単品リピート通販

通販の売上が伸びない時にやることとは?

通信販売の売り上げが伸びないのは?現状を理解し、改善することが大切!

百貨店など小売店の業績が悪化している一方で、通信販売事業の業績は比較的良好なようです。しかし、通信販売事業を始められた方の中には、思っていたほど売り上げが伸びずに困っていると言う方も多く見られます。

売り上げが伸びないのには、それぞれに異なる問題点があると考えられますが、その問題点を整理し、改善していかなくては、ビジネスとして立ち行かなくなってしまいます。しかし、何が問題なのか?

どのように改善していったら良いのか?わからない方も多いようです。

そこで今回の記事では、通販事業の業績が伸びない理由、改善方法について説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

売り上げが伸びない原因を分析し、把握する

通販事業を立ち上げる前には、売り上げ目標を立てしっかりとした準備を行っているとは思います。しかし、すべてが事前のシュミレーション通りに行くことはなかなかありません。

自身の理想と現実には大きな差があることが多いですし、ビジネスでは想定外のことが起こるの当たり前なのですから、現状をしっかりと分析し、把握することが大切です。

現状から目をそらさずに受け入れなければ、ビジネスを立て直し、改善していくことはできません。

販売している商品を詳細に把握しているか?

まず、売り上げを伸ばすためにはお客様に商品を理解し、購入に繋げなくてはなりません。そして、お客様に商品を理解していただくためには、自身も商品を理解し、把握することが必要です。

販売する商品が自社で開発したオリジナル商品であっても、様々な商品あふれている時代ですから、類似した商品は数多く存在します。

さらに、通販商品は一般の商品のように実際に手に取ることができませんので、広告にのっている商品の説明のみで、お客様は購入を決断しなくてはならないのです。

そして、お客様は商品に対し少しでも疑問な点がある場合、購入を決断することはありません。そこで大切になるのが、自社の商品を細かい点まで詳細に理解することです。

これは、商品を開発する前からしっかりと意識する必要があります。自身で細かく分析し、把握することで、お客様のどのような疑問にも、明確に答えられるように準備しておくことが重要です。

類似品と比較したときに、商品に際立った特徴はあるか?

上記でも述べたように、自社で開発したオリジナル商品であっても、類似した商品は多く存在します。

お客様に選ばれるためには、そういった類似商品と比べたときに、際立つ特徴が必要になります。

それは、商品に使用されている成分、オリジナリティ、価格などどんなものでも構いませんが、類似商品にここは負けないという圧倒的な優位性がなければ、お客様に選ばれることは難しいです。

そのため商品の開発前から、類似商品の調査、分析を行い、自社の商品開発に活かすことも重要なポイントになります。そして、そのように開発された商品のオリジナリティを広告にしっかりと反映することで、売り上げにも反映していくことが期待できます。

売り上げの向上には、詳細なターゲット設定が重要!

自社で商品を開発し販売することになった際には、どのようなターゲット設定をするのかも重要になります。

特に類似商品が数多く存在する商品を販売する際には、詳細なターゲット設定を行わなければ、売り上げを伸ばすことはできません。

例として、どのような年齢層をターゲットとするのかと言うことで考えてみますと、一口に30代と言っても30歳なのか39歳なのかでは全く異なりますし、家族や子供の有無、どういった仕事に就いているかなどでも状況は変わってきます。

化粧品を販売する場合であれば、悩みが肌の乾燥と言っても、肌のどの部分がどのように乾燥するのか、その肌の乾燥は何が原因で起こっているのか、など個々によって問題が大きく異なります。

さらには、その悩みを解決するために、どの程度の予算をかけることができるのかなどの問題もあります。

このように、同じ年代であっても置かれている状況はそれぞれに大きく異なりますので、商品のターゲットとなる対象者を欲張らずにできるだけ狭く設定することが必要になります。

お客様の悩みにピンポイントでヒットするようなターゲット設定にすることで、商品の購入につながる可能性が高くなってきます。

また、限られたターゲット設定にすることで、どのような悩みを持つ方が購入するのかが分かりやすくなりますので、そのお客様に対し、どのような広告内容にすれば購入に繋げることができるかが想定しやすくなってきます。

まとめ

以上のように、通信販売の売り上げが伸びない場合、上記のように、商品を深く理解しているか?

商品に特徴はあるか?

詳細なターゲット設定を行っているか?など色々な原因が考えられます。

そして、その原因をしっかりと分析し、改善していくことが大切です。

このような原因を分析することで、広告内容もお客様に伝わりやすい物にすることができますので、購入に繋がる可能性も高くなると考えられます。

まずは気軽に問合せ