単品リピート通販

単品リピート通販の決済にも使えるコンビニ決済の仕組みとは

今、多くの方からのネットショップビジネスが注目されてきています。

企業の更なる売上の向上を目的とすることはもちろん、個人事業としてもネットショップは比較的開始しやすいビジネスモデルでありますので、ネットショップを運営したいと思われる方も多くいらっしゃることでしょう。

ネットショップを開業させるには、準備段階で非常に多くのことを決めていかなければなりませんが、その中でも特に知っておきたい情報といえば「決済手段」に関することではないでしょうか。

あなた自身もインターネットで商品を購入する時は、さまざまな決済手段の中から選ぶかと思いますが、今どのような決済手段が求められ、好まれているのかご存知でしょうか。

ネットショップ業界では、「クレジットカード決済」が最も利用率が高いと言われていますが、次いで「コンビニ決済」も導入すべき決済手段であると言われています。

そこで今回は、コンビニ決済の仕組みについて、詳しくお話ししていきたいと思います。

ネットショップビジネスにご興味のある方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

コンビニ決済ニーズが高いユーザー層とは

あなたはどのユーザー層にコンビニ決済の需要があるのか、ということをご存知でしょうか。

昨今、さまざまな決済手段が出ている中ではありますが、コンビニ決済は根強く人気の決済手段になっています。

なぜならば、今日本国内にはコンビニが無い県は無く、非常に多くのコンビニエンスストアが展開されており、都会にお住まいの方であれば、少し道を歩くだけで何軒ものコンビニを目にすることでしょう。

一日に何度もコンビニへ足を運ぶ、という方も多いかもしれませんね。

このように誰しもの身近にコンビニがあるからこそ、コンビニ決済を好むユーザーが多いのです。

特にコンビニ決済の場合には、「クレジットカード未所持である未成年者・学生」「クレジットカード情報をインターネット上に入力することに抵抗を感じる方」「中小企業ビジネス用現金出納」「現金払いの実感を好む方」このような方からのニーズが高いと言えるでしょう。

コンビニ決済の基本的な流れ

コンビニ決済は、それぞれのお店によって決済手数料が異なってきます。

この手数料負担は、販売戦略において非常に重要なポイントではありますが、まずはコンビニ決済の仕組みを理解していきましょう。

コンビニ決済に関わってくる者は、購入者と販売者、代行決済企業、コンビニエンスストアの4つです。

購入者がインターネットで欲しい商品やサービスを購入し、コンビニ決済を選定すると、購入申し込みを受けた販売者は、決済代行企業に注文内容のデータを送信します。

その後決済代行企業は受付番号を販売者に通知し、その通知を受け取った販売者が受付番号を購入者に通知します。

受付番号を受け取った購入者はそれを元にコンビニにて代金を支払います。

そうすると、支払内容が決済代行企業へ通知されますので、決済代行企業は販売者へ入金の報告をします。

そして販売者は入金を確認した後、商品を発送したりサービスを提供します。

以上が基本的なコンビニ決済の流れになります。

初期費用と月学固定費の有無

コンビニ決済手数料は、1回の支払いごとに手数料の金額は定められています。

もちろん手数料率はそれぞれの決済代行企業によって異なりますが、重要なのは初期費用や月学固定費が有るのか、無いのか、ということです。

それぞれのネットショップによって、コンビニ決済を好むユーザーの割合や、取り扱う商材が異なりますが、もしコンビニ決済のユーザー層が多いことがわかるのであれば、固定費をかけてでもコンビニ決済を導入すべきであると言えるでしょう。

決済代行企業の中には、手数料が安いプランが提供されている場合も多くありますので、そのようなプランを選定することでリスクを減らすこともできます。

既存決済とコンビニ決済の入金タイミングを考慮する

コンビニ決済を導入するとなった場合、つい手数料のみで判断してしまいがちですが、実際のところ、決済代行企業は200円前後で提供されている場合がほとんどです。

ですので、コンビニ決済の入金タイミングも考慮しておきましょう。

既存決済とコンビニ決済の入金のタイミングがバラバラになってしまうと、入金消込作業が複雑になってしまう可能性がありますので、既存決済と同じタイミングで入金される決済代行企業を選ぶことをおすすめします。

特に少数でネットショップを運営する場合は、仕入れや販促、梱包や発送すべてを1人か2人でこなさなければなりませんので、できるだけ手間のかからない方法を選ぶべきなのです。

まとめ

以上、コンビニ決済の仕組みについてお話しさせていただきました。

クレジットカードや電子マネーの支払いが増加しつつある時代ではありますが、それでもコンビニ決済を選ぶ人は全体の3割以上とも言われており、増加傾向にあるのです。

コンビニ決済は、ネットショップでは導入を検討すべき決済手段と言えますので、ぜひこの仕組みを理解してくださいね。

まずは気軽に問合せ