サブスクリプション

コロナ禍で分かったサブスクの可能性とは?

新型コロナウイルスの流行によって、現在あらゆるビジネスが苦境に立たされています。

しかしそのような状況の中で、サブスクリプションビジネスにおいてはその多くが売り上げを伸ばしているのです。

これにはサブスクビジネスがデジタルと親和性が高いことなど様々な理由がありますが、最も大きな理由は、サブスクビジネスが時代に合致したビジネスであるということといえます。

サブスクビジネスは現代に必要とされているビジネスであり、今後もその勢いは衰えることはないと考えられているのです。

そこで今回の記事では、今後のサブスクビジネスの可能性について説明したいと思います

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

コロナ禍がサブスクに与える影響

サブスクとは基本的には、従来の売り切り型ビジネスのように商品やサービスそのものに対価を払うのではなく、商品やサービスを利用することに対し対価を払うというビジネスモデルです。

このサブスクは、ソフトウェアや動画、音楽などのデジタル配信サービスから普及し初めたサービスですが、現在では幅広いジャンルに普及しており、様々なサービスが提供されています。

このサブスクというビジネスによって、これまでは購入し所有することが当然であったモノが、必要な時に利用するモノへと変化したのです。

前述のように、サブスクビジネスは低迷する他のビジネスとは異なり、コロナ禍においてもおおむね好調を維持しています。

外出自粛やテレワークの推奨などによりECの利用者が急速に増加し、サブスクのニーズが大幅に高まっているのです。

特に利用者が増えているのが動画、音楽などの配信サービスですが、他にもお菓子などの食品、飲み物、家具、インテリアなど自宅で過ごすことが増えたことで、自宅で過ごす時間を充実させるサービスの人気も急速に高まっています。

このサブスク躍進の状況は、コロナ終息後も続いていくとみられています。

そもそもサブスクサービスは、コロナのはるか以前から注目され普及していたビジネスです。

消費者の意識は、コロナ以前から大きく変化しており、従来型のビジネスでは通用しなくなってきていたのです。

その消費者の意識はこのコロナ禍をきっかけとしてさらに大きく変化し、より一段とサブスクが求められるようになったのです。

コロナ禍でサブスクが求められる理由

現代にサブスクサービスがこれほど強く求められるようになったのは、先ほども述べたように、消費者の意識が大きく変化したことが背景にあります。

例えば、サブスクサービスで支持を集める動画配信サービスを例にとると、このサービスは消費者が決められた時間で放送される地上波での放送よりも、自身の好きなコンテンツを好きな時間に見たいと思うようになったために支持されるようになったものです。

現代は地上波の放送、いわゆるテレビという一大メディアが廃れつつあります。

特にデジタルネイティブと呼ばれる若い世代では、他の世代よりも急速にテレビ離れが進んでいるのです。

この世代はデジタルに精通しており、日常的にテレビを見ることはほとんどないといわれています。

彼らが利用するのはインターネットであり、ニュースなどの情報もインターネットから収集するのが一般的なのです。

そのため、テレビを見る視聴者は年々減り続け、視聴率の低下に放送局全体が頭を痛めているのです。

そして、視聴者が大幅に減ったことにより、テレビのコンテンツの質も低下しています。

それにより、さらに視聴者がテレビから離れていっているのです。

現代は、一律で同じ時間に同じ番組を見るような時代ではなくなってきています。

テレビというのは公共性のあるものです。

視聴者の大多数が好む放送をするのがテレビというメディアであり、一部の視聴者の好みに合わせることはできないのです。

しかし現代の消費者の好みは多様化して来ています。

消費者それぞれに好みがあり、それを主張するようになっているのです。

そして、テレビではその消費者それぞれの好みに対応しきれないのです。

そこでテレビに代わり求められるようになったのが、いつでも好きな時に自身の好みのコンテンツを選択し視聴することができるサービスであり、それが動画配信サービスなのです。

現時点でもテレビ離れは進み続けており、今後さらにテレビを見る視聴者は減っていくと予想されています。

そして、それに伴い動画配信サービスの支持はさらに高まり広く普及していくと考えられているのです。

これは、音楽や書籍など他の配信サービスや食品などのモノのサブスクサービスにおいても同様と考えられます。

これからの時代は、消費者の多様化するニーズに対応することができるサービスが必要であり、それがサブスクサービスなのです。

まとめ

現代の消費者のニーズは多様化しており、それぞれが自身に最も適したサービスを求めるようになってきています。

従来のビジネスでは、この消費者のニーズに対応することはできません。

必要なのは多様化するニーズに対応できるサービスであり、それがサブスクサービスなのです。

このサブスクへの流れはコロナ以前より続いているものですが、このコロナ禍によってより一層顕著となっているのです。

まずは気軽に問合せ