サブスクリプション

サブスクリプションビジネスにおけるコンテンツマーケティングの課題と解決策

デジタル領域でサブスクリプションビジネスを採用する企業が多くなる中、今は非デジタル領域でもサブスクリプションビジネスの展開が多くなってきています。

大手企業をはじめ、さまざまな企業がサブスクリプションビジネスを展開しており、まさに今は日本国内でサブスクリプションビジネスが流行の兆しを見せているでしょう。

サブスクリプションビジネスは、売り切り型ではなく、商品やサービスを利用した期間、利用量に対して対価を支払う、課金提供型であり、継続的な売上に繋げることができるので、企業にとって非常にメリットが大きいのです。

サブスクリプションビジネスを行う際、マーケティングのアプローチとして自社Webサイトやブログを活用することが多いかと思いますが、実際にそれらを活用してもなかなか価値のある情報を提供できず、集客に繋がらないと悩まれている方が多いのではないでしょうか。

そこで今回は、サブスクリプションビジネスにおけるコンテンツマーケティングの課題と解決策について、詳しくお話させていただきたいと思います。

今後サブスクリプションビジネスでコンテンツマーケティングを成功させたいと思われている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングとは、簡単に言うとコンテンツを作成し、それを提供して顧客を獲得する行動であり、見込み顧客となりうる特定のターゲット層の興味や関心を得るために、より価値の高い魅力的なコンテンツを作成することが求められます。

マーケティングの内容は、取り扱う商品やサービスと関係性があることが重要ですが、販売行動をしないということがコンテンツマーケティングの特徴でしょう。

従来のマーケティングでは、販売者が顧客に対し、一方的な情報を発信していたのですが、それとは大きく異なり、顧客の興味や関心を惹き、信頼をしっかり得てから購入へと繋げるコミュニケーションの手段として利用されています。

サブスクリプションビジネスにおけるコンテンツマーケティングの課題と解決策

課題1:コンテンツ運営自体が面倒になってしまう

数年前までは、企業のマーケティング戦略と言えば、ポスティングやテレビCM、DMなどであったのですが、不特定多数の人に対し膨大な広告を出稿することは非常に効率が悪いでしょう。

ですが、コンテンツマーケティングを行うことで、自社商品に興味を持っている、もしくは欲しいと思っている特定の顧客だけに情報を伝えることができますので、費用対効果が高いのです。

このコンテンツマーケティングが発展してきた背景には、Googleの進化によるSEO対策の変化があるでしょう。

コンテンツマーケティングを成功させるには、SEO対策を外すことはできませんし、そのSEO対策をした上でWebサイトにコンテンツを追加し続け、継続的な効果を生む必要があるのです。

ここで課題となってしまうものが、「運営自体が面倒になってしまう」ということでしょう。

自社商品やサービスの魅力を発信する際、より多くのコンテンツを増やすことが重要なのですが、コンテンツを増やしてしまうと余裕がなくなってしまったり、内容が薄くなってしまうことが多々あります。

この解決策としては、一つのチャネルを選定し、それだけに注力して育てることです。

もちろんコンテンツに関しては複数あって良いのですが、中でも特に中心的なコンテンツを用意してそれに重心を置くと、訪れた人に魅力が伝わりやすいでしょう。

課題2:顧客が定着しない

どれだけコンテンツを更新していたとしても、なかなか顧客が定着しないという課題を感じられている方も多いのではないでしょうか。

コンテンツマーケティングを行う上では、ターゲットとなる見込み客となる顧客をしっかり分析する「ペルソナ」が非常に重要です。

ペルソナとは、自社コンテンツの読者を具現化したものであり、象徴的な利用者像のことです。

まるでその人物が実在しているかのように、価値観や生活パターン、属性情報などを詳細に設定することで、顧客視点にたったコンテンツの作成を行うことができるのです。

コンテンツはオンライン上であるからこそ、自社Webサイトを訪れた不特定多数のユーザーに何をどう伝えれば良いのか分からないので、そのコンテンツの内容は誰に向けられているのか分からなくなってしまい、ただ無意味なコンテンツを量産してしまい、時間と労力が無駄になってしまいますよね。

だからこそ、ペルソナを設定しておくことで、商品やサービスの無駄を省くことができますし、ターゲット像が明確になっているからこそ、どのようなことを伝えれば相手の心に響きやすいのか、ということが明確になるのです。

コンテンツの作成に迷ってしまった際にでも、共通の判断材料を持つことができるという、大きなメリットがあるのです。

まとめ

以上、サブスクリプションビジネスにおけるコンテンツマーケティングの課題と解決策についてお話させていただきました。

サブスクリプションビジネスでは、コンテンツマーケティングを行うことが必要不可欠であり、コンテンツマーケティングを行うからにはやはり、集客効果を最大限に活かしたいですよね。

今回お話した課題は、おそらく多くのサブスクリプション事業者の方が当たる壁でありますので、ぜひこの記事を参考に、効率よくコンテンツマーケティングを行ってください。

  • おすすめの投稿がありません
まずは気軽に問合せ