D2C

D2Cビジネスの特性と、コスト削減以上のメリットとは

近年「D2C」という新しいビジネスモデルが増えてきています。

D2Cとは、Direct to Consumerの頭文字を取った略称であり、消費者に対して直接商品を販売する仕組みのことを言います。

自社内で企画、製造した商品を独自ECチャネルを用いて消費者に販売しますので、仲介業者を介す必要がありません。

そうなるとその分のコストを大幅に削減できることができますので、かなり大きなメリットになるでしょう。

最近では特にアパレル業界や美容業界と相性が良く、D2Cビジネスを展開している企業が多くなっていますので、自社もD2Cの導入を、と検討されている方も多いのではないでしょうか。

「D2C」という言葉自体はここ数年で注目を集めだした言葉ですが、だからと言って新しいビジネスモデルであるというわけではありません。

「直販型ビジネス」があったものの、直販型についてはデジタルでデータやサービスを提供する企業であったものの、D2Cは実体のあるアパレル商品を取り扱うことが基本です。

さらに「自分たちで作ったものを自分たちで売る」といった形態をとっていることも、新規性の高さにより注目を集めているのでしょう。

そこで今回は、D2Cビジネスの特性と、コスト削減以上のメリットについて、詳しくお話していきたいと思います。

今後D2Cビジネスの展開を検討されている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

D2Cビジネスの特性

D2Cビジネスは特にアパレル業界と美容業界と特に相性が良いと言われています。

その理由の一つとして、アパレル業界においては従来から一部、もしくはすべての工程を外部に委託するビジネスモデルである、「ODM」「OEM」が浸透している経緯があります。

だからこそD2Cビジネスモデルがより一層革新的なものとして魅力的に映っているのでしょう。

ですが最近のアパレル業界では、ユニクロやGAPなどのようにあ自社内で企画、製造し、自社が運営する実店舗でその商品を販売する「SPA」も存在していますよね。

ですがこの「ODM・OEM」と「SPA」にはないD2Cビジネスモデルの特徴は、もちろんあるのです。

まず一つ目が、「ECをメインの販売チャネルとしている」ということでしょう。

他のビジネスモデルにもECサイトを持っている場合があるのですが、これは顧客とのコミュニケーションを取るための展示場としていることが基本であり、販売は行っていません。

そして二つ目が「商品数をごくわずかに絞っている」ということです。

在庫リスクを出来る限り抑え、ブランドのメインとなる商品を設定することで、強いブランド力を構築することができるでしょう。

あえて少数精鋭の商品のみで勝負するビジネスモデルは、D2Cの特性ですね。

そして三つ目が「SNSを重視している」ということです。

基本的にD2Cビジネスでは、顧客との対話の場をSNSとしており、これにかなり重視しています。

新商品発売時やキャンペーン情報などの、企業発信の情報を一方的に発信するのではなく、寄せられたコメントをすべて確認し、必要であると考えられる顧客の声はスピーディに商品やサービスの改善、マーケティング施策に反映させています。

企業ファンからのコメントに関しては、新しい情報のヒントになり得る可能性も非常に高いので、見逃せないポイントでしょう。

D2Cが企業を強くする「コスト削減以上」のメリット

多くの企業は、D2Cの最大のメリットとして「コスト削減」が絶対的に挙げられますよね。

もちろん、従来まで仲介業者に支払っていた手数料や、実店舗運営の固定費などを削減できることはかなり大きなメリットであり、その分商品やマーケティング施策を改善することができるでしょう。

ですがD2Cビジネスにはそれ以上に、企業を強くするメリットがあるのです。

それは「効果的なブランディング」と「顧客データの収集とスピーディな活用」です。

効果的なブランディングに関しては、D2Cビジネスであるからこそ、企業は顧客にじっくりしっかりブランドのビジョンを伝えることができますよね。

顧客は買い物をしている段階において、自然とそのブランドのストーリーに入り込んでいきますので、結果的にそのブランドビジョンに共感してもらうことができるコアなファンが多くなるでしょう。

そして顧客データの収集とスピーディな活用に関しては、自社ECサイトを通じて収集した顧客データは、顧客それぞれの滞在時間や離脱率など、詳細なデータであり、それらを直接収集することができますので、それらをスピーディにマーケティング施策に反映させることができるでしょう。

これらはコスト削減と同様、D2Cビジネスの成功に直結する要素となるのです。

まとめ

以上、D2Cビジネスの特性と、コスト削減以上のメリットについてお話させていただきました。

D2Cビジネスは非常に大きなメリットが多くあり、さらにECやSNSを活用するという点で手軽に行えるようなイメージがあるものの、商品の質やブランディングに関してはかなりストイックでハードルが高いビジネスモデルです。

ですが、今回お話した特性とメリットから見ても分かる通り、かなり魅力的なビジネスで、今後はさらにその市場が拡大することが予想されています。

D2Cビジネスの展開を検討されている方は、ぜひこの機会にこの魅力的なビジネスモデルのことを理解するためにも、この情報を役に立ててくださいね。

まずは気軽に問合せ