単品リピート通販

リピート定期通販のマーケティング戦略を2つ紹介

リピート定期通販のコールセンターとして活動している当社ですが、マーケティング戦略についてクライアントからアドバイスがほしいといわれることが多いです。

今回は時代にあったマーケティング戦略としてこれは最低でも押さえておいた方がいいといった戦略についてお知らせいたします。

現代の通販事業で必要な2つのマーケティング戦略

この記事では、現代の通販事業で必要な2つのマーケティング戦略についてご紹介しています。

 

その2つのマーケティング戦略が

 

  • 消費者視点のマーケティング戦略
  • 顧客中心のマーケティング戦略

 

の2つです。

 

上記の2つのマーケティングを行う際に重要になってくるのが、通販事業を行う際にいかに自分の事業をブランド化出来るかがポイントになってきます。

今回は、通販事業で「消費者視点」と「顧客中心」の2つのマーケティング戦略を行い、どのようにして自分の通販事業をブランド化していけば良いかについてご説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

自分の通販事業をブランド化するには

自分の通販事業をどのようにブランド化していけば良いかについては、まず「ブランド」がどのような構造で成り立つのかについて知っておく必要があります。

ブランド化を構築していく上でまず、必要になるのが次の3つの基礎構造になります。

  1. 自分(企業主)が、消費者にどのようなイメージを持って欲しいかを具体化して発信していく【Relevance
  2. 自分ひとりではなく、共に拡散してくれるインフルエンサー達との関係性を築く【relationship
  3. インフルエンサー達が拡散してくれたイメージを、更に継続的に消費者へ発信していく【Reputation

以上の3つの構造がしっかりと確立されると、自分の通販事業のブランド化に成功したと言えます。

つまり、自分(企業側)のみの発信だけでなく、なるべく消費者や消費者に近いインフルエンサーのような拡散力のある方達との連携が取れなければ、自分の事業のブランド化は難しく、現代の通販事業で成功することは難しいと言えます。

実際にどのようにしてブランド化を行っていくのか

自分の事業をブランド化することが出来なければ、通販事業の成功は難しく、そのためにはまずブランド化するための基礎構造をご紹介してきました。

しかし、具体的にどのように戦略を立てれば良いかイマイチ「ピン!」ときていない方もいると思います。

そこで、ここでは具体的にどのようにブランド化を確立していけばよいかについて3つのステップに分けてご紹介していきたと思います。

ステップ1:自分の通販事業や扱う商品の立ち位置を調査する

まず、ブランド化を確立するために最も基本的なステップの一つが「市場調査」になります。

 

  • 自分の扱う商品が、消費者にどのようなイメージを持たれているか
  • 競合はどのような戦略を打っているのか

 

具体例としては、サンプルを配布して実際のお客様の声を聞いたり、テスト販売を行うなどが主に挙げられると思います。

ステップ2:消費者に印象付けたいイメージを明確にする

ステップ1で「市場調査」を行い、自分の取り組もうとしている分野がどのようなイメージを持たれているか、競合がどのような戦略を使って利益を上げているかを知った後は、その中で自分がどのポジションで通販事業を行うかを明確にする必要があります。

具体的には、

  • 自分の行う通販事業が他の競合とどのように異なるのか
  • どのような価値のあるものをどの世代や客層にアピールしていくか

などを具体的にする必要があります。

つまり、ターゲットを絞ることということです。

ターゲットを絞ることで、より狙った消費者層へ響く発信を行うことが出来るため結果的に通販事業の成功に繋がることが多いのです。

ステップ3:課題・戦略・計画を立てる

ステップ1の「市場調査」と、ステップ2の「ターゲットとなる消費者層」のイメージを確立出来たら、ステップ1の「市場調査」とステップ2の「ターゲットとなる消費者層」との間にどのようなギャップが生じているかを比較していきます。

例えば、シワが気になる方への化粧品を販売しようと考えて、実際に「市場調査」を行ってみると、シワが気になる年齢層の方への訴求が必要になると考えるのが一般的ですが、意外にも若い世代の方も気にしている方が多い。

と言ったギャップを埋めるためには、どういった戦略や計画を立てる必要があるかを考える…。

このようなギャップをいかに埋めることが出来るかが、自分の通販事業をブランド化し成功するか失敗するかが分かれてきます。

以上の3つのステップを、何度もくり返していわゆる「PDCA」を回して常にアンテナを張っておく必要があります。

上記の手順が出来ているか・出来ていないかで、自分の通販事業の今後は大きく変化します。

ですので、地道な作業になりますが怠らずに行うことが大切になってきます。

まとめ

今回は、現代の通販事業で必要な「消費者視点のマーケティング戦略」と「顧客中心のマーケティング戦略」を行う際に最も重要となる、自分の通販事業のブランド化する方法をご紹介してきました。

今回ご紹介した内容を全て実行するとなると、なかなかの根気も必要になるので決して簡単なことではないと思います。

しかし、自分の通販事業で成功している方のほとんどは、今回ご紹介した方法を必ず実行している事業主がほとんどだと思います。

ネット通販事業は、特に発信を積極的に行わなければ埋もれてしまうので、簡単そうに見えて案外難しかったりします。

その代わり、一度ヒットすれば利益も上がり認知度も高まりますので、一気に波に乗る事だって可能だと思います。

ですので、成功するためにも地道な作業や努力を怠らずに行うことが大切ではないでしょうか。

まずは気軽に問合せ