単品リピート通販

単品リピート通販ビジネスが優れている理由

今回は単品リピート通販のビジネスモデルがいかに優れているかをテーマに書いていこうと思います、 なぜ単品リピート通販が注目を集めているのでしょうか?

それは積み上げ式のビジネスでモデルあることが一番であり、プラットフォームに依存しないビジネスであることから、売上の不安から解放されるというのが特に大きいですね、経営者にとって毎月に売上が予測できることは、精神安定上に絶対に必要とされるからです。

単品リピート通販のビジネスモデルは売上も利益も積み上がっていくモデルであるため、時間の経過とともに売上予測がしっかりできる点にあります。

今日本は人口も減って来ており、売上が安定しないという状況は避けたいですよね、そして多くの人が買い物にいく時間などが減って来ているという背景もございます。

単品リピート通販は売上が積み上がっていくビジネスモデルであり、このモデルが現在注目を集めているのは安定していること。

楽天やAmazonなどのプラットフォーム依存型のビジネスでは毎月売上が0からスタートというビジネスはとにかくキャッシュフローが安定しないだけでなく価格競争に巻き込まれます。

通販顧客リストも取れなければ、資本力のある強いライバルが登場したら、一気に売れなくなることもあるわけです。

単品リピート通販は楽天市場での通販やAmazonでの通販と違い、顧客データを自社で管理することが可能であり、継続回数やLTVを知ることができるので、経営者としては精神安定にとてもいいのです。

単品リピート通販で定期コースで売上を伸ばしている企業が多いです、これは企業側が定期コースを推薦しているのもありますが、時代背景としてネットで物を買うことに、いまやい一般化したという背景もあるのです。

インターネットで化粧品や健康食品を抵抗なく買う世代が、右肩上がりに上昇している、まさに伸びている成長市場であるということは、大きいと思います。

一昔前では考えられなかったノーブランドの企業がインターネットだけを使って集客や販売をして年商10億を超える規模の商品を売り上げることが可能になったのです。

インターネット、とくに最近ではスマホでショッピングをする人口が増えており、歩く人全てがスマホを片手に仕事などをしております。

これも10年までは考えられなかったことなのです、今やスマホの普及率は90%を超えるといわれているのです、そこへインターネットを使ってリーチして認知してもらうことができるのは、まさに大きなチャンスといってもいいでしょう。

逆に、インターネットで通販をする場合、オリジナル商品の場合には、なんといっても認知されるまでに時間と費用がかかります、このプロモーション費用が年々高騰をしています。

オリジナルブランドの通販は、認知してもらうために時間と費用がかかり、その費用は年々上がって来ている

通販ビジネスを長年している人はわかっていると思いますが、顧客データが取れないというのは大きなマイナス点です、プラットフォームに依存しないと売上が伸ばせません。

単品リピート通販のビジネスモデルでは自社で運営することで顧客データを活かして、売上をあげることができるというのが1番のメリットといっても過言ではありません。

単品リピート通販という名の通り一度使って気に入った商品があると同じ商品を買い続ける

リビート通販のビジネスモデルは継続性・安定性が高いといわれている、一定数のお客様は1年以上愛用してくれたりします。

経営者にとって一番大事な財産は、なんといっても健康であることです、お金で健康は買うことはできません。

最近経営者にとって一番問題になっているのが、将来への不安から精神疾患の患者が増えているということ、経営者は売上が安定しないと精神的な見えないストレスを抱えているといわれ、社会全体としてもストレス社会といわれている時代に入っているのです。

ストレスフリーから解放されるには、ビジネスモデルで安定してビジネスが展開できるストックビジネスが経営者にとって一役買ってくれているのです。

リビート通販のビジネスモデルは経営者に精神的安定をもたらしてくれる。ストレスがあると社員に強く当たったりトラブルが多発するのを避けられる

安定した精神状態で業務を行うのと、将来の不安を抱えたままビジネスをするのは、まったく異なり、実社会に例えるなら売上が低いとストレスがたまって社内関係がうまくいかず、取引先ともうまい関係が築けなかったりします。

売上が安定しているキャッシュリッチな会社であれば、金持ち喧嘩せず 心に余裕があると怒りがうまれてこないのです。

会社にお金があると社員も幸せであり、ストックビジネスがあると精神的な安定が得られる フローばかりに目がいっている人は、いつまで経っても精神安定を得られないという悪循環に陥ります。

キャッシュフローが安定していない企業は売上ばかりに目がいく人は嘘をついても誇大セールスをしてしまうので信用という財産がストックしていかないというまさに最悪の展開だといえるのでしょう。

1、フロービジネスで収益をえる

2、フロービジネスからデータを蓄積してストック化

3、ストックビジネスを構築する

4、信頼をストックして、さらなるサービスを提供(口コミもうまれる)

5、ストック数が増えていくと自動的にブランド化していく
※価値が上昇して高価格帯でも売れるようになるので利幅増大するという循環

経営ではそして常にストック目線でビジネスを考える癖をつけておくとよい

リピートビジネスではサービスの質とリストを強化することが大事だと言われています、最終的には信用のストック化を強化して継続率をあげる施策をおこなう

収益とは継続的に利益を生み出す仕組みが作る利益のことをいうという考えをしっかり持っていれば会社経営で時間が経過するたびに会社にお金が増えている状態になります。

収益を増やす方法は3つ

1、粗利額を増やす

2、新規流入を増やす

3、継続率と購入頻度をあげる

公式 収益粗利×増加数×継続率 これを分解する

1、粗利額を増やす →ブランディング強化で価格を上げる

2、新規流入を増やす →マーケティングを強化して広告をする

3、継続率と購入頻度をあげる →接触頻度を増やし信頼や関係構築をして親密度を上げる テストを繰り返し、チューニングをして改善する 継続率は既存顧客へのアプローチなので属性を正しく理解する

