サブスクリプション

サブスクリプションビジネスにおける「コンテンツマーケティング」の重要性

ここ数年、収益の安定性に魅力を感じ、サブスクリプションサービスを提供する企業が非常に多くなってきています。

サブスクリプションビジネスの代表事例としては、「Netflix」や「Spotify」などのデジタルサービスが有名ですよね。

ですがその他にも今、急成長を遂げるサブスクリプションサービスが国内外で非常に多く生まれてきているのです。

サブスクリプションビジネスは企業と顧客双方に非常にメリットが多いと考えられているからこそ、サブスクリプションビジネスの導入を検討する企業が多いのですが、いざビジネスをスタートさせても、思うような安定収入を得ることができず、事業の撤退を余儀なくされてしまう企業も目立ってきているのです。

なぜこのような状況になってしまうのか。

その多くの要因の中でも重要であることが「コンテンツマーケティング」なのです。

インターネットの普及によって、消費者が自身で簡単に情報を手に入れることができるからこそ、事業者としてはコンテンツマーケティングを重視する必要があるのです。

そこで今回は、サブスクリプションビジネスにおける「コンテンツマーケティング」の重要性について、詳しくお話させていただきたいと思います。

サブスクリプションビジネスを成功させたいと思われている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングに関してはさまざまな定義が言われているのですが、大前提としては、顧客にとって有益なコンテンツであり、価値のあるコンテンツを生み出すことなのです。

このようなコンテンツを潜在顧客に伝えることで、商品やサービスの利用を促し、さらにブランディングに繋げるマーケティングを意味します。

Webサイトやブログはもちろん、SNSなどのコンテンツを介して行われるでしょう。

たとえばSNSを活用したコンテンツマーケティングは、企業とユーザーとの距離をグッと縮めることができます。

今はユーザーがその店舗に訪れる前、インターネットでその店舗がどんなところなのか、事前に調べることがもはや当たり前になっていますので、企業の立場からすると来店前に店舗の雰囲気や特徴をある程度分かってもらうことで、安心感を与えることができますので、集客効果に繋がりやすいのです。

ですが、ただ何でも情報を発信すれば良いというわけではありませんし、あまりにも店舗の業務とは無関係で私的なものばかりでは、個人ブログと勘違いされてしまいます。

かと言って、専門的な知識ばかりを載せてしまえば、敬遠されてしまう場合がありますよね。

より多くの人に知ってもらうにはどのような情報を発信すれば良いのか、しっかり計画し、戦略的に施策を図らなければなりません。

自社を利用するユーザーは、どのようなユーザー層なのか、そしてそのユーザーはどのような情報を求めているのかという「ユーザー目線」に立ち、心配りのあるコンテンツの発信こそ、ユーザーからの愛着を得ることに繋がるのです。

コンテンツマーケティングを継続させる重要性

ユーザーを惹きつけるようなコンテンツを発信すれば良い、と言えば簡単に聞こえてしまうのですが、コンテンツマーケティングを行う上で難しく、そしてデメリットとなりやすいことが「継続すること」でしょう。

たとえば、Webサイト上にブログを開設したり、SNSのアカウントを作成したとしても、ほとんど載せる情報がなく、更新に間が開いてしまうということが頻繁にあった場合、顧客は「この企業はあまり更新をしていないので活気がない、不安だな」と思ってしまうでしょう。

コンテンツマーケティングはインターネット上で行いますので、一度作成したものは自らが消さない限り、もしくはよほどの違反をしないかぎり残り続けてしまいます。

長い間放置してしまっていては、潜在顧客すらも手放してしまいますので、コンテンツの発信は「継続すること」が最重要になるのです。

ですが、コンテンツ担当者にとっては、「毎日更新する内容がない」「何を更新すれば良いのか分からない」という方もいるかもしれません。

この場合は一つの投稿、一つの記事でユーザーに何を伝えたいかという「テーマ」を決めると良いでしょう。

ユーザーに親近感を伝えたいのであれば、店舗内スタッフのことや、ユーザーからのコメントを紹介したり、呼んでもらうユーザーの感情に訴える記事が良いのです。

もし専門性を伝えたいのであれば、自社業務の専門的な知識を交えた商品の紹介などが良いでしょう。

そうすることで、より自社商品やサービスをイメージしやすいのです。

つまり、一つのことだけを発信するのではなく、柔軟性を持ってさまざまな情報を発信することで、自社のアピールに繋がるのです。

まとめ

以上、サブスクリプションビジネスにおける「コンテンツマーケティング」の重要性についてお話させていただきました。

広告を出稿して自社のことを知ってもらうにはコストが必要になるのですが、SNSを利用したコンテンツマーケティングはかなりコストを抑えらることができますし、最近では無料のブログも充実しています。

ですのでコンテンツマーケティングの導入のハードルは低いので、サブスクリプションビジネス初心者の方でも取り組みやすいと考えられるでしょう。

まだコンテンツマーケティングに取り組んでいないという方は、ぜひこの機会にぜひ導入してみてくださいね。

まずは気軽に問合せ