単品リピート通販

単品リピート通販においてコンテンツは質だけでなく見せ方が大切!

現在のマーケティング市場では、コンテンツマーケティングやコンテンツSEOと言った、コンテンツを重要視したマーケティング手法が主流となっています。

そして、それらのコンテンツは良質であることが強く求められています。

しかし、いくら質の高いコンテンツを作成したとしても、ユーザーに見てもらえなければ意味がありません。

さらに、その質の高いコンテンツが、必ずしも成果につながるとは限らないのです。

良質なコンテンツを作成し、それを成果につなげていくためには、コンテンツそのものだけではなく、コンテンツをどう見せるかを考える必要があるのです。

そこで今回の記事では、コンテンツの見せ方について説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

コンテンツはユーザーに届けることが重要!

現在のマーケティングにおいて、コンテンツは非常に重要な要素であり、多くの企業がコンテンツの質を高めることに注力しています。

しかし、せっかく良いコンテンツを作成しているにもかかわらず、見せ方に問題があるために成果に結びついていないケースが多くあります。

これはコンテンツがユーザーに届いていないことが大きな原因であり、そのため、ユーザーからの支持が得られず、検索エンジンからの評価を得ることもできないのです。

コンテンツをユーザーに届ける、つまり、多くのユーザーに読んでもらうためには、コンテンツの内容が価値のあるものであることはもちろんですが、ユーザーが読んでみたいと思うようなインパクトのあるタイトルを付けること、そして、コンテンツの内容が信頼できるものであることをユーザーに示すことが必要であり、これらが備わっているのは、質の高いコンテンツの大前提となります。

そして、これを踏まえたうえで、さらに細かいポイントに注意していく必要があるのです。

コンテンツの見せ方に必要なポイントとは?

コンテンツをユーザーに届けるための見せ方に必要なポイントとして、まず挙げられるのは、万人に読みやすい文章にするということです。

良質なコンテンツと言うと、小説のような凝った文章や美しい文章、難しい文章を書かなくてはと思いがちですが、こういった文章は慣れた人でなければ読みにくく、内容を理解するにも時間がかかってしまいます。

そして、多くのユーザーはそのような文章を求めてはいないのです。

ユーザーが求めているのは、価値のある情報をできるだけ早く入手することなのであり、そのためには、誰もが読みやすいと感じる文章にする必要があるのです。

読みやすい文章にするためには、必要な箇所には必ず漢字を使用し、漢字では分かりにくい場合にはひらがなにするなど、バランスの良く両者を使い分ける必要があります。

そして、あれ、これと言った指示語、比喩などを多用しないことも重要です。

また、一つの文が長すぎると読みづらくなりますので、適切な箇所で文を区切り、さらに、改行、句読点の配置を適度に行うことも大切になります。

次に挙げられるのは、分かりやすい文章の構成やレイアウトを行うということです。

ただ、文章を羅列しただけでは、いくら内容が価値のあるものであってもユーザーから敬遠されてしまいます。

多くのユーザーは、情報を求めてはいますが、長い文章を読むのを敬遠する傾向があり、流し読みするケースも多いのです。

そのため、適切な箇所に見出しを挿入する、その位置に書かれた内容に関する画像やイラスト、理解の助けとなる図や表などを挿入する、文章のポイントや要点は箇条書きにして強調する、文章の最後にはまとめを挿入し、長文の場合は、適切な箇所でまとめを挿入するといった工夫が必要になります。

特に、画像やイラスト、図、表などは、本文を流し読みした場合でも内容を理解してもらうことができるため、できるだけ多く活用することが必要です。

次に挙げられるのは、ユーザーが文章を読む前に、この文章がどのような内容であるかを説明することです。

文章を読み始めてから、思っていたものと違うということがないように、文章の初めには必ず目次を記載し、どのような内容なのかをあらかじめユーザーに提示することが必要なのです。

また、この記事がいつ、誰が書いたもので、信頼できるものなのかを明確にすることも大切ですので、記事の公開日、執筆者、監修者などを分かりやすい箇所に記載します。

これが記載されているだけで、記事への信頼度も高くなり、さらに、顔写真やプロフィールなどを記載するのも効果的です。

また、記事を読むのにかかる目安の時間を記載することも有効です。

最後に挙げられるのは、ユーザーの関心を強く引き付ける、インパクトのあるタイトルを付けるということです。

何度も言いますが、いくらコンテンツの内容が優れていても、ユーザーに読んでもらえなければ意味がないのです。

しかし、ユーザーには読む前にどのような内容なのかを知ることはできません。

そのため、インパクトのあるタイトルでユーザーの関心を惹き、ユーザーに読んでみたいと思わせることが重要なのです。

ただし、いくらインパクトが必要だといっても、内容に関連の薄いタイトルはユーザーの信頼を損ねる恐れがあります。

あくまでも、内容に沿ったタイトルを付けることが大切です。

まとめ

以上のように、コンテンツは内容に価値があるということだけでなく、読みやすく、分かりやすく、信頼できる情報であることが大切です。

そして、ユーザーにそのコンテンツを読んでもらうためには、タイトルでユーザーの関心を惹きつけることも重要なのです。

まずは気軽に問合せ