単品リピート通販

単品リピート通販の商品クーリングオフについて

ネット通販でのクーリングオフについて

今の時代では、インターネットショッピングが非常に普及しており、欲しいと思ったものは24時間いつでもどこでもスマホやパソコンで購入することができるようになりました。

その商品は希望する場所に配送してくれ、非常に便利ですので、老若男女問わず頻繁にネットショッピングを楽しまれている方が多いことでしょう。

ですが、その気軽に商品を購入することができることから、あまり商品に注意することなく購入してしまったり、間違って別の商品を購入していまったり、実際届いてみると思っていた商品とは異なっていた、ということもありますよね。

そんなさまざまな理由から、「商品を返品したい、キャンセルしたい」と考えたことはありませんか?

エステや訪問販売などであれば、「クーリングオフ」の制度を利用して、契約した商品や購入した商品をキャンセルすることができますが、ネット通販で購入した商品にはこのクーリングオフ制度が適用されないことをご存知でしょうか。

そこで今回は、ネット通販でのクーリングオフについて、お話させていただきたいと思います。

クーリングオフとはどんなものなのか、なぜネット通販では適用されないのか、ということを詳しくお話させて頂きます。

ネット通販上で起こり得るトラブルを未然に防ぐため、購入者もしっかりとした知識を身に付けておきましょう。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

 

クーリングオフとは

クーリングオフとは、商品購入者に与えられた契約を解除する権利です。

この契約を解除する権利とは、一定の定められた契約にのみ適用されます。

たとえば、口のうまいセールスマンに早口でまくしたてられ、冷静な判断をできないままで気が付いたら契約をしてしまっていた、なんてことはよくある話ですおね。

このような訪問販売や勧誘商品には、不意打ち的な販売方法が主とされているので、消費者は契約が曖昧なまま、契約内容に十分な理解をせずに申し込みをしてしまう場合があるのです。

こういった購入者と販売者のあいだに、情報や交渉力に格差が発生してしまうので、平等のの知識を持ってから契約したとはいえない状況になるのです。

そこで消費者を守るために、民法よりも優先する特別法として、クーリングオフという権利が規定されたのです。

書飛車が申し込み、契約をしてから一定の期間内であれば、クーリングオフ制度を利用することができ、理由を問わず無条件に申込みを撤回したり、契約を解除することができるのです。

 

ネット通販商品はクーリングオフが利用できない理由

消費者はクーリングオフを利用する権利があるのですが、すべての購入品に対し、クーリングオフが適用されるというわけではありません。

クーリングオフが適用される商品や契約は、あくまで販売者が一方的に有利に立っている場合なのです。

たとえば訪問販売であれば、販売者が甘い言葉で商品の魅力を伝えたり、断れない状況を作って半強制的に契約を結ぼうとする場合があります。

そのような弱い立場の人を助ける制度が、クーリングオフなのです。

ですので、通信販売であれば自分から購入サイトへアクセスし、欲しい商品を悩みながら選び、購入することができますよね。

それは自分の意思で冷静に判断して、購入まで至ったと考えられるため、クーリングオフは適用されません。

通信販売の場合では、電話勧誘販売に該当する場合を除き、法律上のクーリングオフ制度はありませんので、販売者が自主的にクーリングオフや返品対応に応じる場合でなければ、クーリングオフは利用できないのです。

「気が変わった」「イメージと違った」という理由は、通信販売には適用されませんので、商品を手に取ってみることができないというリスクは、購入者の自己責任となってしまうことを理解しておきましょう。

 

ネット通販で購入した商品を返品するには

ネット通販で購入した商品については、クーリングオフ制度が適用されない、となりますが、実際に届いた商品を返品することができるのでしょうか。

もちろん、販売者による梱包ミスにより商品が破損してしまっていたり、注文した商品と別の商品が届いた場合であれば、返品することが可能です。

ネット通販サイトには、返品や交換の条件となる「返品特約」を明確に表記することが法宇率で義務付けられているのです。

ですので、ネット通販で商品を購入する際には、事前にそのサイトの返品特約を必ず読み、返品方法と返品可能期限を確認しておきましょう。

この返品特約に不備があった場合では、クーリングオフのように、商品が到着してから8日以内であれば返品が可能です。

もしこの返品特約で、「返品不可」と記載されているのであれば、返品をすることができないので注意しましょう。

ネット通販で商品を購入する際は、急いで購入ボタンを押すのではなく、何を購入しようとしているのか、金額はいくらなのか、ということと、商品が到着後はすぐに内容を確認する、不備が見つかった際には開封せずに返品手続きを進める、ということを心がけましょう。

 

まとめ

以上、ネット通販でのクーリングオフについてお話させていただきました。

ネット通販で商品を購入することは、とても便利でよく利用するものかと思いますが、思わぬトラブルが潜んでいる、ということをお忘れなく、便利なネットショッピングを楽しんで下さいね。

まずは気軽に問合せ