単品リピート通販

コンテンツの効果を高めるには?単品リピート通販ユーザーの検索意図を読み取る!

マーケティングを行う上で、現在最も重要となっているのがコンテンツの質です。

この質とは、ユーザーにとって有益な情報を提供できているかということであり、この質を高めるためには、ユーザーが何を求めているのかを知る必要があります。

そして、それを知るために重要となるのがユーザーが検索したキーワードから検索意図を読み取ることなのです。

そこで今回の記事では、コンテンツの効果を高める検索意図について説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

検索意図とは?

検索意図とは、ユーザーが検索エンジンにおいて検索したキーワードに隠されたユーザーの意思や意図を意味する言葉であり、インテントとも呼ばれます。

簡単に言うと、ユーザーは、現在どのような状況にあり、何を知りたいのかということを表しています。

例えば、ユーザーが「桜 開花 東京」と検索した場合、その言葉の通り、東京の桜はいつ咲くのかが知りたいのだと考えるのではなく、都内で花見を予定しているが、いつ頃が良いかを知りたいのではないかと推測することが検索意図となるわけです。

検索エンジンを利用するユーザーは、必ず何らかの意図をもって検索を行います。

もちろん、同じキーワードで検索をしたユーザーのすべてが、同じ意図で検索しているとは限りません。

しかし、ほとんどのユーザーが同じような意図で、同じキーワードを使用して検索を行うことが多いのも事実なのです。

そのため、このユーザーの検索意図を意識し、コンテンツを作成することで、SEOの効果を高めることができるようになるのです。

近年では、コンテンツマーケティングやコンテンツSEOなどのマーケティング手法が注目を集め、質の高いコンテンツが求められています。

そのため、多くの企業がコンテンツの作成に注力していますが、ただ質の高いコンテンツを発信すれば良いというわけではありません。

いくら質の高いコンテンツであっても、ユーザーが必要とする情報でなければ支持は得られないのです。

コンテンツは、あくまでもユーザーの視点で作ることが重要であり、そのためにユーザーの検索意図を読み取る必要があるのです。

検索意図は掘り下げて考えることが大切!

ユーザーの検索意図を読み取るにあたり、大切なのは、前述のように、キーワードをそのまま受け取るのではなく、その裏にある意図を考えるということです。

前述の例で言うと、東京で桜はいつ咲くのかを知りたがっていると言葉のままを受け取るのではなく、なぜいつ咲くのかを知りたいのだろうか?

お花見の日程に悩んでいるのだろうか?もしくは、お花見の服装に悩んでいるのだろうか?と言うように、掘り下げて考えていくのです。

このように、掘り下げて考えていくことにより東京の桜の開花情報だけでなく、東京の気温情報や天気予報、さらにおすすめのお花見スポットなど、検索したユーザーにとって有益と言える周辺情報を多数提供することができるのです。

また、検索エンジンはユーザーが満足できる有益な情報を提供しているコンテンツを高く評価しますので、上位表示も狙うことができるのです。

コンテンツの効果を高めるためには、ユーザーの検索キーワードをそのまま受け取るのではなく、検索意図を深く掘り下げ、それに沿った情報を提供することが大切なのです。

検索結果ページから検索意図を読み取る!

検索意図は、ユーザーの検索キーワードだけでなく、検索エンジンの検索結果ページからも読み取ることが可能です。

この時、重要となるのが、サジェストキーワード、関連キーワード、リスティング広告です。

サジェストキーワードとは、ユーザーがキーワードを入力した際に自動的に表示される検索候補のことを指し、Googleにおいてはオートコンプリートと呼ばれています。

関連キーワードとは、検索結果ページに表示される検索結果に関連する検索キーワードです。

Googleではページ下部に、Yahooでは上部下部に表示されます。

リスティング広告とは、検索結果ページの上部に表示される広告のことであり、通常の検索結果とは分けて表示されます。

サジェストキーワードは、ユーザーが検索する可能性のある検索候補を表示するものであり、他のユーザーの検索頻度が高いキーワードや自身のこれまでの検索履歴が反映されます。

例えば、先ほどの「桜 開花 東京」であれば、「桜 気温 東京 過去」、「桜 気温 東京 2019」などが表示されます。

これから読み取れるのは、過去の情報を参考に開花を予想しようと考えているユーザーが多いということであり、深く掘り下げると開花を予測してお花見の予定を立てたいのか、また、どこかに予約を入れようとしているのかなどと考えることができます。

ただし、このサジェストキーワードは、自身の検索履歴も影響しているため、これだけで判断するのは問題があります。

関連キーワードは、アルゴリズムで表示されるキーワードですので、検索頻度の高いキーワードや現在の流行を反映しています。

「桜 気温 東京」の場合、関連キーワードでは、先ほどのサジェストキーワードと同様の過去の開花情報とともに、「東京 4月 気温 服装」と言う表示がありました。

ここから読み取れるのは、東京の桜の開花時期にどのような服装が良いかを知りたがっているユーザーが多いということです。

そして、ここから掘り下げると、お花見に着ていく服装に悩んでいる、または、単に開花時期に何を着れば良いのかに悩んでいると考えることができます。

リスティング広告は、検索結果ページに表示される広告のことですが、「桜 気温 東京」の場合、表示はありませんので、このケースでは、リスティング広告は参考にできないということになります。

しかし、キーワードによってはリスティング広告が複数表示されることもあり、この場合には、それらの具体的な説明などをコンテンツに含ませることで成果につなげていくことも可能となります。

まとめ

このように、質の高いコンテンツを作成するには、ユーザーの検索キーワードや、検索結果ページからユーザーが何を知りたがっているのかと言う検索意図を考えることが重要となります。

そして、それによって導き出された検索意図に沿って、ユーザーにとって有益となる情報をコンテンツに含めていき、コンテンツの価値を高めていくのです。

この時、大切なのは、検索キーワードや検索結果ページから検索意図をできる限り深く掘り下げて読み取るということです。

ユーザーが知りたがっていると考えられる情報よりもさらに深い情報をコンテンツに含めることで、ユーザーの満足度を高め、コンテンツの価値を高めることが重要となるのです。

まずは気軽に問合せ