単品リピート通販

コスメ・アパレル系のサブスクリプションを成功させる鍵

今、多くの企業に注目を集めているビジネスモデルと言えば、「サブスクリプション」を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

日本でのサブスクリプションといえば、音楽配信サービスや動画配信サービスが人気を集め、その名を広げましたよね。

若者のあいだでも「サブスクリプション」という名前を知っていなくでも、知らず知らずのうちにサブスクリプションを利用しているという方も多いようなのです。

ですので、サブスクリプションと言えばデジタルサービスが最も向いているようにも思えますが、今ではアパレルや飲食店などの、非デジタル業界でもサブスクリプションの浸透は広がって来ています。

その中でもコスメ・アパレル系のサブスクリプションは、今非常に注目を集めているビジネスであり、参入企業が後を絶ちません。

ですがやはり、非デジタルであるからこそ、撤退してしまう企業が多いことも現状ですよね。

そこで今回は、コスメ・アパレル系のサブスクリプションを成功させる鍵をお教えしたいと思います。

今後コスメ・アパレル系のサブスクリプションビジネスの展開を考えられている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

日本のコスメ販売文化を知る

まずコスメサブスクリプションを展開する際に重要になってくることが、「日本のコスメ販売文化を知る」ということにあります。

アメリカではさまざまなコスメ・ファッションサブスクリプションが次々と成功を収めているのですが、日本ではまだまだ成長に伸び悩んでいることがあります。

なぜ日本では成功しにくいことがあるのか、それは日本の文化が関わってくるのです。

日本では、プレゼントキャンペーンや口コミを展開し、無料サンプルを配布することが多いですよね。

そして、C2Cでの言われる美容品の売買活発になっており、フリマアプリなどでは中古化粧品も活発に売買されていますよね。

そして、インターネットで商品を購入した場合には、最短では当日手元に到着するような、優れた物流網が広がっています。

こういった日本文化が背景にあるからこそ、消費者心理が一般的な商品であれば、コスメサブスクリプションを求めていない、ということになるのです。

品揃えの豊富にする

コスメ・アパレル系のサブスクリプションを成功させるには、「品揃え」ということが大切なキーワードになります。

ユーザーが商品を選ぶサービスであれば、魅力的な商品がどれだけ揃っているか、ということが非常に重要になります。

こういったユーザーが選ぶタイプのサブスクリプションであれば、ユーザーのニーズを充たすほどの品揃えが必要で、数はもちろん好きなブランドや種類が在庫に揃えなければ、サービスは利用されませんよね。

ですので、競合他社との差別化を図るためにも、オリジナルコンテンツの用意するといった工夫を凝らす必要があるでしょう。

リコメンドを意識する

サブスクリプション提供サービス側が、商品のデータを読み取り、ユーザーに提案するタイプがリコメンドと言います。

こだわりがないユーザーに対し、より良い商品を提案し、紹介するというもので、アパレル系のサブスクリプションであれば、自分でコーディネイトをすると、どうしても同じようなアイテムを選び、変わり映えができないが、そうとは言っても違うジャンルのファッションはコーディネイトの仕方が分からない、というユーザーの希望を叶えるサブスクリプションです。

このようなファッションリーダーほどでないが、ファッションに興味があるというユーザーに対してのサブスクリプションの発信は非常に有効であると言えるでしょう。

インスタ映えと金欠

今、InstagramなどのSNSを用いて自分を発信する時代になってきています。

積極的にSNSを活用して、情報を発信する方の多くは、毎日数回更新することもありますよね。

そうなると、毎日違うファッションを楽しみたいと思うことでしょう。

ですが、今の日本時代は、ひと昔前と比べてみると、若者の「低所得」が見られます。

金欠状態にあるが、商品を利用したいというニーズを叶え、毎日違うコーディネイトを揃えることができるのが、サブスクリプションサービスなのです。

とあるサービスを利用すれば、高級バッグをレンタルすることができますし、毎日違うジャンルの服を楽しむこともできるのです。

今の若者の思考にある「シェアできるものはシェアをする」という観点を中心に、ハイブランドのものや多くのものを所有することが「かっこいい」のではなく、欲しいものをスマートに利用すること、そして、サブスクリプションを利用すること自体が「エコでかっこいい」という考えが持たれています。

そういった時代背景をしっかり理解してサービス展開をすることが重要です。

まとめ

以上、コスメ・アパレル系のサブスクリプションを成功させる鍵についてお話しさせていただきました。

今の日本では、アパレル系のサブスクリプションはまだまだ浸透できていないこともあり、展開させることが非常に難しいと考えてしまいがちですが、今回ご紹介した「鍵」をしっかり理解して、有効的な考えに変えてみてください。

そうすることで、ユーザーのニーズにしっかりと答える、コスメ・アパレル系のサブスクリプションを展開することができますよ。

まずは気軽に問合せ