要な要素となります。

しかし、無理に共起語をコンテンツに含ませるというのは問題があります。

共起語は、質の高いコンテンツには自然に含まれていくものであり、無闇に付け加えるものではないのです。

検索エンジンから高い評価を得るためには、あくまでも、適切に、自然な形でコンテンツに含まれていることが前提となるのです。

ただし、作成したコンテンツに共起語が含まれているかを確認することは必要ですので、検索結果や無料のツールなどを利用し、適切に共起語が含まれているかを常に確認するようにしましょう。

まずは気軽に問合せ