サブスクリプションビジネスで、コンテクスチュアルターゲティングに取り組む際の考え方

ビジネスを行う上では、いかに効率よく収入を得ることができるか、ということが重要となり、そのためのひとつの手段として「サブスクリプションビジネス」が大きな注目を集めています。

サブスクリプションビジネスとは、定期的に商品やサービスを購入する、という仕組みであり、一ヶ月などの定められた期間、商品やサービスを自由に利用することができる権利を得る仕組みと考えられています。

このように聞くと、定額制と同様のサービスにも思えますが、単にモノを提供する定額制とは違い、顧客といかに長く良好な関係を続けることができるか、ということが最重要視されています。

今、サブスクリプションビジネスを含め、EC業界では「Cookieレス」が進んでおり、Cookieレス時代に向けてさまざまな取り組みが行われています。

その中でも特に注目されているWeb広告は「コンテクスチュアルターゲティング」を活用した広告でしょう。

従来までのリターゲティング広告とは違いますので、Cookieレスでの活用方法をしっかり学ばなければなりません。

そこで今回は、サブスクリプションビジネスで、コンテクスチュアルターゲティングに取り組む際の考え方について、詳しくお話させていただきたいと思います。

ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

コンテクスチュアルターゲティングを実施する際の考え方

コンテクスチュアルターゲティングとは、広告の配信対象が、特定のコンテンツの内容があるWebページとしたターゲティング手法です。

サードパーティーCookieによるリターゲティング広告の場合は、Cookieで得たユーザーのブラウザ上の情報を解析し、ユーザーの行動を把握し、それに合わせて広告を配信していたのですが、コンテクスチュアルターゲティングの場合は、Webページ内のキーワードや画像を解析し、自社の商品やサービスに興味を持つユーザーが、訪問しそうなWebページを抽出し、広告をマッチングさせるのです。

コンテクスチュアルターゲティングの活用広告

コンテクスチュアルターゲティングは、GoogleやYahoo!広告でも提供されており、Googleが提供しているものは、「コンテンツターゲット」というメニューから利用することができます。

広告主は広告配信先は、どのようなコンテンツ内容を持っているWebページなのか、ということを設定することで実施することができます。

Yahoo!広告では、広告主が指定したキーワードと、より関連性が高い配信面にターゲティングができるようになっています。

なぜコンテクスチュアルターゲティングが注目されているのか

新しい広告技術ではないコンテクスチュアルターゲティングが、なぜ今注目されているのでしょうか。

それには昨今のCookieレスへの動きが大きく影響しているでしょう。

今後広告業界でサードパーティーCookieが利用できなくなるからこそ、特にリターゲティング広告とユーザー行動ターゲティングの利用が狭くなってしまい、ターゲット層にリーチすることが難しくなっているのです。

その代わりの施策として、コンテクスチュアルターゲティングが注目されており、今後さらにコンテクスチュアル広告の代替えは進んでいくでしょう。

また、コンテクスチュアルターゲティングは、ブランドのイメージなどを壊さない広告を配信することができます。

広告の配信先によっては、不適切な場所に広告が掲載されてしまい、予想外にもそのブランドのイメージが壊されてしまったり、自社商品やサービスと関連性が低い配信場所に広告が配信されてしまうことがあるのですが、コンテクスチュアルターゲティングでは、Webページ内のコンテンツを高度分析しますので、安全なコンテンツ、そして自社商品と関連性の高いコンテンツのみに広告を配信することができますし、特定のキーワードを除外キーワードとして設定することもできますので、配信面をコントロールすることもできるのです。

コンテクスチュアルターゲティングに取り組む際の考え方

コンテクスチュアルターゲティングを実施する上での考え方は、コンテクスチュアルターゲティングそのものの技術開発は進んでいるものの、リターゲティング広告や行動ターゲティングと完全に替わるものではないということです。

ですので、ターゲットの考え方としては、ユーザーの検討度に差があること広告のクリエイティブとしては、検討度による出し分けが困難であること目的と成果は、広告に期待する効果や成果でしょう。

これらをしっかり理解した上で検討する必要があります。

まとめ

サブスクリプションビジネスでコンテクスチュアルターゲティングに取り組む際の考え方について、詳しくお話させていただきました。

基本的にWeb広告で検討が必要であった「広告の目的」「コスト」「狙うべきターゲットペルソナ」は必須で、変わることはありません。

さらに今、実施しているWeb広告があるのであれば、クリエイティブやデータの運用の参考にもなるでしょう。

Cookieレスが進む中だからこそ、コンテクスチュアルターゲティングを実施したいと思われている方は、ぜひこの記事を参考になさってくださいね。