野球に例えると
A、フロービジネス(攻撃型)4番打者を並べる
B、ストックビジネス(防御型)エース級で継投する 

打線は単打打者を並べる 試合結果はわからないが、Bの方が負けない試合をすることができる、得点を許さなければ負けることはないしストックビジネスは寝ていてもお金が入るということです。

ここでウェブデザイナーの場合の例をあげておきます。

ウェブ作成フリーランスで条件として月に3案件しか作れない

A、1件受注 30万円   初月90万円

B、1件受注 月3万円   初月9万円

5年後の月収

A、月収90万円  年収1080万円
B、月収540万  年収6480万円

10年後の月収

A、月収90万円  年収1080万円
B、月収1080万  年収1億2960万円

スタッフを雇用すれば さらにBは裕福になっていく これがリピートの力なのです、 Bはスタッフに任せてしまえば 時間もお金も自由になる。

お金はストックできる状態で安定収益が見えれば 今度はオフェンス強化もできる 溜まった利益の中でオフェンスを強化するので 収益はいつまでたっても黒字状態 ディフェンスが強いうえにオフェンスも強ければ最強の状態になります。

安定した収益があると攻めの経営もできるようになる 貧乏社長はいつまで経っても一人で経営をし、スタッフが雇用できないのは安定した収益がないから不安で自分自身がプレイヤーだから発展しない不安定な状態になります。

大企業が新規事業に投資できるのは 安定したストック収入があるからです。

公式 収益粗利×増加数×継続率 これは掛け算であるところがポイントで 1つでも数字が少ないと合計数は少なくなる 1つが0なら合計は0である。

粗利を増やすには、特別メニューを作ること →特別会員には付加価値を提供する (価格をあげる、オプションを増やす) 増加数を増やすには、やらない理由を潰すこと →初月無料、30日完全返金保証 (分割支払い可能、類似の方の実績も提示)

継続率を上げるには、やめる理由を潰すこと →最低利用期間を設定し、習慣化させる きめ細やかなフォローをする 提供するサービスで実績を出してもらう 増加数>離脱数 これが出来ていれば利益は膨らんでいく 増加数を増やすよりも減らさないことを重視した方が利益は出る。

最強のストックビジネス

1、継続的に収益が上がり膨らんでいく

2、あなた以外の方でも販売することが可能

3、複数に提供しても原価はさほど変わらない

4、あなたがコントロールできて所有できる

5、あなたがいなくても収益があがる

長生きはリスクといわれる時代 年金の不安、給与フローの枯渇、マイホームの価格下落。老人ホームの入居金増大。これはフロービジネスをしてきてから 生き残っている企業はみんなストックビジネスです。

ストックビジネスの要素のない商品やサービスは 永遠に安定しないビジネスであると自覚した方がいいといわれるほどで、単品リピート通販ビジネスは非常に安定度が高いビジネスであるということがわかると思います。

1、初回無料や無料体験
2、初回特典が赤字にみえる
3、新規のハードルがあまりに低い
4、提供する機器が無料か格安
5、導入時に営業マンがプレゼント特典がすごい

これはストックビジネスである確率が高い ストックビジネス思考で考える習慣をつけると ビジネス感覚が間違いなくあがります。

CMや広告をこういった視点でみてみるといいと思います。

ストックビジネスの特徴
1、賃貸・管理型(長期契約型で貸す権利を保有、管理する権利を保有)

2、認定型(資格や権利の認定型)

3、改善型(学習系、治癒系、成長系、改善系)

4、メンテナンス型(リース型、消耗品購入、修理・点検型)

収益の自動販売機を作ることがビジネスのゴール

自動販売機の例

1、商品の組み合わせ(水・お茶・コーラ)

2、人の多い場所に設置(田舎か都心か)

3、設置方法や見せ方(色が目立つかどうか)

あなたならどこにどのように設置しますか? 観光地の入り口付近
1、中で購入すると高いので定価でも売れる 外国人も多いので、珍しいおしるこやおでんなども高価格帯も可能

2、観光地のため利用者の安定が見込める(平日や土日も関係なし)

3、目立つ色でしっかり複数言語を記載する(SNSの拡散も狙う) ただ設置するだけでもここまで工夫で利益が違う ストックビジネスは時間の経過ごとに 収益を増えていくビジネスである。

ストックビジネスのポイント
1、顧客目線の価格設定であるということ
2、先に商品やサービスのコンセプトをつくっておくこと ストックビジネスは市場で一番評価される 投資家はストックの安定収益があれば事業を買い取ってくれる。

投資家は安定資産を常に計算しています 何年間収益が安定していそうかを計算式にいれています。

事業を始めるには、事業自体を売却できるものをスタートすること 投資家目線で事業を捉えられるかどうかが重要です。

1、会社は何で収益を出しているのか?
2、それは増え続けるのか、減り続けるのか
3、市場自体は衰退なのか成長市場なのか
4、競合他社と比べた強みと弱みの違いはどこか?
5、長期で保有してその後事業を売却できるかの出口戦略がある

投資家がお金を出すビジネスは優良ビジネスといえます、ストック型のビジネスに移行しましょう。 


単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...
まずは気軽に問合せ